Winning Post World

Updated
 
2.7 (6)
162   1   1
Winning Post World

製品情報

ジャンル
競馬シミュレーションゲーム
価格
7,560円
発売日
2009年4月2日
対象年齢
CERO:A 全年齢対象

 

ユーザーレビュー

6 reviews

5 stars
 
(0)
4 stars
 
(0)
3 stars
 
(0)
2 stars
 
(0)
1 star
 
(0)
コンプ難易度 
 
2.7  (6)
評価 (数字が大きいほどよい評価となります)
コンプ難易度
トロフィー獲得に要する難易度
レビュー
コメント
You will be able to upload media right after you submit your review.
攻略見ないとコンプ不可です
(Updated: 2012年 4月 27日)
運の要素が凄くありすぎると思う
とにかくストーリー関係のトロフィーでやり直し連発で疲れた
とにかく作業プレイ
(Updated: 2011年 2月 13日)
コンプのためには3職をクリアする必要があるが、
攻略サイトを見ながら進めれば比較的楽になる。

レースに勝つためには、とにかく騎手選びが重要。
可能な限りオールA↑クラスの騎手を主戦にするべし。
騎手モードでは逃げを選んで、スタート直後に数発ムチを打って単騎逃げ、その後の道中はゲージ貯めのみに専念し、直線に入ってから二枚腰を使用。複数の乗鞍がある場合、オート騎乗で勝てるレースはオートで消化しておきましょう。

攻略サイトの通りに進めればプラチナまであっという間なのですが、
馬主・調教師・騎手を最低でも2回ずつクリアしなければいけないので、
イベントなど全てにおいて作業感たっぷりになるため☆3にしておきました。
ウイポシリーズ経験者です
(Updated: 2010年 9月 19日)
従来のウイポシリーズではSランクの騎手で勝てなかったときに一度ロードしてFランクの騎手に乗り換えさせると全然展開が変わってなぜか勝ててしまった、ということが稀に起こり、そこがいかにも競馬らしかった。しかし本作では(馬主・調教師時に)Sランクで勝てないならFランクに乗り換えさせても絶対に勝てない。それくらい騎手の性能の重要性が高くなっている。

騎手モードでは自分の実感としては、前が詰まる心配のない大逃げが一番勝率が高いと思った。実際自分は「気合」と「追い」のみをSランクまで鍛え、「二枚腰」のスキルをつけただけでも大レースをポンポン勝てた。ディープインパクト以外は馬の脚質関係なしに全部大逃げでやった。

秋エンドが難しいということだが、自分は一発でクリアできた。2004年でスタートし、たまたま初期設定で選んだ3歳馬のオペラシチーが4歳時に本格化して天皇賞(秋)まで勝ってくれた。またもともと筑波厩舎にいたトウカイエリートにG3を2つ勝たせ、ジャパンカップに入着させることができた。すると有馬記念では、オペラシチーには蛯名騎手が乗ったが、トウカイエリートには秋が乗ってくれた(自分はディープに乗って完勝)。

なお白毛馬ユキチャンを早期に手に入れ(orユキチャンの騎手になり)、重賞を勝つと、オグリ、マックイーン、タマモクロス、ビワハヤヒデ、クロフネなど超強力な葦毛馬たちの名馬カードが次々に手に入るのでおすすめ。
だらだらと名馬カード
競馬ゲームを久々にやりたくて発売日に購入
競馬ゲームにパワプロのサクセスを+したゲームです。

初めはだらだらとプレイしながら名馬カード集めて楽しんで
次にシナリオクリアして、ワールドモードに。
難易度をEASYでも取れるので、ワールドモードは2年目には終わりますw

発生するイベントに左右される分もあるので★3つかなと思います。
競馬用語は知っておいた方が良い
(Updated: 2010年 1月 25日)
名馬カードが無いと始まらないので、攻略情報必須。
名馬カード集め、ポイント稼ぎの作業に耐えられるかどうか。
騎手モードのみ、簡単なアクション要素あり。

時間 約50時間
スキル ★1
PS3トロフィーまとめWikiからの移行データ
PS3トロフィーまとめWikiからの移行データです。
P
レビュー投稿者トップ50 102 reviews

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。