レビュー詳細

It Takes Two 人気
7CRynuLSAb0vysSC4TmZy5e4
アドベンチャー 2021年 4月 23日 5190
死がふたりを分かつまで
(Updated: 2023年 9月 17日)
コンプ難易度 
 
2.0
◆オススメの攻略リンク◆

A.トロフィー一覧
https://gamerch.com/ps5trophies/entry/231994

B.チェックポイント&ミニゲームの場所
https://pon-threetree.com/ps4-ps5it-takes-two-trophy-cheats/

C.チェックポイント&ミニゲームの場所(動画)
https://youtu.be/cPTWhUgfA9U?feature=shared

◆要注目トロフィーと注意点◆

Co-op専用で野良マッチ不可。フレンドとの2人プレイが必須になります。
ステージごとに各々に振り分けられた能力で協力しながら進むアクションアドベンチャーなので、意思疎通のためにボイチャ利用を推奨。
残機は無限でデスペナルティは無く、どちらかが生きていればリスポーンも容易。ボス戦などでもリトライポイントがあるので気楽に挑戦できます。
リスポーンに必要なボタン連打数などもオプションで変更可能です。

各ステージ内に点在する全てのチェックポイント&ミニゲームを見つけ、ストーリーをクリアすれば1周でトロコン可能。
チェックポイントに関してはそれぞれが条件を満たす必要があるので要確認。
基本的には後戻りできない進行なので1周でコンプを目指す場合は見落としの無いように。

・Bのサイトで場所をチェックする場合、セクション『けんけん遊び』内のミニゲーム『腹ペコ爬虫類』はチェックポイント『全財産を尽くして』よりも前にあるので注意。

・セクション『ステージ設営』内の『イス取りゲーム』は『チェス』のチェス盤から向かって左側の段差を越えた先にあります。2つ同時に解放されるので、こちらも注意。

【足場作りの天才】
移動する板に飛び乗りながら落ちないように塔の最上部まで登るアスレチック系トロフィーです。
2人でトロフィーを狙う場合はそれぞれが踏破しなくてはなりません。
中層までは回転板のギミックがあり、カメラがキャラクターを追従するため酔いやすいのが気になる点。
そこまで難しくはないものの、パートナーをサポートできる要素がないので純粋にプレイヤーの力量が必要になります。
アクションゲームに慣れていないフレンドと取得を狙う場合は時間がかかるかもしれません。
[執筆時のトロフィー取得率7.0%]

◆総評◆
アクションは"簡単ではないけれど難しくもない"絶妙なバランス。
パズルやギミック難度も程よいさじ加減で理不尽なものは無くサクサク進めます。

私はフレンドと2人でトロコンを前提に1周+α(取り逃がしたミニゲームの回収)でクリア。
ミニゲーム数はステージセレクト画面で確認可能で回収も容易です。
【足場作りの天才】に少しだけクセがあるのでトロフィー難度は☆2

[執筆時のプラチナ取得率2.6%]
[PlayStation®Plus ゲームカタログ対象作品]
[2021「Game of The Year」「Best Family」「Best Multiplayer」受賞]

◇感想◇
協力型アクションとしてのゲーム性は文句なしの出来栄え。
3Dアクションをベースに多ジャンルが怒涛のラッシュで入り乱れ、出し惜しみは一切なし。
役割分担も"ツタと鎌、ハンマーと釘"などバリエーションが豊富。
時には協力、時には競争とコロコロ変わる展開で飽きの来ない作りになっています。
リトライ時のテンポや操作感も良好。
ステージのシチュエーションも表情豊かに変化し、クリアまでテンションが下がることは一度もありませんでした。
それら要素がガッチリ噛み合った高い完成度となっています。

一方、ストーリは物足りない印象に。
「離婚の危機を迎えたエンジニアの妻と専業主婦の夫」と尖った設定ながら、ステレオタイプな男女の価値観が逆転しているだけの描写。
夫婦は一人ぼっちの娘と向き合うことはなく、自分たちのことばかり。
関係の修復も予定調和的で、困難を乗り越えて家族の絆を取り戻すカタルシスは得られませんでした。
次回作では舞台設定やキャラクターの関係性などを昇華した展開を期待しています。

Co-op専用ゆえに間口の狭さがありますが、それを補って余りある「誰かといっしょに楽しく遊ぶ」ゲームの本質がある作品です。
楽しみながらトロコンできるゲームとしてオススメです。

レビュー

コンプ時間
16h

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

© 2024 プラチナトロフィー