ヴァルキリープロファイル -レナス-

Updated
 
2.0 (1)
662   1   1
ogp

製品情報

ジャンル
RPG
発売日
2022年12月22日
対象年齢
CERO:B 12才以上対象
価格等
ダウンロード専用:2,750円(税込)

ユーザーレビュー

1 reviews

コンプ難易度 
 
2.0  (1)
評価 (数字が大きいほどよい評価となります)
コンプ難易度
トロフィー獲得に要する難易度
レビュー
コメント
レビューを投稿後、画像をアップロードすることができます。
" 俺は…今まで自分が散々切り捨ててきた者たちこそ守りたかったのだ!"
(Updated: 2023年 1月 06日)
コンプ難易度 
 
2.0
 

 本作は、スターオーシャンシリーズで有名なトライエースが手掛け、1999年に旧エニックス(現スクウェア・エニックス)から初代プレイステーション対応ソフトとして発売された超名作RPG「ヴァルキリープロファイル」の移植作品になります。(厳密には、2006年に一度PSPに移植されており、そちらがさらに移植された形になります。)

 トロフィー内容としては、「キャラを仲間にする」、「ストーリーをクリアして裏ボスを倒す」に少しプラスα的な構成となっており、非常に良心的な設計になっています。
 本作は、エンディングが3つ(Aエンド、Bエンド、Cエンド)に分岐しますが、エンディングに絡むトロフィーはなく、発売前に予想されていたボイスの収集、ムービーの収集等の面倒な作業も一切ありません。なんなら、トロフィー内容を一切確認せずともコンプできる人もいるのではないかと思うくらいの優しさです。
 ただし、大事な注意点があり、ストーリーを始める際の難易度(Easy・Normal・Hard)は、必ずHardを選択するようにしてください。
 と言うのも、本作では選択したストーリーの難易度によって、登場キャラ数や入手アイテム、行けるダンジョンの数などが異なるため、難易度EasyやNormalでは一部のキャラを仲間にすることができず、トロフィーを獲得することができなくなります。
(Hardと言っても、少し獲得経験値が減るだけで、攻略サイトを見つつ進めれば、特に詰まる点もなく、むしろ全キャラを仲間にできる点や入手アイテム数の豊富さから、他の難易度を選ぶメリットがほぼないと言われているほどなので、気軽に始めましょう。)
 なお、上のほうでエンディング分岐に関してトロフィーはないと書きましたが、ストーリーが打ち切りになってしまうCエンド(いわゆるバッドエンド)にはならないようにしてください。(狙わないとならないと思いますが…)


↓ 以下トロフィー解説です ↓


【弱さを知る者】【文字どおりのお姫様】【運命への抵抗】【2度の別れ】【その名の正義】【忠義の果て】【一途な想い】【血の定め】【玉瑠璃の伝説】【根っからの冒険者】【竜の力を宿す者】【魔術学院の学長】【一匹狼の小悪党】【男装の復習者】【ただ一つの救い】【からっぽの鎧】【幼き日の恋】【飽くなき探究心】【真に守りたかったもの】【偉大なる予言者】【神おも超える野心】【狂気の死霊術士】【不死者の王】
登場キャラクター全24名のうち、クリア後のセラフィックゲートで仲間になるフレイを除いた23名を仲間にすることでそれぞれのトロフィーを獲得することができます。
なお、補足として、レザード【狂気の死霊術士】とブラムス【不死者の王】に関しては、Aエンドルート(いわゆるトゥルーエンド)を狙って進めている場合、終盤のイベント戦で2人と一時的に共闘する場面があり、そちらでもトロフィーを獲得することができます。Bエンドルートの場合は、このイベントが発生しませんので、クリア後のセラフィックゲートで仲間にした時に獲得することができます。


【創造と破壊の神】
ストーリーが始まってすぐのフレイとの会話イベントの後に獲得することができます。
一番最初に獲得するトロフィーになります。


【フレンスブルグの神となる者】【ディパンの王】【ディパンの賢者たち】【アメンティの古き王】【迷宮の主】【天空城の不死者】【ヴィルノアの悪使徒】
本編のダンジョンで戦うボス達の撃破トロフィーです。


【セラフィックゲートの守護者】【超越者】
本編クリア後のダンジョンであるセラフィックゲートで戦う裏ボス達の撃破トロフィーです。
ちなみに、イセリア・クイーンに関しては、倒すたびに報酬を貰うことができ、10回倒すと本作最強の攻撃力を持つ剣が貰えますが、トロフィーを獲得するだけなら、1回撃破するだけでオッケーです。


【アリューゼの遺品】【ベリナスの遺品】【ラウリィの遺品】【ジェイクリーナスの遺品】【那々美の遺品】【夢瑠の遺品】【パドラックの遺品】【メルティーナの遺品】【カシェルの遺品】
仲間になるキャラの内、アリューゼ、ベリナス、ラウリィ、ジェイクリーナス、那々美、夢瑠、パドラック、メルティーナ、カシェルの9名に関しては、加入後に再度同じ街(加入イベントが発生した街)を訪れて、特定のエリアへ行くと、遺品イベントが発生し、遺品(アイテム)を入手することができます。これらの遺品を入手することでそれぞれのトロフィーを獲得することができます。
なお、パドラックのみ例外で、加入イベントはヴィルノアで発生しますが、遺品イベントはカミール村で発生します。


 トロフィーレビューは以上になります。
 コンプ時間は35時間でしたが、久しぶりのプレイでじっくり楽しみながらレベル上げやダンジョン探索を行っていましたので、これでもかなり時間は掛かってるほうかと思います。
 早い方なら10時間~20時間代でのコンプも容易かと思います。

 コンプ難易度としては、冒頭でも少し触れさせていただいたとおり、かなり易しめの設計にされており、攻略サイトを見つつ普通に流しプレイしているだけでも容易にコンプできる程度であると思われるため、☆1.5~2程度が妥当かと思いました。

 最後に、本作の感想としては、発売前はIOS版に近いHDリマスターだろうと予想していましたが、3ヶ月の発売延期を経て、いざ蓋を開けてみると、普通の移植版だったのには驚きと落胆の色を隠せませんでした。
 ただ、私自身大好きな超名作なので、いつかトロフィー付きで配信して欲しいという小さな願いが叶ったのは良かったと思っています。
 なんだかんだ言っても、今プレイしても十分楽しめる作品であることには違いないと思いますので、未プレイの方はこの機会に一度プレイしてみてはいかがでしょうか。



レビュー

コンプ時間
35時間

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

© 2023 プラチナトロフィー