サウンドシェイプ

人気
Updated
 
1.7 (3)
2022   1   1
サウンドシェイプ

製品情報

ジャンル
アクション・ミュージッククリエイター
価格
1,260円
発売日
2014年2月22日
対象年齢
CERO:A 全年齢対象
価格等
(クロスバイ割引価格600円+税)

ユーザーレビュー

3 reviews

評価 (数字が大きいほどよい評価となります)
コンプ難易度
トロフィー獲得に要する難易度
レビュー
コメント
レビューを投稿後、画像をアップロードすることができます。
あと2個足りなかった(煽り)
コンプ難易度 
 
2.0
プレイ予定だったゲームが発売延期祭りで段々少なくなっていったため、一時的にPSNOWに加入しております。
おそらくトロフィーを集めている人であれば、多少はこのゲームを知っているのではないでしょうか。

壁にくっつきつつ、ゴールを目指していくというパタポンなどと似た操作性のゲームですが、
そのトロフィーの内訳はすべてシルバーとゴールドのみ。

更には機種、国内外ですべて別トロフィーかつ、一度自力で取得すればデータのクラウド同期で別verでもトロフィーが取得できてしまうという、世界一のブーストゲーでした。
ただし残念ながらオンラインサービスの終了により、現在は同期ができなくなっているようです。

自分はあまりブーストには興味がありませんでしたが、ラインナップにあるならとプレイ。
正直、ホントにきつかったです。

トロフィーの内訳としては、DEATHモードと、曲作成モードの2に分かれています。
レギュラーのステージをすべてクリアするとDEATHモードが解禁され、制限時間内にランダム配置されるのノーツを既定の数だけ集める必要があります。

この難易度が異常に高い。
まず時間制限は常識の範囲内ではなく、ランダム配置次第で画面の端から端までの移動を強いられるとまず間に合いません。
というか、運よく近場に出たものを拾い集められたとしてもかなりギリギリのことが多いレベル。当然死ぬと個数リセットされてやり直し。0秒台でのクリアもザラにありました。

1ステージにつき10回、特に難易度の高いものだと50回近くのやり直しは覚悟する必要があります。
公式に無理ゲー扱いされているだけあるな…

曲作成モードはyoutubeに回答がすべてアップされているため、それを見れば非常に楽です。
1000円で買えるDLCのトロフィーもすべてこの系統であるため、同期ができなくても十分すぎるブーストゲーではあります。

DEATHモードだけ精神がDEATHしないように気を付けてください。

レビュー

コンプ時間
15時間くらい
鬼畜我慢ゲー
(Updated: 2019年 1月 20日)
コンプ難易度 
 
1.0
デスモードが短時間で再プレイ可能だが、運と技術両方必要で、
特に運要素が大きくて理不尽すぎてストレスマッハだった。

あと期待してたクラウド同期はエラーが出てできなかった。

デスゲームが製作者を呪いたくなるぐらい理不尽だが、
他は攻略動画見ればヌルゲーでトロフィーレベルがプラチナとDLC取る頃には、
1レベル上がってたので、旨味はかなりあったので、星1にします。

それにしてもこのサイトリニューアルしてクソになりましたね。

レビュー

コンプ時間
22時間程度
音ゲー?いえ、デスモードゲーです
セールで安くなっていた事と、トロ厨御用達ということで休日1日使ってサクっと美味しい思いをしようと手を出したのが間違いでした。
確かに一日あればコンプは可能ですが、とにかくイライラするデスモードが全てでした。

制限時間内にランダムに出現するノートを取る、とだけ聞けば普通ですが、出現場所の運に完全に左右される上に
運良くノートを連続で何度も取れる事を前提とした時間設定のバランスに何度か心が折れました。
特に時間がかかったのが、「Thermogenica#2」です。これだけ時間設定が(他も十分おかしいけど)狂ってます。
コツも糞も無く、ただ次のノートが隣に来続けることを祈ってリトライを繰り返すのみ。
このステージだけ祈りが足りなかったのでしょうか、2時間かかってやっとクリアできました。
技術的にも難しいと言われている「Invaderoids」はコツが分かればそれほど難しくはなかったです。
上のノートを取り青い消える足場にジャンプした後に、砲台上か砲台下の支柱のどちらに飛び移るかの判断が出来るようになればクリアはすぐだと思います。

ビートスクールはMIDIを弄っていた経験があったので割とすんなり出来ましたが、DLCの物量もあったので攻略サイト見てカンニングさせて頂きました。
トロコン後はVITAとPS3と同期させて怒涛のトロフィーラッシュ。これがこのゲームの達成感なのかと思うと少々複雑な気持ちになりました。

コンプ時間自体は大したことはないものの、デスモードでシビアな操作が必要な事と、類を見ないレベルの運ゲーという事で★2としました。
製作者に殺意を抱く的な意味でのデスモード?
リズムゲーに見せかけた死にゲーです。
ノーマルモードで「なにこれ簡単じゃね?」と持ち上げてからの理不尽なデスモードでプレーヤーをコーキュートスの川底に叩き落としてきます。
仮にもタイトルにサウンドとまでつけておいて、リズム関係なしの運ゲーを突っ込んでくる製作者の正気を疑いたくなります。

確かに本編、DLCのトロフィーをPS3、PS4、VITAと3倍手に入るトロフィー厨御用達的なタイトルと思うかもしれませんが、プレイ中のストレスを考えると割に合うかは微妙なところです。
10h程度でコンプはしましたが、体感時間的には2~3倍程度かかっている印象でした。
デスモードのアクションゲーム集大成ぶりがすごい
音楽を題材にしたアクションゲームで、キャラクターのファンシーさと裏腹にかなり凝った作りの内容になっています。

通常ステージをクリアすると解禁される、ビートスクールモードとデスモード。
その2種類を全てクリアする事がトロコン条件になっています。

ビートスクールは手当たり次第でも問題なくクリア出来る為にサクサク進められますが、デスモードがかなりきつい。
移動ルートを確立させるのに何回もミスを繰り返さなくてはいけないのでやる気を削がれます。
決してイライラせずに進めましょう。自分は電流鉄骨渡りが特に苦労しました。

マルチプラットフォームでセーブデータの共有が可能ですが、トロフィーのカウントが別なので3倍のトロフィーが獲得出来るブーストゲーです。
ただし、デスモードの難易度を考えると根気が必要。

もうひとつはDLCが非常に美味しい事。マルチプラットフォームなのでカテゴリ1個で15個のトロフィーが獲得できる為に、必死にデスモードやってプラチナトロフィーを獲得するよりも楽にブースト可能です。
デスモードは気合w
タイトル名の通りデスモードは気合で切り抜けましょうw
何度も何度も繰り返せば、あっさりクリアします。
コツとか全くないので、クリアする時はクリアしますので根気良く続けましょう。

サウンドシェイプをクリアする事にPS4,3,vitaのトロフィーが一気に解放されますので、ブーストには完璧です。短時間でプラチナ3つも取れますのでニッコリです( ˘͈ ᵕ ˘͈ )
クリアできなくても泣くなよ^^
psplusで無料だしシルバー多いからやってみっか!

なめてました、精神がやられかける。
攻略が必要だけど5分もかからないビートスクール

そう問題がデスモード。
作った人でも何回かやらないとクリアできない仕様って
下手するとその何回が何十回、何百回となりえます
このモードに関して音とか関係ありません。
リズムに乗ったら障害物で殺されます、リズムに乗らなかったら時間切れで終わります。
お勧めとしては後ろからやっていくことと、何回か試してできなければほかのとこもやることです。

プラチナ目指すだけならストレスマッハ注意
(精神が)デスモード
もう既に攻略情報が確立(と言うほどボリュームがある訳では無いですけど…)されていますが
思った以上に手を焼かされたのでレビューを書かせていただきます。
レビューというか、愚痴(笑)

触れる内容はただ一点、デスモード。これだけ。
最早運ゲーですらない、単なる丁半博打。
自分の近くにノートが現れるか現れないか、ただそれを試される。
ダメだったらどんなに最善を尽くしてもダメ、ある意味潔いとも言える(笑)

また、一部ステージはステージギミック自体がきついものがあるので単純に数十秒生き残ることすらままならなかったりします。
最も結局のところ、回数をこなすしかないんですけどね。

数時間でコンプできますが、人によっては余計に時間がかかるかもしれないのとストレスが本当に溜まるので★2で。
一機種しか持ってない人にはブーストゲーとしてのお勧めは出来ないかなぁ…
ただデスモード以外は愉快な仕掛けがあってとても楽しめました。
特にCitiesは仕掛けもBGMも気に入りましたね^^
このゲームはデスモードから本番
(Updated: 2014年 3月 06日)
トロフィリストのほとんどがデスモードとビートスクールで構成されてますが、攻略のメインはプレイモードでは無くデスモードだけです。
プレイ時間の8割以上をデスモードに費やします。
サクサク進めばすぐ終わるのでは?と思いつつも、20面ほどあるので、かなり時間がかかります。

人によっては「○○のステージが苦手」となるそうですが、個人的にはどれもかなり難しかったため、平均的に10回~20回リトライする感じでした。
途中でアクションが苦手なのにこのゲームを始めたことを後悔しそうにもなりました・・・。
悲しいことにノート出現がランダム(運ゲー)のため、確実な攻略方法もないです。
ただし、ステージごとに必要な立ち回り方があるので、どうゆう動きをすればいいのかは動画を参照してみてもよいと思います。
横スクアクションのはずなのに、ブロック崩しや弾幕ゲーのようなステージもあるので注意です。
(※個人的にこうゆう要素はつらかったです、プレイモードならまだしもデスモードでやるとか)

諦めないでプレイすれば誰でも絶対にクリアできます!
デスモードがほんと余計・・・
(Updated: 2018年 12月 15日)
コンプ難易度 
 
2.0
全てが音で構成されている横スクロール型のアクションゲーム。
ストーリーモードは普通に面白かったです。
ビートスクールモードは1つずつ当てていけばクリア出来ますし、最悪ムービーをカンニングすればおk
問題はデスモード。

これ何なんでしょうね・・・。
完全な運ゲーです。
ステージによっては最小限の動きが要求される所もありますが、基本的に運次第でクリアできるかが決まります。
なので、初回~数回でクリアできる場合もあれば、数十回~数百回リトライする場合もあります。。。

心が折れない事が、プラチナ取得の最大条件だと言っても過言ではないかと(´ε`;)

レビュー

コンプ時間
8時間

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

© 2021 プラチナトロフィー