レビュー詳細

DLC 2015年 1月 24日 260
お手。
(Updated: 2019年 1月 24日)
コンプ難易度 
 
2.0
MGRのDLC第3弾で、体験版ボスとしても登場したウルフを主人公に置いた前日譚。本編、サム編クリア後、続けてプレイしました。
トロフィーの難所は「狼の矜持」、「荒神の眷属」の2つですが、本編や他のDLCと比べると苦戦する要素は少ないです。
・狼の矜持
どのボスよりも弱いのでREVENGEANCEでも取れなくはないですが、動きが速くなっていることとシノギカウンターが狙いにくくダメージを稼ぎにくいことからHARDで取るのが一番楽です。
HARDならヒートナイフ、赤燐グレネード、電磁グレネードの3つを所持限界まで持っていれば
ヒートナイフフルヒット(本体に当たればなおよし)→シノギからのステルスアタック→グレネードで動きの止まっている間に強攻撃コンボ(これをグレネード所持分)
の流れでラストアタック圏内まで強引に持って行くことも可能です。

・荒神の眷属
サム編同様6分台の動画がありましたのでそれを参考にしました。
タイミングがシビアだったり、アイテムを使わないとステルスキル出来ない局面も多々ありますが、その気になれば戦闘は全スルー可能です。
月光やグラートをまともに相手取るようなことにならなければ遅くてもゲーム内タイム15分以内のクリアが可能です。

トロフィーのコンプ難易度としては、他のトロフィーを取り終えている場合は苦戦する要素はないですが、ゲーム自体の難易度を考慮して☆2に。
雷電やサムと比べプレイヤーのスペックが低く、戦闘では苦戦する事が多いため、操作に慣れていない場合は☆3になるかも、といった程度です。

レビュー

コンプ時間
4h弱

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。