レビュー詳細

61zU1KrZiKL.__AC_SX300_SY300_QL70_ML2_
PS5対応タイトル 2024年 3月 31日 1485
やりこみ要素がかなり豊富な高クオリティRPG
(Updated: 2024年 5月 24日)
コンプ難易度 
 
5.0
FF7リメイクシリーズの第2弾で、前作をオープンワールドにし、さらに戦闘も奥が深くなるなど、かなりの進化を遂げています。
またやりこみ要素もかなり増えたため、トロフィーに関しては近年まれにみる高難度であり、さらに非常に時間がかかるものになりました。
個別のトロフィーに関しては別の方が解説していますので、自分は主に感想などを書いていきます。

今作ではほぼすべてのミニゲームで好成績を残さないといけないのですが、私が正直、一番苦戦したのは腹筋です。
他のミニゲームは多少のミスが許される中、腹筋だけは1ミスも許されず、さらにノーミスでもボタン入力が遅いとクリアできないという鬼畜仕様でかなり時間がかかり、ストレスになりました。
ミニゲームはシューティングやRTS、音ゲー等、ゲームジャンルの幅が広く、得意不得意が分かれやすいですが、どのミニゲームも並以上の腕が求められるため、誰にでも苦手なものが1つくらいはあることを考えると、その全てで好成績を残すのは至難の業だと思います。

また鬼門でもあるバトルシミュレータですが、私はまずストーリー難易度ハードをクリアし、スキルブックを全て取得してから挑みました。
スキルブックで武器レベルが上がり、攻撃力もかなり上がるので、これがあるかどうかは非常に大きいと思います。
攻略動画のおかげもあり「異界の統率者」や「友情の証」はなんとかクリアできましたが、正直、正攻法では厳しかったと思います。

総評ですが、
ゲームのクオリティや密度がかなり高く、非常に長く楽しめるゲームになっていますが、トロコンするのにはそのほぼ全てをやりつくす必要があり、最低でも150時間は覚悟する必要があると思います。
また得意不得意の分かれやすいミニゲームの幅広いゲームジャンル全てで並以上の腕前が要求され、負けたら最初からやり直しのボスラッシュなど高難度コンテンツも多数あり、最近のゲームにおいて、このゲームを超えるトロコン難易度や時間がかかるものはそうそう出ないことを考えると、このゲームのトロコン難易度は☆5にしてもいいのではと思います。

レビュー

コンプ時間
192時間

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

© 2024 プラチナトロフィー