龍が如く8

Updated
 
2.0 (3)
606   1   0
ryu-ga-gotoku-eight_kv (1)

製品情報

ジャンル
ドラマティックRPG
販売
発売日
2024年1月26日
対象年齢
CERO:D 17才以上対象
価格等
パッケージ版:9680円(税込)
ダウンロード版:9680円(税込)

ユーザーレビュー

3 reviews

コンプ難易度 
 
2.0  (3)
評価 (数字が大きいほどよい評価となります)
コンプ難易度
トロフィー獲得に要する難易度
レビュー
コメント
レビューを投稿後、画像をアップロードすることができます。
入れるぞ合いの手!燃やすぞ 魂!
コンプ難易度 
 
2.0
DLC込みのレビューとなります。
麻雀・ゲーセン・目録コンプなどのトロフィーが無いため、難易度は低めです。
クレイジーデリバリーや不審者スナップのトロフィーがありますが、
特にテクニックなどは必要ないです。

一番大変なトロフィーは【伝説の龍】(春日がLv.70になった)かと思います。
お布施のつもりでDLCを購入したため、ファイナルハワイダンジョンでレベル上げをしました。
2周目突入時はレベル72くらいでした。

※DLCのトロフィーについて※
【俺たちが多分最強!】
PREMIUM NEW GAMEをHARDの状態でクリアした
【俺たちが最強!】
PREMIUM NEW GAMEをEX-HARDの状態でクリアした
上記2つのトロフィーですが、2周する必要はありません。
最終章の海老名戦前にセーブをし、難易度を変更することによって獲得できます。
私はEX-HARDクリア→HARDに変更してトロフィーを獲得。


~個人的感想(ネタばれ込)~
めちゃくちゃ楽しめました!!
ドンドコ島にスジモンバトル、サブクエストなどなど。
ただ、マッチングアプリだけは面倒でした。
あとはハン・ジュンギの扱いが可哀そうな気もしました…。
加入が遅い上に、一時ではありますがPTを抜けるので。
DLCはフルボイスじゃないのが残念でした。

レビュー

コンプ時間
230時間(じっくり遊びました)
俺とハワイでも行くか!?
(Updated: 2024年 3月 21日)
コンプ難易度 
 
2.0
いやー面白かったです素晴らしかったです。
ストーリーは酷いものでしたがそれを有耶無耶にするくらい、あらゆる面で前作を上回る出来でした。
7が楽しめたのであれば、確実に今作も楽しめるでしょう。
プレイスポット等のボリュームも凄まじいため、あっという間に時間が消えます。

トロフィー内容としては昔の作品のような、達成目録のコンプやミニゲームコンプなどがすべて廃止されているため、難易度的には簡単です。
なのでベースゲームにおいてはトロフィーの内訳についてなど書くことがあまりないです。
スコールが降ってきたら、マップの南側や東側に移動して虹の写真を撮っておくくらいですかね。

ただ、クリア時のレベルはせいぜい55程度になると思うので、一番のレベルを70まで上げるのが非常に大変。
どうもこのゲームはレベルが一定になった段階で次のレベルへ上がる経験値を跳ね上げることで、実質的なレベルキャップを作っているようで、ゲーム後半になるとマジでレベルが上がらなくなります。(そのくせジョブレベルは一気に上がる)

クリア後ダンジョンの周回程度では1週してようやく1レベル上がるかどうかというところなので、予約特典や、各地にあるミニゲームの景品でレベルアッパーを手に入れて一番に突っ込むと時間の短縮になるかと思います。

2週目有料のクソDLC商法には辟易しましたが、特にやりたいゲーム今ないので、お布施目的で購入してプレイしています。
裏ダンジョンのコンプでレベル70ジャストだったので、DLCなしだと上記の通りレベル上げがかなり苦行になりそうですね…
リアルマネーを使うことに抵抗がなければ、レベルアップアイテムを買うのも割とマジで一つの手です。

現在はレベル71前後で2週目EX-HARDに乗り込みました。
無事コンプできた暁にはこのページを追記するかもしれません。

※DLCのトロフィーについて※
無事、EX-HARDクリアしてトロコンできました。
開始推奨レベル75だったので、大丈夫かと戦々恐々していましたが何とかなるものですね。
開始と攻略にあたっての注意点をまとめていきます。

★準備しておきたいもの
・勇者、ホームレス、刑事、タクシードライバーの最強武器。
・ロケットランチャーなどの固定ダメージ系武器をいくつか。
・タフネスZなど回復量の大きいアイテム

これくらい。武器は+30くらいまで強化しておけば、レベル+5くらいの雑魚であれば互角に渡り合えます。
基本的に応龍の極みやドンドコレーザーをぷっぱなして、雑魚を蹴散らす戦い方をしましょう。
またストーリー上で対峙するボスの多くは水属性に弱いです。山井、ドワイト、そしてパレカナ信者の大半、そしてラスボスと錚々たるメンツであるため、マリンマスターやハウスキーパーなど水属性が豊富なジョブを用意すれば有利に戦えることが多いです。
また、優秀な回復技を持つアイドルは今回も続投させる方が良いです。
全体回復もそうですが、全体状態異常回復があるのもかなりデカい。女性陣には全員アイドルのジョブレベルを上げて、回復を継承させておきたいところ。

ただし敵のレベルがだんだんと上がっていくのに対し、こちらで新しく加入する仲間は70(クリアデータのレベル)で入ってくるため、加入直後はほぼ役に立たないです。特に加入が遅すぎる趙とハンジュンギは完全に戦力外。そのためこの二人の装備品は作らなくてOK。

基本的にこちらより雑魚が先に動くことが多いため、千歳やソンヒ、サッちゃんが仲間になった直後は、食事コンボ出経験値アップを重ねつつ道端の中ボスなどに挑んで、レベル上げを図った方が良いです。あまりにレベル差が開いてると敵が何度も行動するため、勝つのが厳しくなります。

調整不足な面もあり、1章が最も難所が多いです。
1VS5のアサクラ戦や、足立、ナンバ加入後の初戦が特にヤバい。
特に3馬鹿勢ぞろい時の初戦は手持ち武器が強制的に初期武器になるため、相手に全くダメージが入りません。
未知の悪臭でのデバフ連打とロケットランチャーで何とか倒せましたが、手持ち装備やジョブレベルが低いと下手すると積みかねないので注意。

その後あまり過剰に詰まるところは少なかったです。適度に歯ごたえあるくらい。
12章の戦いがやはり最も難所です。一騎打ちに入ったところで相手の攻撃力が高すぎて危うく負けるところでした。
勝ち確ムーブの演出ですが、油断なきようご注意を。防御アップなど事前にかけておいた方が良いかも。

レビュー

コンプ時間
90~100時間(DLCにて+30時間)
Like a Dragon
コンプ難易度 
 
2.0
龍が如くシリーズ最新作。

前作に引き続きRPGでDLCを導入しない限りは難易度はない。最近易化傾向にある本シリーズだが、いつも以上にボリュームが多いのでトロコンには時間はかかるものの、難易度は6,7外伝ほどに簡単。★1だが、時間も加味して★1.5といったところ。DLC導入かつ効率的にプレイすれば80hほどでもトロコンできる。自分はたらたらプレイしていたので130hかかった。

いつもの面倒な達成目録に値する人間力チャレンジ・未練ミッションは人間力・覚醒度を上げるためにできるだけこなしておく必要があるだけでコンプリートする必要がないので、麻雀や将棋などのいつもの大変なミニゲームをプレイしなくてもクリアは可能。それだけでもう簡単。

初回特典を含むDLCを導入していなければ一番の鬼門はレベル70になると思う。ゲームクリア時のレベルは50ちょいだと思うので、そこから70にひたすら上げていかなければならない。クリア後のやりこみが発売日同時発売のDLCにあるので、未導入だと推奨レベル52程度の横浜ダンジョンをひたすら潜ってレベルを上げるしかない。各ミニゲーム景品のレベルアッパーが7個あるけれども、これを使用するつもりだとしても最低レベル63まで上げなければならない。これが作業感きつくて大変。

DLCはぼったくり感あったので購入しなかったのと、レベルアッパー5個入っている初回特典があるのを忘れててひたすら横浜ダンジョンを潜っていたけど、断念して58まで上げて特典を利用した。このおかげでめちゃくちゃ時間が短縮された。おとなしく初回特典があれば使用するか、レベルアッパーが入ったDLC買うか、クリア後要素のマスターズバケーションDLC買ってレベル上げしたほうが良いです。




レビュー

コンプ時間
約130h

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

© 2024 プラチナトロフィー