ドライバー:サンフランシスコ

Updated
 
3.0 (1)
162   1   1
ドライバー:サンフランシスコ

製品情報

ジャンル
カーアクション
販売
価格
7,329円
発売日
2011年11月10日
対象年齢
CERO:B 12才以上対象

 

ユーザーレビュー

1 reviews

コンプ難易度 
 
3.0  (1)
評価 (数字が大きいほどよい評価となります)
コンプ難易度
トロフィー獲得に要する難易度
レビュー
コメント
You will be able to upload media right after you submit your review.
作業感たっぷり
(Updated: 2013年 6月 03日)
サンフランシスコの町並みを再現した広大なオープンワールド形式のレースゲームです。この手のジャンルにありがちな、収集物あり、サブミッションありの、よくあるトロフィー構成となっています。
ただしオンライン項目がやや多めなので協力者を予め見つけておくことをお勧めします。

【オフライン】
実時間はそれほどでもないものの、同じようなミッションを大量にこなさねばならず、作業感はかなり強くなっています。
ミッションの難易度は後半にいくほどやや難しく、一般車両の大量に走る公道を高速で走り抜ける技術が要求されます。この手のレースゲームに慣れていない方は要注意です。
収集物に関してはスキルによってマップ全域をカバーできるようになるので、問題なく集まるでしょう。
『大浪費家』の為に5,000,000WP以上稼がねばなりませんが、最後は余裕でお金が余るのでこれも稼ぎプレイなど考えずOKです。普通に全ミッション終える頃には貯まります。

【オンライン】
発売当初から過疎っており、野良で挑戦される場合4人必要なチームバトルが鬼門になるでしょう。
辛うじてシングルレースやタグなどには人がいる感じですので、一緒になったプレイヤーに声を掛けて勧誘するか、メンバーを最初から見つけて談合するしかありません。
メンバーを確保できればさほど時間を掛けずにコンプリートできると思います。

総合評価☆3としましたが、一般公道系のレースが苦手な方、オンラインでのメンバー集めができない方は☆4くらいに思ってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。