Downwell

Updated
 
0.0 (0)
650   1   0
Downwell

製品情報

ジャンル
アクション
発売日
2016年5月26日
対象年齢
CERO:B 12才以上対象
価格等
ダウンロード:500円

ユーザーレビュー

評価 (数字が大きいほどよい評価となります)
コンプ難易度
トロフィー獲得に要する難易度
レビュー
コメント
You will be able to upload media right after you submit your review.
井戸
(Updated: 2018年 3月 14日)
ハードモードがとにかく難しかったです。なんの前情報も無しで遊んでいたので、ハードモードを解禁した時はその難易度の差に驚きました。

まずはゲームシステムと仕様を理解しましょう。
敵は可能ならばなるべく踏みつけて倒すべきで、銃は落下速度を調整するためにもある程度温存しておきます。コンボが25まで達してから着地すると、体力が1回復&弾数が1増えます(15だと弾数アップのみ)。また、武器を拾うと同時に体力1回復or弾数+2の効果が得られます(なので全武器に慣れましょう)。

アップデートで有用なのは、体力回復系のほか、ジェムアトラクター・ハツデン、ポンポンジェム、噴射モジュール、薬莢、ハート風船、ジェットパックなどだと思います。弱武器を拾った時用にレーザーサイトやドローンもありです。あと、タンマよりはロウソクの方がだいぶマシです。

・ハード攻略
エリア1…なるべく被弾を抑えつつ体力アップや弾数アップに努めます。
被弾が多く、良いアップデートも出なかった場合はリセット推奨。
エリア2…厄介な敵が多いので慎重に倒しつつ進みたいところ。
ここで体力が少なくても後で挽回は可能です。
エリア3…泡の回収と踏めない敵の回避・排除を優先しつつ、死体を食べる機会があれば活かしましょう。
エリア4…25コンボに達したら、着地できる場所を見つけ次第着地して回復しましょう。バリアを歩いて出るだけで着地扱いになります。
ボス…2連3方向ショットが避けられないと話になりませんが、予備動作を確認し、攻撃前にしっかり足場に立っていれば避けられます。あとは基本的にザコを掃討してからボスを撃ちます。体力は6くらいは欲しいです。
ボスに関してはノーマルモードで良い感じの立ち位置を見つけて動く練習をしておくと、気持ちが楽になります。

・難易度について
シンプルなゲームですがそれだけに純粋に難しいです。ステージ構造は毎回変わるのでパターン化はできません。アップデートや敵の配置には若干運が絡みますが、ある程度のプレイヤースキルは必要です。
自分の場合、ちまちまと時間を計りながら遊んでいましたがハードクリアまでに17時間かかっていました。なかなか難しかったので★3とします(ただ、判断力、操作精度、集中力等に自信がある人にとっては★2くらいに感じるかもしれません)。
死体もぐもぐ
(Updated: 2016年 12月 16日)
降下アクションのくせにゲームスピードがやたら早いため、高難易度と評されているこのゲーム。
実際プラチナ取得にハードモードまでクリアする必要があるので、難しい部類に入りますが、スタイルをブンブンスタイルを選ぶことである程度緩和が可能です。
またローグライク要素もあるため、立ち回りなどのセオリーを覚えるとグッとプラチナが近くなります。
トロフィーについては、一部意識しないと取得出来ないモノがありますが、ハードボスを倒す頃には簡単に取れるようになっているでしょう。
それほどハードボス撃破まで(と言うより道中)が強烈ですが、プレイを重ねるごとに少しづつステージが安定していく感覚は低価格ゲーながらレベルデザインが秀逸でしたし、ついついあともう一回をしてしまう位には良ゲーなので、プレイを検討されている方には是非オススメしたいところです。

プラチナ取得までの流れですが、以下のようにプレイしました。
1.ノーマルクリア
2.ハードクリア
※1の間にステージクリア系のトロフィー以外を取得。ハードモードはノーマルクリア後スタイルセレクト時に左のドクロを表示させるとONになります。

プレイですが、ブンブンスタイル(横穴がお店出にくい代わりにガンモジュール出やすい)は必須でした。
弾数アップやライフアップが毎ステージ必ず入手できるアドバンテージは、後半のステージやハードモードではクリアに直結するほど重要になってくるため、他のスタイルは考えられませんでした。
また敵の死体を10体食べると体力回復するナイフとフォークは、貴重な回復手段のためついつい欲が出て敵と死体に飛び込んでダメージを貰うため、近くに敵がいる場合は無理をせず可能ならスルーするように気をつけました。

長くなりましたがトロフィーについてです。
*ウルトラコンボ
100コンボが条件で難しく見えますが、ノーマルステージ4で狙うのが現実的です。ハードステージ4も狙えなくは無いですが、今までの飛行する敵全部が出現するため非常にカオスです。
多くの人が初見殺しに遭うと思いますが、足場はガンで撃っても消えない事と、ジェムハツデンやジェムアトラクターなどで弾薬の補充環境を整えておく事を意識すると全ステージ中一番簡単に攻略することが出来ます。
またコンボもガンガン貯まるため、上記トロフィーは少し意識するだけで取れると思います。

*けんやく、きれいなブーツ
こちらも同様にステージ4で狙います。
けんやくはブンブンスタイル+ナイフとフォークでプレイを固めるとお店はあまり必要ないため、大体ステージ4で取得できると思います。
敵が多く倒しながら進むだけでも、かなりジェムがたまります。
またステージ開始の足場に立たないことを意識するだけで、きれいなブーツも狙えるのでこちらもこのステージ4を使います。

*○○だらけ、いどマスター
ハードをクリアしていくと取得します。
ノーマルは省略しますが、ハードクリアに気をつけた事を以下に記します。ちなみにステージ2が一番キツかったです。

ステージ1.ナイフとフォークが無い時は基本敵無視。赤い敵が密集していたら無視。小さい敵やそもそも敵が多いのでケアレスミス多し、1面だからと気を抜かない。

ステージ2.赤い床にいる芋虫を踏もうと思わない。骨投げるガイコツは硬いので無視。ふんしゃモジュールの威力はバカにならない、弾数節約にあれば使う。赤い床に降りたい時は針が降りるまでショット空打ち待機。壁際の松明は貴重な弾薬補充、壁際でショット打たない。

ステージ3.赤い魚?の索敵を意識する、落下イカや死体に気が逸れて気付かない事多し。死体はすぐ回収できない場合潔く諦める。4-1は空気の泡回収を優先する。ステージ4までにライフ6~7まで増やしておきたい。

ステージ4.レーザー&ショットガンは強武器なので優先。ノーマル4元々の敵とコウモリの索敵を意識する、敵だらけで視認しづらくこいつらの被弾率が高い。ダメージで踏めなくなる骨に弾を当ててしまったら無理せず下降。

ボス.本体への攻撃より上からの攻撃回避と下から湧く敵の殲滅を優先する。ジェムハツデン+ジェムアトラクターはボスの3way×2攻撃を連続ショットによる回避が結果的に長く行えるので便利。ステージ3形態の空気の減少量+泡の補充量はノーマル準拠、焦らなくてもゲージは中々減らない。

全体を通して.B(バースト)は地雷ショット、でもそのためにリバースエンジニアリングは勿体無いので慣れる。コンボや死体に欲をかいて被弾するくらいならさっさと降りる。選択肢の増えるミジュクは早い段階で取りたい、ハズレモジュールだらけを避けられる。

ちなみにハードボスは相打ちとなりゲームオーバー画面が出ているのに撃破トロフィー(+プラチナ)が取得出来たという、ちょっとシュールな光景になりました。もちろんハードモードのエンディングは見ていません(笑
最後のひと押しのタイミングで撃破フラグが立ったのでしょう。もし私のように相打ちになったレアな方は、ちゃんと倒したことになりますので、しばらく待ちましょう。

最後に難易度ですが、そこそこアクションスキルを要求されるため☆3を付けさせて頂きましたが、プラチナまで10時間程度とあまり時間がかからないため、実際には2.5くらいでしょうか。
この手のゲームが得意な方は☆2妥当くらいで見ていいかなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。