パラッパラッパー

人気
Updated
 
1.0 (2)
2733   1   0
パラッパラッパー

製品情報

ジャンル
リズムアクション
発売日
2017年4月20日
対象年齢
CERO:A 全年齢対象
価格等
1,800円 (税抜) / 1,944円 (税込)

ユーザーレビュー

2 reviews

コンプ難易度 
 
1.0  (2)
評価 (数字が大きいほどよい評価となります)
コンプ難易度
トロフィー獲得に要する難易度
レビュー
コメント
You will be able to upload media right after you submit your review.
元祖音ゲー(死にゲー)
(Updated: 2017年 5月 26日)
PS版の完全リマスターのため判定も当時のまま移植されており、大抵の人がSTAGE4までに詰まると思います。
多くの場合ここで画面を凝視して正確にプレイしようと意識しがちですが、身体でリズムを刻みつつ死にながら見えない正解の判定ラインを探していきましょう。
このゲーム、音ゲーですが死にゲーです。
COOLリーチがかかったらリズムを刻みつつ連打多めにプレイすればいずれはマスターコースに到達できます。

難易度は所要時間とコンプ率を鑑みて☆1としましたが、癖が強くスキルを要するため人によってはやや難しく感じるかもしれません。
私の体感ではGoat Simulatorのフラッピーヤギより難しく、サウンドシェイプのデスモードよりは簡単といったところです。
タイミング調整のアプデ待ち
元祖音ゲーと言っても過言でないPS作品のリマスター版です。

ゲーム画面はリマスターして良かったと思える、とてもきれいになっています。
しかし、ストーリームービーはそのまま移植した印象で、かなり画質が荒いです。


そして肝心の音ゲー部分ですが、悪い意味でPS版と同じです。

パラッパラッパーは音ゲーの中でも、譜面がけっこう簡単な代わりに、タイミングがシビアなのですが、
タイミングが曲に合っていないものがあるという、音ゲーとして致命的な欠陥があります。

また、パラッパの声がボタンを押したタイミングに鳴らない(というより、おそらく声の前の無音地帯があって遅延して聞こえる)
ので、お手本のタイミングに押しても、その通りにラップしてくれないです。

これらはPS版からあったもので、
音ゲーの先駆けとしてあったソフトなので、こういったこともあったのだと思うのですが、
今プレーするなら修正してほしかったです。(今後のアプデに期待しています。)

特にステージ4がひどいので、ストーリーやCOOLクリアの鬼門になると思います。


トロフィーですが、全ステージCOOLでクリアが鬼門になると思います。
ちなみにストーリーモードではCOOLにはならないので、ステージセレクトから選択します。

COOLになる詳しい条件は不明ですが、最低限
・一番最初のボタンはお手本と同じものを使用する。
・お手本にあるボタンの種類を一度は使ってアレンジする。
を満たす必要があります。

何かコツがあればよかったのですが、正直、運ゲーです。

特にステージ4はタイミングがおかしいので、GOODの維持が厳しく、COOLを出すのに3時間はかかりました。

また、ステージ3で一度COOLからGOODに下がったことがありました。
体感としては、ステージ3でのアドリブは、たくさんのボタンを使うと下がりやすく、同じボタンを連打するようにするとCOOLを維持しやすい印象でした。

「カムバック・キング」
COOLを出すのはステージ6の"I gotta believe!"の譜面でアレンジするのが一番やりやすかったです。

「フラワー・パワー」
全ステージCOOLでクリアすると選べる隠しモード。
KTとサニーちゃんのダンスを眺める。

「リミックス・エディション」
ステージセレクトから全部のステージで方向キー上を押しっぱで獲得できました。
ステージ1で取れない報告があるらしいですが、COOLが出るまで何回もプレーしていたので、その間に演出が見れたのかもしれません。


トロコン難易度は、ステージ4でイライラはしましたが、
この値段でプラチナが取れ、かつ難しい譜面もなく、時間もあまりかからないことから☆1とします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。