レビュー詳細

アクション 2014年 9月 06日 417
市民を助けないだけでヴィランになる男
(Updated: 2019年 10月 23日)
コンプ難易度 
 
2.0
後継作である(?)マーベルスパイダーマンが面白かったため、こちらも購入。

5年以上前のゲームであるため、操作性や戦闘の多様性になどにおいてはやはりマーベルに軍配が上がるものの、もともとPS3のゲームでこのクオリティを誇った部分に関しては評価したいと思います。

欠点は上記の作りこみに伴うメインストーリーの短さ(しかもかなり性急で雑)、街中でランダムに起こる犯罪ミッションを放置していると、警官に攻撃されるようになるため、定期的にクリアする必要がある点。。。水増し感が強いです。

初めから最高難易度でプレイすれば、時限要素はなし。
無理ゲーレベルではなく結構余裕があるくらいの難しさです。
ただ、収集要素とスーツのレベル全マックスが今作の作業枠。

メインストーリーなどをこなす傍ら、スーツのレベルがマックスになったら着替えるのを繰り返すことを推奨。後述の収集要素も都度経験値となるため、なるべく経験値がMAXでない時に集めるのがおすすめ。

スーツのレベル稼ぎはwikiにある通り、ラストミッションでドナルド・メンケンを襲う囚人を蹴散らすのが手っ取り早いです。かなりの作業になりますが〇ボタンのシグネチャー・ムーブで敵を倒すと経験値が上がるため、活用しましょう。

収集要素が非常に多く、トロフィーに絡むのがコミックス、ブラックキャットのログ、メンケンのログ、警察のログ、撮影ミッションと多岐にわたり、すべて合わせると約350くらいか。
コミックスは300のうち285で済むとはいえ、マンハッタンの街中すべてに散らばっているものをかき集めるのは容易ではありません。

スパイダーセンスの強化でミニマップ上に収集要素が表示されるようになるものの、
マップが光るだけなのでどのアイテムなのかは黙視するまでわからず、しかも高低差などを考慮しないため、ビルの谷間や小さなベランダの上に配置されていたりすると、結局見つからないということもザラ。

そのため全編を通して、見つけたアイテムはその場で拾ってしまいたいところですが、上記のようにスーツの経験値にもなるため、取りすぎには注意。

ブースト認定するには少し作業が多い気がするため、☆は2です。

レビュー

コンプ時間
40~50時間

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。