LEGO ムービー ザ・ゲーム

Updated
 
1.2 (5)
258   1   0
LEGO ムービー ザ・ゲーム

製品情報

ジャンル
アクションアドベンチャー
開発
発売日
2014年11月6日
対象年齢
CERO:B 12才以上対象
価格等
ディスク:5,700円(税抜)/6,156円(税込)
ダウンロード:5,616円(税込)

ユーザーレビュー

5 reviews

コンプ難易度 
 
1.2  (5)
評価 (数字が大きいほどよい評価となります)
コンプ難易度
トロフィー獲得に要する難易度
レビュー
コメント
You will be able to upload media right after you submit your review.
映画好きなら是非。
(Updated: 2017年 4月 10日)
1週目普通に遊ぶ。
レッドブロックが解除できる条件がクリアできていたら、先に解除した方がいいかも。

2週目に攻略サイトを見ながら、設計図を集める。

取り残したものをやる。

トロコン。

本編クリア後に解除されるキャラを駆使して、設計図を集めるため、
完全クリアは2週必要。

【感想】
ユニークな映画の雰囲気を味わえて、簡単に完全クリアできるので、オススメ。
ただ一部ステージはテクニックが必要で何度もやり直す必要もある場所がある。
また本編クリア後は作業がメインなので飽きる可能性があるので星2にして起きましたが、
やる気があれば誰でもトロコンできると思います。
簡単にトロコン可能
(Updated: 2016年 12月 12日)
自力では収集物の発見は困難ですが、攻略サイトを見れば簡単に収集が可能です。

また、アクションゲームですがHPがゼロになっても、少額のスタッドを支払ってすぐにその場で復活するので、ゲームオーバー(あるのか知りませんが)になる方が難しいです。

【ブロックシティへようこそ】
収集物系はまずこのトロフィーを最初に目指してください。その後の効率が大きく変わります。

【この歌なら何時間でも歌ってられる】【よせよ、これは俺の曲】
ステージクリア後のフリープレイでやれば、1曲終わった後にその場所で〇を押せば再度曲が始まるので、何回かやっていればすぐに取れます。

【仕事、仕事、仕事】
ゲームを始めた頃にこの項目を見ると、あまりの桁違いの金額に絶望すると思いますが楽勝です(笑)
スタッド〇倍を使うと、知らないうちにスタッドが最終的に100億超えるくらいたまります。
ですので、スタッドはまずはスタッド〇倍のレッドブロックに使うようにしてください。

【総評】
自分がやったアクションゲームの中で一番簡単にトロコンが可能であり、また幼稚園児でもトロコンできそうな難易度であるため☆1としました。
Everything is awesome!
(Updated: 2016年 4月 28日)
映画の日本語吹き替えが微妙な同名ゲーム。

・「この歌なら何時間でも歌ってられる」
・「よせよ、これは俺の曲」
ダンスミニゲームで全ての評価をサイコーにすると獲得。ダンス終了後に踊っていた中央辺りで丸ボタンを押せば、その場で再挑戦できます。ワンテンポ遅れて押す必要があり、なかなかシビアで私は15回ほど踊りました。

・「仕事、仕事、仕事」
レッドブロックの取得スタッド倍化を使えば取得量3840倍になるので容易に取得できます。私の場合トロコン時に90億スタッド貯まりました。

・「透明飛行機へ!」
雲の上の楽園スタート地点右側にあるレインボーブロックのジャンプ台から行ける先、その開始地点右側にキラキラする透明な壁があるのでそれを破壊で獲得。


収集物系はクリア後でないと集まらないのでファミ通の攻略wikiとにらめっこしながら集めましょう。ゲームの完成度が高く、お手軽にトロコンできるのでオススメの作品です。
今からでも、全部変えることができる
収集物の大半は特定のキャラクターでないと取れないので、とりあえず1周目は普通にプレイ。
その後、取り残した収集物やその他のトロフィーを取得で、プラチナです。

「仕事、仕事、仕事」
レッドブロックのスタッドの取得倍率関連を全て取得し、適用したら簡単に集まります。

「ああ!スパボン!」
スパボンはおしごと大王(ミニフィグ)が持っています。

「この歌なら何時間でも歌ってられる」
ステージ1「ブロックシティ建設現場」にて発生するダンスミニゲームを全てサイコーで終わらせる必要があります。
基本的に丸の中に来て少しタイミングをずらすとサイコーになります。
ミスったら、またステージの最初からやり直しなのが少々難です。

「よせよ、これは俺の曲」
ステージ11「オフィスタワー潜入」にて発生します。

基本的にファミ通の攻略wiki見たら全部簡単に取得出来ます。
全体的に非常に簡単で、詰まる人はそうそういないと思うので★1としておきます。
レゴって子ども向けなんじゃ・・・
(Updated: 2014年 11月 29日)
レゴって一見子ども向けに見えますが、どうやら大人も楽しめるようです・・・

本題にはいります。

流れは
普通に楽しみクリア(と同時にある程度のレッドブロック回収)
    ↓
各シナリオごとの収集物回収(ここでクリア後のキャラが必要なレッブロックを回収。それと同時に、テクニック系トロフィーを取る)
    ↓
音ゲークリア

という流れです。
一応トロフィーは簡単めに作られています。

・仕事、仕事、仕事
レゴ初見だったのですが、この10億スタッドっていうのを見たとき、「え、これやばいんじゃ・・・」って思いましたが、レッドブロックというものを集めているうちにスタッド獲得n倍とかいうものが入りまして、10億はあっという間でした。数字の割には簡単です。

・この歌なら何時間でも歌ってられる ・よせよ、これは俺の曲
建設現場と組立室のところでダンスの音ゲーをするのですが、サイコー!を取らなければなりません。
グッド、サイコー、クールという三段階のタイミングがあって、その真ん中を狙うわけです。
ちょっとワンテンポ、0.5テンポくらい遅らせて押せばサイコー!取れました。
たまに、クールとかでて、このゲームにチェックポイントからやり直しというのはないので、シナリオ最初からになります。
タイミング音痴はすこし厄介かも。

他は、ファミ通wikiでも見てれば楽に取れます。

楽しかったです。今度映画版の方も見ようかな。映画マニアなのにレゴムービーは見なかった。(Rottentomatoesという世界最大の映画評論サイトで96%を樹立したおそらく2014年のアカデミー賞長編アニメ部門にノミネートされるであろう傑作映画です。)

公式ファミ通wiki
http://wiki.famitsu.com/legomovie/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。