BIOHAZARD 6(SIEGE)

Updated
 
3.0 (1)
252   1   0
BIOHAZARD 6(SIEGE)

製品情報

ジャンル
サバイバルホラー
価格
400円
発売日
2013年3月5日
対象年齢
CERO:D 17才以上対象

ユーザーレビュー

1 reviews

評価 (数字が大きいほどよい評価となります)
コンプ難易度
トロフィー獲得に要する難易度
レビュー
コメント
You will be able to upload media right after you submit your review.
とにかく時間かかります
(Updated: 2015年 2月 25日)
私の場合、談合するフレが一人いれば十分でした。PS3が2台あり、それぞれソフトとDLC課金が済んでいます。
2人で取れるトロフィーなら時間はかかるものの取れました。
まともに野良でやるなら半年以上かかると思います。
[リベンジ・フロム・ザ・グレイヴ]
[リアルサバイバーズ]
この2種類は3人いないとできないので談合協力者を集いました。

また今回は取得に時間のかかる3種類のトロフィー獲得寸前セーブデータをご用意しました。
内容は
SURVIVORS
エージェントを倒した回数 99
SIEGE
エージェントを倒した回数 99
BSAAを倒した回数 99
各条件を一回満たせばトロフィー獲得。
セーブデータ↓

アカウントID書き換えられる人向けです。元データのバックアップを必ず取り、トロフィー取得したいときのみこのデータをお使いください。
正直オンラインでは人が少ないのでシージのトロフィー取得は半分あきらめてる人が多いようですが、
これで[スタンディングオベーション]、[ジェノサイド]、[アンストッパブルヴィランズ]の3つは幾分か楽に取れるので今一度挑戦してみてはいかがでしょうか。
T
過疎っているため非常に難しいです
談合する場合、難易度は★3つ。談合なしでは★5つです。
過疎っており部屋検索してもほとんどでてきません(悲) ですので、フレンドと協力してとるのが望ましいです。
談合する場合は、作業があるので忍耐力が必要です。

[エースボディガード]
採掘場で、敵がBSAAのいる足場に登ってこないようにエージェント側が援護します。私は、これで運よく取れました。

[ヒーローズ&クリーチャーズ]
10回勝てばいいので談合で楽に取れます

[アサシン]
ヒーローズ&クリーチャーズと同上

[アンストッパブルヴィランズ]
これは、BSAAを100回以上倒さなければならないです。作業が大変です。しかも、AIのクリーチャーでトドメをさしてもカウントされず自分の操作しているクリーチャーでトドメをささないとカウントされません。場所は、地下鉄 車両基地で行いました。まず、エージェントがはしごの上にいるBSAAを援護しつつ残り時間が少なくなってきたところでプレイヤーが操作するジュアヴォで攻撃をし続け、倒す・・・の繰り返し作業となりました。はやくBSAAにトドメをさしてしまうと2ndプレイヤーの残り時間が少なくなってしまいBSAAを倒せなくなってしまいます。1プレイにつき1回しか倒せないので取得に時間がかかりました。

[ジェノサイド]
プレイヤーが操作しているエージェントとクリチャーをそれぞれ100回以上倒すですが、クリーチャーに関しては苦労してプレイヤーが操作している敵を倒さなくても大丈夫です。AIのクリチャーを倒してもカウントされます。問題なのはエージェントを100回以上倒すです。残り時間やBSAAが倒されるまでに何回エージェントを倒せるかがポイントです。場所は同上です。デフォルトヘレナを選択し、はしごを登るジュアヴォをハンドガンや手榴弾で倒しBSAAを安全な状態にしてから2ndプレイヤーがクリチャーでヘレナに攻撃をし続け倒します。ヘレナには受けるダメージが大きくなるラストスタンドのスキルを装備すると効率よく倒せます。それから、ヘレナを倒した後にリスポーン地点に素早く移動してすかさず攻撃することではやく倒せます。リスポーン地点を把握しておくといいでしょう。

フレンドさんと協力してシージのトロフィーをコンプして100%になりました。フレンドさんに感謝です。
果てしない作業との戦い。とにかく時間がかかります。
(Updated: 2016年 4月 28日)
フレンドと協力して☆3です。
野良での取得を目指した場合、2013年10月現在、コンプの難易度は☆5に匹敵するでしょう(※追記。2016年4月現在、PS4版が発売された影響もあり、もはやPS3版の野良相手にこのトロフィーをコンプするのは99%不可能・絶望的となっています)。
現在、SIEGEは思いっきり過疎っており、RE.NETのSIEGEイベントが開催されてる期間であってもほとんど人がいない状態です。それでなくても、「ジェノサイド」と「アンストッパブルヴィランズ」は両方とも100人撃破が条件となっていますので、現在野良で取得を目指すなら途方もないぐらいに長い時間が必要です(運良く対戦を開始できても、勝たないとカウントされない為)。
フレンドと協力しても非常に時間がかかるのですから、これが野良だと考えるだけで気が遠くなります。

【ジェノサイド】
クリーチャー撃退数はNPC含めての数なので、普通にプレイしていれば全く問題ありません。
エージェント撃退数ですが、私は上手なフレンドと車両基地で協力して遊びました。
使用キャラはお互いノーマルのヘレナです。
装備スキルは、両者とも必ず「ラストスタンド」にして下さい。そうする事によって、クリーチャー側の攻撃2回でエージェント側をダイイングにする事が可能です。
フレンドと試行錯誤した結果、以下の手順により、1回の対戦で各クリーチャー側のエージェントキル数を約5回ほどに安定させる事ができました(最高で9回キルできたこともありました)。

手順としては、エージェント側がまずハシゴの下に移動します。そして襲ってくるNPCクリーチャー群の第一波がハシゴを登る前に、手榴弾でまとめて倒します(相方クリーチャーを誤爆させないように注意)。この第一波を排除しておくことで、BSAAへの最初の被ダメージを大幅に減らすことができるので、そのあとのエージェント討伐の時間をかなり稼ぐことができます。第一波殲滅後に、すかさずクリーチャー側でエージェント側を1回殺害。
この1回目の殺害後、クリーチャー側はすぐに車両後部のエリアへダッシュで向かいましょう。エージェント側は、高い確率で車両後部にリスポーンされるからです。ポイントとしては、クリーチャー側がエージェント側のリスポーンされる地点を把握し、待ち伏せする形でリスポーンと同時にエージェントに攻撃を仕掛けられる状況がベストです。まれにリスポーン地点が異なる場合もありますが、確立はかなり低いです。
上記のような効率の良い手順を踏まないと、1回の対戦でのエージェントキル数が1~2回程度しか稼げず、余計な時間を費やすことになります。いち早くパターンを確立させるのが時間短縮のコツです。
私のフレンドは幸いにもゲームが上手で、状況把握への理解も迅速な方でしたので、2時間弱でジェノサイドのトロフィーを取得できました。

【アンストッパブルヴィランズ】
これも車両基地で、ジェノサイドの時と同じフレンドと協力して取得しました。
いろんなステージを試しましたが、車両基地が一番BSAAを安定して倒しやすいと思います。ゾンビよりジュアヴォのほうが操作が楽なので、ゾンビステージは避けたほうが良いです。
最初のクリーチャー側があんまり早くBSAAを倒してしまうと、2回目のクリーチャー側の制限時間が短くなってしまうので、最初のクリーチャー側は1分ほど時間が経過してからBSAAを狩るようにしましょう(その間、エージェント側はNPCクリーチャーを狩る事に専念する事。ハシゴを登ってくる敵は、ハンドガンで撃ち落とします)。
1回の対戦でBSAAは1回しか狩ることができないので、このトロフィー取得には膨大な時間を費やすことになります。

【アサシン】 【ヒーロー&クリーチャーズ】
この二つは、ジェノサイドかアンストッパブルヴィランズ挑戦中に自然と取得できるので問題ありません。

【エースボディガード】
2回目のプレイ時に狙うのが良いと思います。
1回目のプレイヤーがどれだけ早くBSAAを狩れるかが重要です。ここでBSAAを早く狩れば狩るほど、2回目のプレイヤーの制限時間が短くなるので成功確率が上がります。30秒ぐらいの制限時間で開始させるのがベストですね。

《まとめ》
面倒で時間のかかるトロフィーばかりですが、人数は二人いれば理論上はコンプ可能です。「理論上」と言う理由は、単調で同じ作業を何時間も二人だけでひたすら続ける事になりますので、お互いに強い理解を持ったプレイヤー同士でないと最後まで完結できない可能性もあります。
いずれにしても辛い作業に耐えうる強い精神力が大事だと思います。
いつからバイオは作業ゲーになったんだろう
(Updated: 2013年 8月 06日)
まず、野良では数ヶ月かかると思われるトロフィー
フレと2人で談合をおすすめします。

イドニアでひたすらジェイクEX1で地雷自殺→クリーチャーでBASSとプレイヤー撃破を繰り返しました。
カタコンベは事故率とプレイヤーとBSAAを同時に針で刺した場合の当たり判定が微妙で、プレイヤーを倒したことにはならず逆に時間がかかったためイドニアでやりました。
それでもイドニアでは10回に1回は事故っていたため難しいです。カタコンベは驚愕の3回に1回は事故。

最初の試行錯誤も含め合計120回プレイでアンスト、ジェノサイドゲット
クリーチャーキルはプレイヤーの操作しているクリーチャーを10体くらいしか倒してません。NPCだけで大丈夫なようです。

先行クリーチャー側は最速ではなく安定のタイムでBSAAを倒し、後攻側に余裕を持たせると事故が減るので結果的にコンプ時間の短縮になります。イドニアで先行47秒が安定でした。

プレイ中相手のVCが聞こえないのは本当につらいですね。

しかしながらサバイバーの100体×2の談合に比べると頭を使いながらやるので作業間は少ないです。サバイバー談合も同じくらいの時間がかかりましたがこっちの方が疲労感は少なかったです。

4つともバイオ5のバーサスの失敗から何も学んでいない残念なDLCでしたね。
Can't be serious!!
(Updated: 2019年 1月 24日)
コンプ難易度 
 
3.0
※談合を用いてこの難易度です。全て野良なら最低でも☆4になります。

BIOHAZARD6 追加コンテンツの一つ。
ざっといえばバイオ6の仕様に変更したバイオ5のオフラインco-op。
5のDESPERATE ESCAPEを経験した人は、ラストの屋上のシチュエーション下でエージェントハントをやるようなものと思ってくれればいい。

それではトロフィーについて。
今回の5つのトロフィーは、今まで配信された3つの追加モードの、特に面倒くさいものを集めており、コンプに時間がかかるものとなっている。
・ジェノサイド
英訳では「Defeat 100 player-controlled agents and 100 player-controlled creatures.」と書かれているため、エージェントと「プレイヤーが操作している」クリーチャーを100ずつ倒す必要があると思われるが、詳細は不明。
もしプレイヤー操作のクリーチャーのみカウントする場合、レコードでのクリーチャー撃破数は、プレイヤーが操作していないものも含んでいるため注意。
とはいえ、クリーチャーは適当にやってもそれなりに数を稼げるので、それほど意識する必要はない。
エージェント、クリーチャー共に100倒す必要があるが、幸い、どちらもゲーム終了まで無限に復活するので、対人戦の腕次第で、難易度が変化するトロフィーといえる。

・アンストッパブルヴィランズ
最難関。
その理由は、エージェントやクリーチャーと違い、倒すチャンスは1戦につき1回きりで、100戦以上のプレイが必須であるため。
しかも、自分でトドメをささなければカウントされないので、ただNPCを倒すだけではダメ。
一番最後に残るトロフィーは、ほぼ間違いなくこれだろう。
NPCはほとんど発砲してこないので、動かない限りはやりたい放題出来るのが唯一の救いか。
談合の場合、最低でも((人数)×100)/2回やる必要があるため、極力少人数の方が負担が少ない。

・アサシン
談合なら事故に注意。あと、ダイナマイトで即死のため採掘場で狙うのはおすすめしない。
野良の場合、無闇に攻めず、残り体力20%を目安に攻めていくとやりやすいだろう。

・ヒーローズ&クリーチャーズ
ONSLAUGHTの「カーネイジブリンガー」とは違い、単に10勝するだけ。
先述のトロフィーを考えると、勝率1割なくてもいいので非常に楽。

・エースボディガード
後攻の時に狙うとやりやすい。
先攻側のNPCを出来るだけ早く倒すことで、守る時間をそのときの殺害時間まで縮めることが出来る。
意識して狙わずとも、コンプするまでには取れる。放置で無傷の時もあった位なので。

以上、作業を極めたトロフィーで、コンプ時間もほか3つと比べて段違いに長い。
談合でも150戦以上やったので、終わりの見えない単純作業に耐えられるかどうかで難易度が変わってくる。
そのため、☆3とするが、野良でプレイする事を想定すれば、その何倍もの数のプレイを強いられる。
SURVIVORの5連勝のような実力だけでどうにもならないものはないので、野良は☆4を想定するが、余程の根気がなければコンプは不可能だろう。

レビュー

コンプ時間
7h30m程

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。