Mr.PAIN

Updated
 
4.8 (4)
137   1   0
Mr.PAIN

製品情報

ジャンル
アクション
販売
価格
1,000円
発売日
2009年2月26日
対象年齢
CERO:C 15才以上対象

 

ユーザーレビュー

4 reviews

コンプ難易度 
 
4.8  (4)
評価 (数字が大きいほどよい評価となります)
コンプ難易度
トロフィー獲得に要する難易度
レビュー
コメント
You will be able to upload media right after you submit your review.
13th Review
(Updated: 2013年 8月 03日)
【オフライン】

「Dickボール・ハード」
 
ゴミ箱の底に一瞬でもボールが触れれば成功となります。
その後ボールがバウンドし、外に出ても問題ないです。

「アテンション!」

PAINダメージの確認方法はダメージを受けた直後のみです。
不安な場合はメモを取った方が良いです。

「バズ・モンキー」

タイムボーナスさえ継続させれば、60匹というノルマは大した事ないです。
そこまでクリーンランを意識しなくても大丈夫だと思います。

「ニンジャハンター」

ニンジャ自体にぶつかる事は難しくありません。
問題なのは、アミューズメントパークのモードマップを全て解除する過程です。
特にピエロミサイルはマイムミサイルの高難易度版なので、要注意です。

「キング・オブ・PAIN」

PAINミサイルというゲーム内トロフィーが難しいです。
精密射撃、集中力の他に物理演算の機嫌次第という運要素もあります。
根気よくプレイしましょう。
レビューするですぅ
自由度が高く攻略自体は簡単ですう

トロフィーの取得なると精密射撃といった正確性が問われるですう

それでも難易度5に値するほどの難しさじゃないですう

動画をみながら何回も何十回も挑戦するですう

数時間やって根をあげるような人は難易度5はやめたほうがいいですう
バカゲーですが難易度もバカ高いです
結構前にコンプしたのですがせっかくサイトに登録してみたので初投稿させていただきます。
ミスターペインは俗にいうみんなでわいわい楽しむバカゲーに属します、
しかしトロフィー取得のために求められる課題が尋常じゃなく鬼畜なのでコンプ
するのはかなり難しいと思います。
私はこれを発売日近くに購入したのですが、あまりの難しさに断念してはまたチャレンジの繰り返しでコンプするまで結局2年くらいかかってしまいました。

鬼畜ぞろいのトロフィーの中でも特に難しいのがking of painになると思います。
ゲームの中で得られるトロフィーをすべてコンプする(ダウンタウンエリアの)というものですが、これスタッフちゃんと考えて設定したの?ってくらいひどい難易度の課題を数々こなさなければなりません。
普通のゲームだったらゴールドに匹敵するような課題を60以上こなしてやっとこの
トロフィーを獲得できます。

他のトロフィーもやっかいなものがそろっていてこのゲームを起動させてトロフィー状況が数%で止まっていて放置という方も珍しくないのではないでしょうか。
とにかく集中力と忍耐力をフル回転させて折れない心で頑張るしかないと思います。

ゲーム自体がとても特殊でくせがあるのでこれを面白いと思う人とク○ゲーと思う人が極端に分かれると思います。

このサイトにおいて高難易度とされているディスク版のゲームもいくつかチャレンジ
していますが、このゲームがぶっちぎりでキツイように感じます。
そのうえコンプするのに4000円弱かかるということもあり、トロフィー目的で気軽に手を出すのはあまりおすすめしません。
「千円で買える一生モノ」byバカタール加藤
(Updated: 2013年 2月 05日)
未コンプのレビューです。トロフィー達成率は約40%。
あまりの鬼畜っぷりにリタイアしましたが、他の方が購入を検討する参考になれば幸いです。

まず注意してもらいたいのは、トロフィーコンプにはゲーム本体だけでなく追加DLCの購入が必須という点。コンプを目標とする場合、実質ゲーム本体1000円+DLC約3000円ほどの課金が必要になるので、よく考えてから購入しましょう。

次に肝心のトロフィー自体の難易度ですが、難しいなんてもんじゃないです。システムが特殊なため他のゲームで培った技術の応用が利かないのもつらいところですが、バカゲーチックな見た目に反してかなり繊細な操作が必要なため、求められる技術、時間、作業量ともに並のゲームの比ではありません。
ネットで攻略動画を見れば参考にはなりますが…物理演算でゲーム内オブジェクトを制御している本作では、動画のプレイを再現するのは至難の業かと思います。正直、DLCを全て購入しトロフィーコンプが狙える環境を整えたところで一体何人のプレイヤーが達成できるのか想像できません。

余談ですが、本作にもプレイヤーキャラとして出演している元ファミ通編集長バカタール加藤氏が本作のキャッチコピーとして「千円で買える一生モノ」と評していますが、なんというか言い得て妙だと思います。
ゲーム難易度は極悪ですが、ここまで全力でバカゲーに仕上げた開発者の心意気には熱いものが感じられるので、トロフィーコンプに拘らず、気軽に笑いながら楽しんでもらいたいゲームですね。

----------------------------------------------------
推定トロフィー難易度:★★★★★
PS3トロフィーまとめWikiからの移行データ
PS3トロフィーまとめWikiからの移行データです。
P
レビュー投稿者トップ50 102 reviews

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。