レビュー詳細

811xPxM6yfL._AC_SL1500_
PS5対応タイトル 2022年 11月 08日 561
大将ェ…
(Updated: 2022年 11月 08日)
コンプ難易度 
 
2.0
2020年に発売したMWシリーズの続編。
キャンペーンのストーリーは前作をやっていなくてもそこまで影響ないですが、世界観やキャラクターを前作から引き継いでいるため、先にプレイしている方が楽しめるかと思います。
キャンペーンは相変わらず面白いですが、メニュー画面のUIが過去一で糞。

今作はスペシャルオプス(っぽいもの)が前作から引き続き実装。
プラチナの獲得にはこちらのプレイも必要となります。別にいいんですがオンラインマルチ必須なのがマジでめんどくさかった。
上記仕様に伴い、獲得が困難なトロフィーが一部存在します。

例年通りキャンペーンのベテランクリアと、キャンペーン中の特定行動がトロフィーの大半を占めています。ベテランでは狙いにくいトロフィーもあるため、できれば低難易度での1週を推奨します。
なお今回もマルチプレイヤーのトロフィーはないです。

以下、キャンペーントロフィーの内訳はミッション順に並べなおしています。

※クロコダイル
水面ではなく、水中からキルしないとカウントされないため注意。
「ネッシー」との同時獲得はかなり厳しいため、素直にやり直した方がよいです。

※ネッシー
巡視船に乗っている敵は引きずりおろせないため、投げナイフを素早く2つなげる必要があります。
本船の側を歩いている敵も同様なので、彼らの処理のために敵から銃を奪っておいた方が良いです。

※神出鬼没
1つ目の建物群、2つ目の建物群で狙撃をすべて成功させる。
基本的にプライスの指示に従えば大丈夫。ミスしても何度かプライスが助けてくれます。神かよ。
ただし、2つ目の建物群の狙撃ではヘッドショットでダブルキルしなければならない場面もあるため、狙撃慣れしていないと難しいかも。ほとんどの敵は動かないですが。

なお、天窓から建物への進入時に必ず室内の敵に発見されますが、警報を鳴らされるわけではないため、トロフィーには影響ない様子。

※試運転
意図的に敵の乗り物を多く奪ったのですが、5種類もなさそうなので、
たまに停車して路肩の一般人の乗用車も拝借しないといけなそう。

※乗り捨て厳禁
ルーキー推奨。「試運転」との同時獲得は不可能。
低難易度であれば銃撃程度なら問題ないと思いますが、途中でばら撒かれる地雷には注意が必要。1個踏むだけでも致命的なダメージを受けます。

※ゴーストからの指示
中々厳しい制約。アレハンドロからナイフをもらったら、左の部屋の奥に行くと2回に続く螺旋階段があります。見張りがいますがすぐに離れていくため、階段を上って2つある入口の右に入り、さらにすぐ右の部屋へと入る(クローゼットの中に消音機付きのライフルがある)。

ベランダから屋上へと昇れます。屋上には敵が3人。
ノーキルは正直キツイですが、何とか瓶を投げて切り抜けるしかないです。
左回りに行けば比較的楽かな…

※クソみたいな最期
階段を上った後、「ベランダに敵だ!」という場面で仮設トイレがあります。
左側に敵が入っていますが、放っておくとアレハンドロが倒してしまうため早めに。

※負けず嫌い
↑のすぐ後、アレハンドロが部屋にフラッシュを投げ込むため自分も突撃して、左側にいる2人を倒す。

※デッキに触れるな!
遮蔽物がないためルーキー推奨。グレイブスと一緒に船に突っ込んだ後、座礁したボートの先端から無理やり赤いコンテナに乗っかる。あとは滑るコンテナの上を乗り移って進んでいく。最奥部まで付けば取得です。

※丸腰
非常に敵が多く、かなり難関。できればルーキー推奨。
「怪盗」のトロフィーで開けられる金庫に投げナイフが入っているため、必ず回収しましょう。ナイフ一本で切り抜けるのは厳しいと思います。
なお、同金庫内にクロスボウもありますが、たぶんこれは使うとNGかな…

ナイフを手に入れた後、トンネル前にいる三人組はスモークグレネードを使ってかく乱させた後、全員ナイフキルで切り抜ける。
ゴーストと合流後に銃撃戦になるため、出来ればモロトフなどもいくつか作っておきたいところ。

※用意周到
どうも同じタクティカルでスタン → 3つのリーサルでキルしないといけないような気がします。
催涙フラグ、催涙セムテ、催涙モロトフの3連続キルで取得を確認。
上記、途中でスタングレネードを挟むと取得できませんでした。

※SHILED OF DUTY
「脱獄」で拾えます。ルーキーのほうがやりやすいかも。

※訓練の成果
グレイブスの乗った戦車戦にて、テロリストの的をすべて(33か所)撃つ。
敵が四方八方から湧くため、ベテランでの獲得はほぼ不可能です。

※完全勝利
今作のキャンペーンは今までと比べて特に潜入任務感が強く、もう終わり!?というくらい短いミッションや、まともに撃ち合いのないミッションもあります。

しかしながら逆に撃ち合いのあるミッションの殆どにおいて、今作はボディーアーマーを着た兵士が多く出現します。
さすがに悪名高いジャガーノート程強くは無いですが、ヘッドショット以外はまともにダメージが入らず、複数回ヘッドショットしないと死なないという鬼畜仕様。向こうもそれをいいことに突っ込んでくるため、ベテランでは大きな障害になります。
とりあえず敵を固くするという、難しいというかめんどくさいの最たる例ですね。

ただ、それを除いても過去作ほどの難しさはない…かな?
グレイブス戦がやはりというか運ゲー感あって厳しいですが…
戦車にC4をつけに行くと瞬殺されるため、道にC4を仕掛けて待ち伏せる戦法で撃破しました。

以下、スペシャルオプス関連のトロフィー解説。
可能であれば「潜入開始」以外はフレンドとプレイすべきですね…

※過酷な道のり
☆3クリアの条件は16分以内。自分のクリア時のタイムは15:03でした。

他2つの☆3は比較的余裕がありますが、このミッションのみかなりの難易度です。
比較的スムーズにいっても中々16分台から落とせず。
B地点に行くまでに乗り物を破壊されると厳しい…

A地点でひたすら狙撃を続ける人、ランチャーを取らない人、乗り物に乗らない人、C地点でジャガーノートにケンカを売る人などと当たると取れません。

※潜入開始
本作最大の鬼門。敵に一発でも発砲を許すと即警報が鳴ります。
そのくせ敵が多く、なぜかナイフキル不可。
キャンペーンではあんなに凝ったキルモーションがあるのに…

さらに敵を多く倒すと残った敵が警戒して巡回を始め、C地点にはジャガーノートまで存在。
また、「隠密」は周回が早く☆稼ぎに最適なため、馴れたプレイヤーほどステルスを行いません。
様々な要素が組み合わさった結果、開発の意図と全く異なった状況になっています。

野良での獲得はもちろん、フレンドとのプレイでも獲得は至難の業です。
かなりズルいですが、スタート後フレンドに抜けてもらうことでソロプレイが可能。
野良でもスタート直後に放置していれば、同行者が抜けていきます。
(組んだ人本当にごめんなさい…)

目標物が3か所ありますが、それぞれ取得した瞬間チェックポイントが入ることを利用し、

・敵に見つかってでも、警報が鳴る前に取る → 
・わざと死亡し取得直後のチェックポイントからスタート →
・死亡すると目標物を取った建物付近からは敵が消失するため、その場所では警報を鳴らされなくなる →
・次の地点へ

かなりインチキですが、こうでもしないと正直正攻法での取得は不可能に近いです。
取得タイミングは3か所目の目標物を取った瞬間でした。
(2022/11/4時点での仕様。もしかしたらアップデートで潰されるかもしれません)

※徹底調査
一応20個以上あります。大半は「隠密」内でにあるため、上記「潜入開始」のついでに取得することを推奨。というか強制オンラインプレイなのに収集物配置しないでほしい。

レビュー

コンプ時間
15時間くらい

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

© 2023 プラチナトロフィー