Rez Infinite

Updated
 
2.0 (1)
462   1   0
Rez Infinite

製品情報

ジャンル
共感覚シューティング
発売日
2016年10月13日
対象年齢
CERO:A 全年齢対象
価格等
ダウンロード:3,400円 (税込)

ユーザーレビュー

1 reviews

評価 (数字が大きいほどよい評価となります)
コンプ難易度
トロフィー獲得に要する難易度
レビュー
コメント
You will be able to upload media right after you submit your review.
適法電子ドラッグ
コンプ難易度 
 
2.0
積みゲー消化の一環
PS2でオリジナルをプレイ済

●はじめに
スコアを求められる場合は丁寧に多重ロックオンで撃ち落としていく(本来の遊び方)。
撃墜率を求められる場合は連コンを使用して照準移動に専念するとよい。
クリアだけでよい場合も撃墜率と同様だが、beyondに限り無限overdriveの併用である程度の放置プレイが可能。

・playをクリアする
まずはここから。VRでプレイした方が圧倒的に簡単。
撃墜率95%以上のトロフィーを同時に狙っていくと効率的。

・lost areaでハイスコアを達成する
これもVRでのプレイを推奨。特に難しくは無いので気楽に。

・score attackでハイスコアを達成する
area1はスコアが出しづらい。ボスが序盤に環状に射出するミサイルを破壊して稼ぐといい。

・boss rushでハイスコアを達成する
準放置作業に必要な無限over driveが解禁されるので早めに達成したい。
area2ボスの触手をミサイルもロックオンして8倍で倒す事と、
ラスボス戦後半に浮遊或いは落ちている黒い敵を優先して攻撃する事を心掛けるとよい。
また、area3ボスの黄色ミサイルは非常に被弾しやすいので、必死に連打して確実に撃墜していきたい。

・AreaX関連
VR初見は衝撃を受ける事請け合い。しかし、AreaXはVRよりTVの方が難易度は下がる。
細長い竜みたいな中ボスが居るエリアにその場から動かない雑魚2匹が隠れているのと、
赤青のボス2段階目は逃げ回っている最中にとどめを刺すのを忘れないようにしたい。
これらを忘れると撃墜率95%以上は無理だろう。
ルート分岐は既出の通り赤か青どちらのボスを倒すかで決まる。
敵の攻撃は大した事無いのでノーダメでのクリアは容易い。

・direct assault(trance)クリア
trance解禁にはarea1~5の通しプレイを5周、当たり前だがtranceもクリアせねばならないので6周を要する。
クリアするだけでいいので無限overdriveを有効にして連コンを使えば準放置プレイが可能。
一部ボス戦では視点移動が必要なため、完全放置は出来ない。

・score attackを30回クリア
時間効率だけを考えるならarea1を何度もクリアすればいい。
スコアは全く出ないが、VR+連コンを使用すると視点移動だけで労せず全ステージクリア可能。
これを終える迄にはプレイ時間が10時間を超え、"The Rezident"のトロフィーも取得出来ているだろう。

●総評
score attackハイスコア、boss rushハイスコア、AreaX撃墜率95%以上×2がスキル的な壁となります。
それぞれ何回かはやり直しを要したので★2とします。
VRゲームは初プレイでしたが、RezとVRの相性は抜群で素晴らしい体験が出来ました。

レビュー

コンプ時間
約15時間
うって、ノッて、絶頂へ。
セガのPS参入第一弾ということで、当時のエポックメイキング的な作品。
昨年VR対応ということで期待してました。
トロフィー的に壁になりそうなのは【Trance Hacker】【Power Breaker】あたり。

【Trance Hacker】
direct assault(trance)をクリアするだけ・・・なのですが、これを出すためにdirect assaultの他の色合い(5種)をすべてクリアする必要あり。
direct assaultではarea1~5を通しでプレイすることになるので、作業感満々。
しかもpsychedelicなど、一部VRでプレイするには色彩の暴力と言ってもいいくらい目に優しくない。
これに手を付ける前にまずboss rushをクリアしておきましょう。無限オーバードライブ(ボム)が使えますので、TVモードにして〇ボタン連打しながらたまに視点移動させる程度で済みます。

【Power Breaker】
ハイスコア30回クリアという単純なものですが、こちらも作業感が強い。
1日1回、area1~5をクリアして6日間というのが楽でしょうか。
もちろん、時間的にはarea1を繰り返しプレイするほうが早いのですが。

【Blue Butterfly】【Blue Bird】
AreaXのトロフィー。
撃墜率95%と聞くと結構辛そうな印象ですが、実際には目に入る敵を片っ端から撃ち落とせば意外と楽に到達できます。
蝶ルートと鳥ルートの分岐は道中、赤いボスと青いボス(ロボットみたいなもの)のどちらにとどめを刺すかです。
赤なら蝶、青なら鳥に入ります。

また、ハイスコアを狙う上で気を付けたいのは1.なるべく多くの敵をロックオンした状態で倒す。2.オーバードライブは極力使わない。
ロックオン数に比例してスコアが入る仕組みです。
オーバードライブは3ロックの連打扱いなので、よほど危ない時以外は使わないほうがスコアは伸びます。

【The Rezident】
area1~5の撃墜率、アイテム取得率を100%にする。
もしくはプレイ時間10時間オーバー。
このトロフィーがプレイ時間で解除されない仕様だったら☆3はあったかもしれません。
実際には他のトロフィーを取得する過程で取れると思いますので割愛。

VR対応タイトルとして非常に高レベルでまとまっています。
特にAreaXはVRユーザーなら是非体験してもらいたいところ。
ちなみにVRなしでもプレイできますが、難易度が上がります。
ロックオンのエイムがVRだと視線+スティックで高速なのに対し、TV画面だとスティックのみで遅いためハイスコア関連が厳しくなります。
ただ、本作に限った話ではないのですがVRは結構疲労がありますので、作業的なトロフィーについては一層辛く感じられます。
15時間でコンプと書いていますが、感覚的にはその倍くらいプレイしている印象です。
取得率が低いのもその辺りが関係しているんでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。