うたわれるもの 二人の白皇

Updated
 
3.0 (1)
994   2   1
うたわれるもの 二人の白皇

製品情報

ジャンル
AVG+S・RPG
発売日
2016年9月21日
対象年齢
CERO:C 15才以上対象
価格等
ディスク:7,344円 (税込)
ダウンロード:6,480円 (税込)

ユーザーレビュー

1 reviews

評価 (数字が大きいほどよい評価となります)
コンプ難易度
トロフィー獲得に要する難易度
レビュー
コメント
You will be able to upload media right after you submit your review.
夢幻リアルラック狂乱の悪夢
前作の続きがどうしても気になって相性最悪のアクアプラス作品の代表作たる
本作をプレイしました。なお周回縛りなので1周回で終わらせていますが・・・
無理ゲー寸前の行為に違いはありません。夢幻に26時間ほど割いています。
夢幻は途中からキチガイレベルの難易度に様変わりします。しかも
蒐集ここに極まれり獲得における部分がリアルラックですので(再挑戦でリセットされます)
そこが厳しいかもしれません。

・勝手知ったる友の技
BPを振り分け過ぎると恐ろしく難易度が高くなり最悪無理ゲーになるトロフィーです。
筆者はやってしまいました系なので、無駄に時間を費やしました。
こんなトロフィー要らないってくらいの嫌がらせです。他のレビュワーさんの方を参照。

・いつも一緒なのです!
モスモスも含まれます。累計なのでウルサラやネコネでマラソンして取りました。
なるべく早く済むステージを回想していれば問題なしかと。

・試練への挑戦
1つクリアすればOKです。全部やる必要はありません。

・必殺百景
特に忘れがちなのがヤクトワルトの反撃必殺は見落としやすく、
またルルティエの笛なしバージョンとかもあるので注意が必要。

とにかく夢幻が嫌らしいので限りなく4に近い★3.9相当とさせて頂きます。
アニメ化は構わないけど、次作とかだけはマジ勘弁というのが正直な所です。
うたわれるもの
(Updated: 2018年 12月 15日)
コンプ難易度 
 
3.0
前作『偽りの仮面』のレビューでも書きましたが、
うたわれシリーズの1ファンとして、この完結編は本当に待ち望んでおりました。

『偽りの仮面』から経験値UPと装備品を引き継いでのプレイです。
1周目で64時間、2周目で81時間、プラチナコンプで109時間経っていました(;^_^A
というのも、好きなシーンを何度も繰り返していたのが大きな要因かとw
ちなみに、2周目は必須ではありません。

-----------------------------
◆始めるもの~解放するもの、二人の白皇
  ⇒ストーリー本編で取得できます。

◆凍えるもの~訪れるもの
  ⇒夢幻演武のエクストラステージで取得できます。

◆達人の技
  ⇒ステージ3ぐらいで取得できた気がします。

◆や、やりすぎちゃったかな…?
  ⇒自分の場合は、夢幻演武をクリアしてから、本編の最終ステージで取得しました。
   後半戦から使える様になる『士気向上 極』と、
   『会心・弐、自然融合』を装備させたウルゥル・サラァナで、
   モスモスに対して協撃必殺を当てました。(5500~6000ぐらい)

◆いつも一緒なのです!
  ⇒ストーリー2周してから夢幻演武を開始して、数ステージ目で取れました。

◆勝手知ったる友の技
  ⇒キャラが育つ前に終わらせとかないと、かなりメンドい事になるトロフィーです。

◆夢の果て
  ⇒夢幻演舞は本編とは比べ物にならないぐらい敵が強化されてますので、
   何度も繰り返してレベリングするか、
   本編をもう1周してステージクリア初回ボーナスを利用してレベリングするかの2択だと思います。
   私は後者を選びました。(そのおかげでクリア自体はスムーズに行きました)

◆協必百景
  ⇒一度でも使用した協撃必殺は戦闘指南で確認する事ができます。
   (未使用だとシルエットですが、使用するとキャラが表示されます)

◆蒐集ここに極まれり
  ⇒今作で一番時間がかかるトロフィー。
   ストーリー本編の『戦闘回想』、夢幻演武の『戦闘回想・夢幻』にて、
   戦利品の???を全て入手する必要があります。(ムネチカの試練は対象外)
   こればっかりは運なので根気強くやるしかないです・・・。

◆万葉の呟き
  ⇒1周目のステージ18ぐらいで取得しました。
-----------------------------

1周目をクリアしてからは暫く燃え尽き症候群になっていたので、プラチナ取得が今頃に_(:3」∠)_
でもやっぱり、好きな作品のプラチナを取るのはホント楽しいです!

うたわれのストーリーはこれで終わりですが、
スタッフさんの話によると"うたわれシリーズ"としてはまだ続くみたいなので、
これからも1ファンとして期待したいと思います( ^^)

レビュー

コンプ時間
109:09:45
うたわれ完結作品
(Updated: 2016年 9月 28日)
前作となる偽りの仮面から経験値アイテム+各種装備品引継ぎでのレビューです。
回数系のトロフィーは特に稼ぐ必要もなく、隠しである夢幻演武クリアまでに大体取れる物が多いです。
以下気になったトロフィーの解説をしていきます。

【や、やりすぎちゃったかな…?】
1度で5000ダメージ以上を与えると取得。簡単に取れるであろうポイントはステージ26。
後半戦になると周囲の味方ステータスが2倍になるスキルが解禁されるためターン稼いで挟撃必殺を狙えば良いと思います。
どうしても無理という場合は隠しである夢幻演武をクリアしてから挑めばステージ序盤の雑魚でも5000ダメージを与えられるのを確認済み。
筆者が取得したのはネコネ+オシュトル(抜刀)での挟撃必殺でした。

【勝手知ったる友の技】
紅白試合で20回勝利というなんとも面倒なトロフィー。
クリア後にまとめてやるというのも1つの手ですが、ちまちまステージごとに1戦していった方が精神衛生上よろしいかと。
現在の装備品や必殺技解禁状況がすべて反映されるので自動編成によっては勝てない場合もありますし...。

【夢の果て】
オシュトルは気力貯め→MAXになったら抜刀に切り替え→必殺、アンジュで轟天打破を乱発する、ミカズチ&オウギに明鏡止水弐をつけて必殺をすれば大体のボスは簡単に沈んでいきます。
勝てないと思ったら素直にBPを稼ぎに行きましょう。おすすめは序盤ならステージ9でシスを倒し即終了、レベルが50越えているならオシュトルに抵抗をつけてステージ17で反撃→攻撃で即終了が良い感じです。筆者のBPは攻撃MAX→素早さと体力の順で振っていました。
夢幻のステージ15は戦利品のため周回する可能性が高いので少し解説させていただきます。
極論を言えば必要なのはノスリ、クオン、高火力が出せるメンバーです。
ノスリに万死一生、気絶抵抗、跳躍+1を付け単独で右上へ→わざとくらい右初期の位置に戻ってくると右上ボスがうろうろするだけになるのでハメて倒す。
クオンに気絶抵抗、跳躍+1を付け単独で左へ→四神変転で夜啼鳥弐段の水に変更→あとは棒立ちで天地反照と共鳴で勝手に自滅してくれます。
他のメンバーは初期位置で待機し右下のボスが3マス越えてきたら全員で即殺、左上のボスはクオンの翡翠3段目で火にして反射するか全員で攻撃すればすぐに終わります。

【協必百景】
戦闘指南に載っている挟撃必殺の画像が全て色付きになれば取得。
仁信はオシュトルが抜刀状態+ネコネは矮星に挟撃をセット、信華は回復なのでクオンは夜啼鳥にセットしなければいけないのが少しわかりづらかったです。

【蒐集ここに極まれり】
戦闘回想から見れる戦利品一覧をすべて埋める(???をなくす)ことで取得。
ストーリー上での戦利品は基本敵の殲滅をしていれば全て取得できると思います(勝利条件がボスの討伐となっていても雑魚や式神をすべて倒してからボスを倒す)。
夢幻演武での戦利品は特殊条件はありません、しかし60%や30%の確率という運に左右させられるので人によっては何回も同じステージをプレイすることになるかと。
ムネチカの試練は戦利品をとれる試練だけクリアすれば良いみたいですが筆者はすべてクリアしてしまったため確認できておりません。

TtT2もそうでしたが同社作品の隠しは相変わらず詰将棋のようなきつさです。難易度を難しいにしなければ特にレベル上げをしなくても良いのが今回の利点ですね。BP稼ぎはしなければなりませんが。
戦利品や無限演武がある程度きついので☆は3をつけさせていただきます。ある程度攻略も出揃ってきているのでガン見なら2くらいになるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。