ウォッチドッグス

人気
Updated
 
2.8 (10)
4092   1   0
ウォッチドッグス

製品情報

ジャンル
アクション
発売日
2014年6月26日
対象年齢
CERO:Z 18才以上のみ対象
価格等
ディスク:8,400円 (税抜)
ダウンロード:7,500円 (税抜)

ユーザーレビュー

10 reviews

5 stars
 
(0)
4 stars
 
(0)
3 stars
 
(0)
2 stars
 
(0)
1 star
 
(0)
コンプ難易度 
 
2.8  (10)
評価 (数字が大きいほどよい評価となります)
コンプ難易度
トロフィー獲得に要する難易度
レビュー
コメント
レビューを投稿後、画像をアップロードすることができます。
ハッピーエンドにゃほど遠い
皆さんが指摘しているトロフィー名「社会の潤滑剤」(ドリンクゲームというミニゲームをコンプリートする)以外に技術的に難しいトロフィーはありません。

トロフィー「追跡」がなかなか取得できませんでしたが、協力相手が最初からいるなら50時間程度でいけるかと思います。

長所
・難易度関連のトロフィーが無いため、アクションが苦手な人でもイージーでやれば大丈夫。プレイ中に変えられます。
・時限トロフィーは無し。メインミッションクリア後、自由行動ができますので好きな進め方で大丈夫です。
・ロード等は短めで軽めの作品ですが、オンラインセッションが始まった直後は少しだけカクつくことがありました。
・オントロはフレンドが一人いれば全て取れます。2~3時間ほどでお互いに揃えられるでしょう。

短所
・作業量多め。メインミッションはボリューム不足気味。
・フレンド無しだとオントロは少し厄介。
・乗り物を運転する時間が長いため、そういうのが嫌いな人にはストレスかも。

トロフィーの取り方自体は既に既出なので「早く、ストレスを抑える進め方」をお話します。

個人的には「ジャミング」をたくさん使いました。警察に追われると面倒なので。しかしこの「ジャミング」をつくるにはシステムキー(ハッキングでしか手に入らない)が必要になるので、自作で大量に手に入れるのは割とかったるいです。メインミッションAct2の前半でトビアスの店を解放すれば直接買えるようになりますので、ここまでメインミッションを優先気味に進行が良いかもしれません。

サイドクエスト、コレクティブル、調査系はメインミッションと並行でちょこちょこ進めましょう。一気にやるのは作業感がかなり重いです。また、フィクサー契約では制限時間内に車を届けるために市民を轢き殺してしまい、評判が落ちることが多いです。評判が低いと通報されやすくなるため色々と不便になります。評判がMAXになったらフィクサー契約を少しこなす、という進め方がオススメです。

経験値はあり余るので、稼ごうと思う必要はありません。犯罪者を捕まえて稼ぐくらいならトロフィーにつながることをして稼ぎましょう。

◆オンライントロフィー「追跡」について
累計3日ほど放置していましたが取得できませんでした。協力相手を見つけて取得したのですが、トロフィーwikiには「オンライン尾行による侵入を受ければ勝敗問わずカウント」と書かれているものの、お相手は5回連続で失敗(スキャン→殺す)しても取得できず、6回目は尾行成功にしたら取得できました。私自身が取得した時も最後は尾行成功で終わっていました。もしかしたらラスト1回は尾行成功じゃないと取得できないのかもしれません(もしくは尾行1回分程度タイムラグが発生する?)
自己欺瞞の主人公
ハイテク機器を駆使しまくった現代版アサクリ・・・ってのはちょっと違う

とりあえず発売日に購入して
オンラインをちょこちょこプレイしつつストーリーをすすめていきました
ストーリークリア&オンライントロフィーコンプしてから
他の残りのトロファーをとっていきました。
基本的にとるのが難しいトロフィーは酒のみミニゲーム1つだけなのですが
パッチによって簡単になってしまいましたので
難しいトロフィーはありません。
オンライン系のトロフィーはオンの人がどんどん減っていくので
これから取得は難しくなっていくかもしれませんが・・・

以下ストーリークリア後まで残っていたトロフィー

『社会の潤滑剤』
酒飲みミニゲームを全部(3人各10レベル)攻略
とにかく難易度が高い、3人目のレベル6で一回攻略投げてたのですが
パッチによってかなり簡単になりました。
ただ30回もこのゲームするのはしんどいです。
ストーリー攻略中の合間にちょいちょい立ち寄って進めておいたほうがいいです。

『フリーラジカル』
警察の手配レベルを5にして追跡からにげるのですが
普通にプレイしているとレベル5まで上がることはありません。
また警察の追跡がしつこいため攻略動画をみてクリアしました。
レベル5まで上げてループ地区のCtOSの施設(メインミッション新しい世界できたとこ)に隠れていました。

『白ウサギのオブジェクト』『スキャン防止』
どっちも警察のスキャンから逃げるだけです。
ジャミングを用意しておけば困ることはないですが
白ウサギ~は15回逃走だけど意識してやらないと発生しないので最後まで取れてませんでした。
スキャン防止はレベル5スキャン逃走だけどそこまでレベルをあげることがないのでとっていませんでした。
こちらは船の近くで手配レベルをあげてから障害物のない海上で逃げ続ければすぐとれます。

『追跡』
オンライントロフィーは全体的に簡単ですがこれだけとりにくいです。
このトロフィーはオンラインで誰かから尾行を5回受けて取得なんですが、
誰もこないし来ても尾行じゃなくてハッキングなのでなかなか取れない。
とりあえず自分から尾行をかけると、相手に報復として逆に尾行されるので
若干尾行される確率があがるかもしれません。



メインミッション含め攻略情報が必要なものはほぼないのですが
社会の潤滑剤だけ異常な難易度でした。
もしパッチあたるまえだとこれのせいで
トロフィーコンプ難易度は4くらいあると思いますが
それもなくなったのでめんどいのを考えて星2くらいです
ただ、上述の通りオントロは人が減っていくためこれから先取得難易度が上がっていく可能性があります。


●ゲームについて
これのためにPS4を買ったといっても過言ではないのですが
個人的にはオンもオフも最後まで楽しく遊べました。
オンラインも一対一の鬼ごっことかくれんぼでなかなか楽しめます。
集団戦(レースや撃ち合い)はラグがひどすぎるのでいまいちですが、、、

・・・ただ、ストーリーがというか主人公がなんだかなあという感じです。
ラスボスとの対決シーンで言われっぱなしで反論できないし。

アサクリのときと同じように2でもっと面白くなってくれればと思います。
コンプの要はミニゲーに尽きる
道の終わり 

 車等で逃げたり、時間内に通過するものが大半ですがストーリーを進める内にスキル等を
 アップしていけばそんなに難しいものではありません 警察のCTOSハッキングはジャミング
 のアイテムで回避できますし、直角カーブを曲がるときはフォーカスを使えば楽勝で曲がれます

通信トラブル

 まず車をハイジャックしましょう すると結構な頻度で警察に通報してくれます。その人を走って追いかけ
 ○ボタンで完了

スキャン防止

 動画等もアップしているのでそれを見れば簡単です スキャンと追跡は別物です

社会の潤滑油

 プラチナをGETできるかどうかはこれをクリアできるかどうかにつきます 他のトロフィー
 が簡単にとれるのにこれだけ飛び抜けて厄介なのには悪意を感じます
 各レベル5クリアでも十分なんじゃないかとさえ思うほどです これをクリアするには
 まず根気です テクニックうんぬんとかではなく慣れろ!そして覚えろ!です
 必ず あっ、こういうことかと気づくはずです ループは基本レバーを倒し続けるのではなくて
 ちょんちょんとたたく感じ 的が逃げ出そうとするのを瞬時に察知して反対方向に阻止する
 ような感じでプレイすればいいでしょう もうひとつはボタンを間違わないようにとかではなくて
 その面でのフォーカスの動かし方の方が重要です がんばってください

追跡
 5回尾行されるというトロフィーですがひたすらオンライン尾行を続けていると、反対に尾行
 されやすく感じましたので参考に 運がらみですが侍道4の暴れてきたぜにくらべれば
 楽勝です
我々が、ウォッチドッグスとなるのだ
(Updated: 2014年 9月 28日)
サブミッションと収集物が非常に多く、キャンペーンの合間をみてやらないとかなりの作業になります。

「通信トラブル」
町中で発砲する、車を強奪するなどしてわざと通報されましょう。

「パワーサイクル」
シェルゲーム、スロットマシン、ドリンクゲーム、チェス、ポーカーの5種類。

「白ウサギのオブジェクト」
狙ってやらないと最後まで残ります。「通信トラブル」に記載したやり方でわざと通報されスキャンが始まったら、全力で逃げましょう。

「社会の潤滑剤」
たかが酒飲むだけのミニゲームですが最難関です。
ウォード地区は、円を動かしボタンを押すタイプです。これは比較的簡単でしょう
ループは、スティックを動かし円のなかにRだのLだの記された円を一定時間とどめておくタイプです。
これが非常に難しい。
そして、三カ所のうちもっとも難しいのがポウニーです。
ここは奇数レベルではボタンを押すタイプ、偶数レベルではスティック操作タイプと、他の地区の混合となっています。
ここのレベル6が頭一つ飛び抜けて難しく、私は突破に2時間かかりました。
コツはとにかくめげずに何度もやることです。
また、やるなら指が感覚を覚えている間に一気にやることをおすすめします。
パッチが入り、いままでのが嘘のように簡単になりました。なんだかねえ・・・・

「ハッキング」「おんぶ」
オントロです。尾行は簡単ですが、ハッキングは難しいです。
おすすめのハッキング方法は車にカバーして相手の死角に移動し続けることです。私はこのやり方でなんとかやりました。
また侵入される側が有利で、よく出待ちを仕掛けている輩がいます。
最近は、手練が増えてきてハッキングするのも難しいです。ちょっとマッチングしにくくなった気がします。

「スーパーハイウェイ」
オントロ。勝敗は関係なく単に完走したらいいだけです。

「追跡」
他人任せになります。すこしでも尾行されたいなら、自分も尾行に出かけていき、報復を狙うしかないかもしれないです。

全体的に作業が多い印象です。単調なゲームでもあるのでオープンワールド特有の作業耐性がない方は少々厳しいかもしれないです。パッチによって「社会の潤滑剤」が以前に比べとても簡単になったので★2とします。ゲームまでゆとりですかね。

DLC:Bad Blood
T-Boneが主人公の追加コンテンツ。トロフィー的には本編10ミッション終わらせた後、3回やったら飽きるサブミッションを延々やって終わりです。
「T-Bone:タッグチーム」
唯一のオントロたった10回ですのでささっと終わらせましょう

「T-Bone:消極的優生学」
傭兵ミッション15回クリアしたらラジコンカーに爆弾を詰めるようになります。
4人を一度に爆殺と結構厳しいのでわざと援軍を呼ばれ、やって来た4人乗りの援軍を車ごと爆殺しましょう。

だいたい7〜8時間でコンプ可能と思われます。とにかく本編と同じように単調です。
パッチでちゃったらしいじゃないですか!?
(Updated: 2014年 8月 24日)
本編を進めながら、メインミッション近辺の収集をやると作業感減るかな。

クリア後の単調なサブミッションなど結構だるかった。

自分は先にオンライン関連を終えた。じゃないと多分今後きつくなる。それを見越して難易度4にしておく。

終盤に残ったのが、警察関連とフィクサーと音楽とドリンクゲーム。

攻略が出そろっているが、フィクサー40件は、「逃走」とかより「傍受」と「おとり」がおすすめ。
ギャングハイドと車列襲撃の殺してはダメなルールとかにイライラした。そういうことこのゲーム荒い。

警察関連・・・ボートで灯台近辺の海から銃撃すれば、効率良い。多分、普通にプレイしててもスキャンから逃れた回数は1回ぐらいだと思う。

『ディスク容量不足』・・・本編クリア前から音楽をハッキングする癖が必要。ないと終盤きついかも、店で手に入るのだけなら店回るだけ。でもロードしたりと面倒くさい作業。

『ドリンクゲーム』・・・鬼門。ツィッターを見るとこれで挫折した人をちらほら。自分も合計6時間くらいかけて最後にやった。
気がつくとドリンクゲームハイに。
自分はポウニーレベル6がスラスラできたが、ループのレベル8でかなり苦しんだ。
とりあえず無音でやって、冷静に考えながらやると意外とできる。
スティック操作で両方とも?アイコンの灰色の時は、とりあえずどっちが右で左かを把握し、L3を左に誘導R3を右に誘導と落ち着いてやれば、いける。
個人的にとてもつまずいた右と左の位置が反対のやつ。
これの対処方としては、右と左の中央の位置は、どっちもが判定されるので、反対を意識せず、RとLを真ん中に持って行く意識でやるとぎりぎりいける。
ドリンクゲームは死にゲーに近い、考えながら対処すれば、クリアはできる。あとは慣れると結構行ける。ボタン押す奴は終盤だとむちゃくちゃで楽しかった。

全体的に微妙ゲーなので、なんとも言えない不満。

個人的にドリンクゲームのおかげで難易度3.5って感じだが、実際オンライン関連が発売当初よりも上がりそうなので、4にする。
オンラインは相手が放棄する可能性が非常に高いし、プレイヤー数が減って、ゲームが成立しない可能性が高い。
トロフィー欲しいなら先にやるべき。

2014年8月追記。

パッチが出て、オンラインはフレンドと協力すれば楽々?ドリンクゲームは難易度緩和らしいじゃないですか!!
難易度下げておきます。
多分5時間くらい短くプラチナできるのでは?
時間的には長くないが、何となく面倒くさい
(Updated: 2014年 7月 12日)
まず初めに、コンプ時間はちょっとうろ覚えなのであまり参考にならないかも。
まずトロフィーの種類ですが、大別すると、
・メインミッション系 - メインストーリークリアでコンプ
・サブミッション系 - フィクサー契約、ギャング・ハイドアウト、車列襲撃、プライバシー侵害 + ctOS侵入+ 犯罪探知
・コレクト系 - 各種調査(人身売買、武器取引、使い捨て携帯、QRコード、行方不明者) + シティスポット (+ctOSタワー全解除) + "ソングスニーク"
・ミニゲーム系 - ドリンクゲーム
・オンライン系 - トロフィー関連はオンラインハッキング、オンライン尾行、オンラインレースのみかな?
・警察関連系 - 白ウサギのオブジェクト、スキャン防止、フリーラジカル、ループ脱出
・その他 - 余程おとなしいプレイをしてない限り自然と取得できるもの、簡単に取得できるもの(激突、通信トラブル、ハードウェアのトラブル、魔法の煙、ブラック・ハットトリックetc)
トロフィーの中には、一見難しそうに見えるがメインストーリーを進めていく上で半ば自然と取れる(取らされるもの)があり、例えばブラック・ハットトリック(1つの粘着爆弾で3人以上殺害)や魔法の煙(1回のフォーカスで敵4人倒す)等はそれに該当します。

そして個人的に取得が難しい(または面倒)と感じたトロフィーが、
『道の終わり』(フィクサー契約40件クリア)
 単純にサブミッションは面白くない(特にフィクサー契約が)という理由から、ひたすら面倒でした。調査は個人的にはハッキングするだけで終わり、1つ1つに要される時間が短いので好きでした。
 犯人のテイクダウンを要求するのは本当に面倒、殺させてくれ。

『ディスク容量不足』(ソングスニークで全ての曲を解除する)
 全23曲だが、市民のハッキングのみでは私は全然集まりませんでした。
 最終的にハッキングしまくって所持金1Mは超えてるのでハッキングが少ないというわけではないと思いたいのですが…。
 市民のハッキングでしか手に入らない曲を全てゲットできてしまえば、後は店を回るだけでいいので、それさえ知っていればそこまで難しくはありません。が、やはり面倒。

『ジオロケーション』(全てのシティスポットにチェックインする)
 全100か所あります、単純に面倒

『白ウサギのオブジェクト』(警察スキャンを15回振り切る)、スキャン防止(警察スキャンレベル5を振り切る)
 通常プレイしていればあんまり警察のスキャンは逃げ切れるものではないため、意識しないとあまりとれないトロフィーだと思います。
 これら両方のオススメの取得方法は、まずマップ東端あたりで船をかっぱらい、船上から陸上の人を射撃→逃走を繰り返すことで、スキャン回数を稼ぎつつ手配レベルを上げられるのでオススメ。
 海上では邪魔なオブジェクトがないため、警察のスキャンを振り切るのが容易です。

『ハッキング』『おんぶ』『スーパーハイウェイ』(それぞれオンラインハッキング、オンライン尾行、オンラインレースを10回ずつ)
 これも意識しないと絶対に取れないタイプなので個人的には面倒でした。ただゲームとしては楽しいので良かったです。
 ただオンラインハッキングでインストール90%とかで止められたりすると凄い悔しい。
 個人的にオンラインレースは毎回完走できたので面倒でもありませんでしたが、まあオンライン系ということでまとめて。

『社会の潤滑剤』(3つあるドリンクゲーム全てでレベル10をクリア)
 私が最初にドリンクゲームをやったのが、メインストーリーでレイモンド・ケニーに会った時なのですが、その時から「あれ?これ難しくね?」とは思ってました。トロフィー一覧見てドリンクゲームしないといけないのは分かってたので、この時から既に嫌な予感はしてました。
 …難しすぎるんだよ!特にボウニーの!ボタンを押すタイプのは簡単でしたが、やはり他の方の言うようにスティックを操作する奴が一番難しいですね。
 あとドリンクゲームは他のゲームと違ってリトライするのが一番面倒くさい、そのくせ一番難しく、今回のトロフィーコンプの壁となりました。
 しかし正直このゲーム以外は特に難しくはなかったので☆2です。ドリンクゲームも何回かプレイすればいけるときはあっさりいけますしね!


以上です。久々にGTA系のゲームやりましたがやっぱり面白いですね。
ただ車(というか乗り物)の挙動が少し気に食いませんでした。スライドしすぎです…。
サブミッションの多さ
(Updated: 2014年 8月 31日)
トロフィー構成はメイン・サブ・オンラインのトロフィーがほとんどを占めています。
オンラインのトロフィーは日数が経つにつれて取得するのが厳しくなってくると思われます。
メインを一気に終わらせても取り逃し等は無いので安心して進めてください。
ゲーム難易度をイージーにしても、問題ないみたいなので拘りが無ければ最初にしておきましょう。

「サブミッション・収集」
数にして328つクリアor集める必要があります。
メインと並行してやるか、メインを一気に終わらせてやるか、どちらでも好きな方を選んでください。
ctOSタワーを解除すれば調査など色々なものがマップに追加されるのでこちらは優先して解除していきましょう。
車列襲撃18個目のミッションが出でいない人は、フィクサー契約を適当にクリアしていればいずれ出ると思います。
ソングスニークは市民ハッキングで入手できる3曲以外を最初のうちに取っておき、ミッション終了後の合間等にハッキングして残りの3曲を取ればあまり苦もなく集まると思います。

「パワーサイクル」
最初はこれがわからなかったのですが、5種類とはポーカー、ドリンクゲーム、シェルゲーム、スロットマシン、チェス、ARゲームの事です。

「白ウサギのオブジェクト」
ジャミングを使っていなかった人は最後にこれが残ると思います。
適当に街中で銃を乱射し、通報され手配度を1にして走り回る。 この繰り返しで案外短時間で終わります。

「ハッキング・おんぶ」
オンラインで相手フィクサーに対し、ハッキングと尾行を10回ずつすれば解除。
尾行は誰でもすんなり10回成功できると思いますが、ハッキングは場所を選ばないと難しいです。
例えば駅のホーム上、シャッター内、屋根の上が案外バレにくいです。
敵フィクサーをハッキングしたら、すぐにバックドアをインストールせず、まずはいい場所を見つけてからインストールしましょう。

「社会の潤滑剤」
ミニゲームの中では最悪の難易度です。
初めのうちはコマンドボタンであっさりクリアできると思いますが、スティック操作になった途端に難易度が上がります。
個人的に一番辛かったのがRとLの逆配置です。 反転は詰まることなくクリアできましたが、逆配置だけは焦ってしまい時間切れになることが数回ありました。
ボウニーのドリンクゲームはレベル10よりもレベル6の方にかなり苦戦しました。
それでも最初から初めてドリンクゲームクリアまでに3~4時間くらいでクリアできたので、そこまで身構える必要はありません。

※アップデートによりドリンクゲームの難易度が緩和されたようです。 パッチのおかげでほぼ詰むようなトロフィーは無くなったので難易度を☆2にします。
【社会の潤滑剤】が最大の問題
(Updated: 2014年 7月 08日)
・各サイドミッション、調査トロフィー
フィクサー契約などのサイドミッションや各種調査のトロフィーはマップのアイコンを潰していくだけで取れますが
こなさなければいけない数が微妙に多いのでかなりの作業感があります。
調査はストーリーの進行によってできるようになったりしますので一度ストーリーをクリアーしてから一気に片付けるというのもいいと思います。

・【クリアシグナル】
このトロフィーの為というより移動の面倒を少でも減らす為ctOSタワーの解除はさっさと済ませた方が無難です。
ミッション系を消化するのにあちこち移動するはめになるので。

・【通信トラブル】
カージャックや、人がいる所で銃を撃って通報させるのが手っ取り早いかと思います。

・【白ウサギのオブジェクト】
狙わないとなに気に最後の方まで残ってるトロフィーだったりします。
・自分で作るなりトビアスの店で買うなりしてジャミングを用意。(買った方が早いと思います)
・すぐ逃げれるように自分のそばにバイクなどを準備して市街で銃を発砲。
・市民が通報したら逃走開始。
・スキャン範囲に入ってしまったらジャミングを発動して逃げる。
自分はこれを繰り返しました。

・【ジオロケーション】
マップに表示されてるスポットを回るだけですが数が多い上あちこちにあるので注意深くマップを見た方が良いです。
ちなみに自分の最後のポイントは東の小島の灯台でした。

・【ディスク容量不足】
苦労される方もいるようですが、自分は他の目的で動いてる時から市民を見たらなるべくハッキングするようにしていたので
店のスピーカーなど利用しなくても気づいたら集まってたという感じでした。

・【ハッキング】【おんぶ】
これは当たる相手にもよるので何とも言えないのですが、視界に入らないようにするのは勿論なのですが
どこで見られてるのかわからないので市民が取らないような変な動きをしないことも重要だと思います。
どちらにせよこれは自分からの侵入なので人がいる限り挑戦できます。

・【追跡】
逆にこれは相手からの尾行の侵入がなければどうにもならないので運だよりになります。
自分は【ハッキング】【おんぶ】のトロフィーを狙って他人への侵入を繰り返していた時こちらもたびたび侵入され
そんな事を繰り返していたら取れてしまったという感じでした。

・【スーパーハイウェイ】
完走するだけでいいので、なるべくコースアウトしない、ニトロはストレートなど無理の無い所で使う。
1位の人が凄まじく速くゴールしたでもなければこれだけで大丈夫だと思います。

・【フリーラジカル】【スキャン防止】
普通にプレイしているとまずスキャン、追跡レベル5になりません。
これはトロフィーwikiのメモにある動画を参考に取りました。

そして一番の問題は何と言ってもコレ
・【社会の潤滑剤】
プラチナトロフィー獲得を目指すプレイヤーを苦しめる為に地獄から来たトロフィーです。
自分はLRスティックを合わせる課題に本当に苦労しました…。
結局は自分のスティック捌きなので、クリアーされている方の動画などを見てもせいぜい出題パターンがわかるだけであまり参考には出来ません。
このトロフィーを実際取得した感想としては『どんなにイラついても、無理だと思っても、とにかく諦めずやり続ける』これです。これしかないです。

他のトロフィーはプレイしていれば自然と取れたりすると思います。

終わってみるとドリンクゲーに苦労した事が一番の思い出です。
他のミニゲームはやり込む必要が無いのによりによって一番きついドリンクゲームをやり込ませるこのゲームの開発者はいい性格してます。
酒は飲んでも飲まれるな
アウトドア派ハッカーのエイデンさんが、シカゴの街で暴れる回るオープンワールドのアクションゲーム。
ハッキングで色々できるのがこのゲームの特色です。

トロフィーに関して、難しいのは「社会の潤滑剤」です。
あとは難しくは無いのですが、サイドミッション、調査、コレクティブル、オンライン契約、ミニゲームとトロフィーに関わるものがとても多く、同じようなことを何度も繰り返すことでダレるかもしれません。
オンライン関係は談合でどうこうできるものではないので、人が居るうちにやっておいた方がいいと思います。

「魔法の煙」
Act4終盤の墓地で強制的にフォーカスが掛かる場面があったのですが、敵が近くに纏まっていたので取りやすかったです。
でもPS3版のトロフィーwikiにある動画を参考にした方が簡単かもしれません。

「白ウサギのオブジェクト」
警察のスキャンはジャミングで誤魔化すことが出来ます。
それに最後の方まで気付かなかったので、適当に銃を撃って警察にスキャンさせ、高速道路をバイクで逃げるのを繰り返してとりました。
ジャミングで誤魔化せることを知っていれば、サイドミッションをこなしているうちに取れると思います。

「ディスク容量不足」
http://www.playstationtrophies.org/game/watch-dogs-ps4/trophy/85556-Disk-Space-Full.html
http://www.playstationtrophies.org/forum/watch-dogs/236503-media-app-songsneak-guide-disk-space-full-trophy.html
上記のサイトに23曲のリストと、どの地区のどの場所からどの曲が手に入るかのリストがあるので参考にしてください。
街の通行人からハックするか、店などにあるスピーカーの前でSongSneakを使うと曲を入手できます。
5-Conduction (Santiago & Bushido Remix)、6-C.R.E.A.M.、12-Jesus Built My Hot Rod、はメインシナリオを進行させると自動で取れます。

「社会の潤滑剤」
イライラすること請け合いの高難易度ミニゲームです。
ミニゲームはミッションを開始できない事が多くて気になっていたのですが、犯罪探知のエリア内だとミニゲームはミッションを開始できないようです。
何度も失敗しながら繰り返していたら最後の方は慣れてきてなんとかクリア出来ました。

「追跡」
運が悪いのかなかなかこのトロフィーが取れませんでした。
このトロフィーが過疎った時に一番取り辛くなりそうな気がします。


ゲームとして楽しめましたが、エイデンさんには感情移入できないなー。
(Updated: 2014年 7月 02日)
アサシンクリードなどを手がけるユービーアイソフトの最新作。
オープンワールドを舞台に繰り広げられるハッキングアクションが売りのゲーム。

このレビューは7/2に投稿。以降、パッチが当たって難易度が変化する可能性があるので
私のレビューは参考程度にしてほしい。

さて本題。
トロフィーは大まかにわけて「本編をクリアする」「サイドミッションをクリアする」
「オンライン関連」「ミニゲームをクリアする」「◯◯を◯◯回しろみたいなの」に分かれる

●「本編をクリアする」関連のトロフィー。
攻略サイトなどを見なくとも簡単に取得できると思う。
とくに意識しなくても大丈夫

●「サイドミッション関連のトロフィー」
サイドミッションは退屈で同じようなミッションの連続であり、量も多い。
かなり作業的な要素が強く、飽きる。ストレスが貯まる。
内容は簡単なので、根気よくプレイすることになる。

●「オンライン関連」
オンラインに接続し、ゲームをプレイすることで解除。
ハッキングと追尾のルールで10勝しなければならないのだが、
時間が立てば立つほどユーザーの腕と質が上がっていき、勝てなくなっていくと思う。
また、「追跡」のトロフィーが取得しにくい。オンライン人口が過疎ったら取得はかなり難しくなると思う。

●「ミニゲーム関連」
ほとんどのミニゲームは簡単だが、「社会の潤滑剤」でプレイする「ドリンクゲーム」だけ鬼畜難易度。
筆者はこのドリンクゲームだけで6時間くらいかかった。
LRレバーをうまく操作できる「器用さ」が無いと苦戦必須である。

●「◯◯を◯◯回しろみたいなトロフィー」
ほとんどはゲームをプレイしているうちに取得できる。
stOSスキャン回避や警察から逃げ切るトロフィーもゲーム途中で取れると思うのでわざわざ狙う必要はない。

●難易度について
ゲーム内容は簡単。小学生でもクリアできる難易度。
しかし退屈で淡々としたサイドミッションを全てクリアするのに欠伸が止まらず、ストレスも貯まることだろう。
また、「ドリンクゲーム」だけが★4レベルの難しさである。ゲームが得意な人ならともなく、一般人にはクリアできないだろう。

難易度は★3と★4で迷った。でも一般人の視点から見て★4が妥当かと。
ドリンクーゲームが無ければ、時間とストレスがかかるだけの★3にしたのだが…。

●総評
コンセプトとマップの作り込みは良かったのだが、プレイしてみるとあまり面白いゲームではなかった。
ゲームプレイにあたり不親切な部分が散見され、制作側の怠慢さがうかがえる。
トロフィーも難易度バランスが悪い。一般人ならプラチナを狙う前に飽きて辞めてしまうだろう。
しかし次回作があるなら期待はしておきたい。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

© 2021 プラチナトロフィー