DJMAX TECHNIKA TUNE

Updated
 
3.3 (3)
695   1   0
DJMAX TECHNIKA TUNE

製品情報

ジャンル
DJシミュレーション
価格
6,090円
発売日
2012年9月27日
対象年齢
CERO:B 12才以上対象
価格等
限定版:8,190円 DL版:5,300円

 

ユーザーレビュー

3 reviews

コンプ難易度 
 
3.3  (3)
評価 (数字が大きいほどよい評価となります)
コンプ難易度
トロフィー獲得に要する難易度
レビュー
コメント
You will be able to upload media right after you submit your review.
いつものDJMAXと違う!
まず、コンプ時間を無視してください。
毎日ちょこちょこやっているから、具体的にどれぐらいプレイしたのかもわかりません。
ただし、言えるのは、このゲームが好きじゃない人のトロフィー目当ての行為はやめて下さい。1000回プレイは本当に半端じゃありません。
また、レベル99はCLUBモードを中心にやらないと、1000回以上のプレイになっちゃうかもしれません。
ゲーム自体は結構面白かったんですが、ネットランキング、スコアの計算方法など、ちょっと不合理と不親切なところがあって、次作はもっとメーカーに頑張って欲しいですね。
コンプまでにVitaに数十万回タッチするゲーム
(Updated: 2012年 11月 18日)
音ゲー自体はビーマニなど色々やっていますが、テクニカは初プレイです。
DJMAXシリーズ自体はPSPやPC版オンライン版で多少プレイ経験があります。

ほぼ全てタッチ操作という特殊な音ゲーなため慣れるまでが多少苦労しました。
オプションで背面タッチ操作をオフにすることもできますが、難易度が跳ね上がるのでおすすめしません。
Vita用のグリップがあるとかなりプレイしやすくなり捗ります。(というか自分にはもう必須でした)
ゲーム自体の難易度設定は一部トロフィー取得時以外は基本的にずっとイージーでOKです。
ハードにするとHPゲージ減少が激しくなる代わりに、スコアが多くなるだけです。
そもそもスコアの計算式がLv99の時にスコア倍率が一番高くなるという仕様なので、それ以前にハードでプレイしてもほぼ無駄になります。
殆どの人はLv99=プラチナ取得なのでトロフィー的には無意味ですが。ネットランキングなど頑張りたい方はコンプ後にやることになります。
スキルが必要なトロフィーはレベルが上がり装備が整うほど楽になるので、
初期はとにかくStarやpopの譜面を埋めていくことに専念しましょう。
全曲プレイ可能になるLv50あたりからチャレンジするといいと思います。

・Grand Master of TUNE
・TUNE Lover
1000曲プレイは想像する以上にはるかに手間でした。
600曲こなしたあたりでLV99と1000曲以外のトロフィーは全て取り終わっていたのでモチベ維持が大変でした。
ゲームに慣れたらそれなりに高レベル曲を選ぶようにしないと、1000曲プレイした時点でLv99に届かない可能性があるので注意。自分は950曲の時点でLv99になりました。
とにかく曲数カウントだけを増やしたいなら「A Song of Sixpence」「Emblem」あたりが1分半未満の短さなのでお勧めです。
ちなみに経験値取得計算にバグがあるのか、時々異様に取得量が多くなることがあります。
自分はLv97→99に一気に飛んでしまいました。

・TUNE Conqueror
Clubは常に左3曲、右3曲の組み合わせで順に選んでいけば全パターン逃すことはないと思います。
Club最後のDark Abyssセットの大ボスのRenovationはかなりぶっ飛んだ難しさですが、
難易度イージー、HPアップアイテムで固めれば死なずに耐え切るのはそれほど難しくはないです。

・MAX Chain
レベルが上がり高性能なAnti Breakが装備できるほど楽になります。
これにチャレンジし始めるとフリーで難曲の練習ができなくなるので注意。
ちなみにロングノート中にフィーバーしているとコンボが増えるので常に意識すると効率よく稼げます。
おすすめは「Hello Pinky」のPOP譜面、かなり簡単な上に720combo前後稼げます。
もしコンボを切った場合は素直にめくって終了させましょう。
リトライするとコンボはリセットされます。

・In Da Club
Clubで4曲通して98%以上でS+、最初は無理ゲーだと思いました。
基本的にPopping likeで狙うことになると思います。
組み合わせとしては
First Kiss→Trip→Shining My Boy→Heart Beat Part.2
EGG→Trip→Shining My Boy→Cosmic Fantastic Lovesong
でしょうか。
Heart Beat Part.2が苦手だったのでボスをリズムに乗りやすいCosmic Fantastic Lovesongにして達成しました。
どんな組み合わせでもTripとShining My Boyはとにかく稼ぎなのでこの2曲で99%以上取れるようにすると他の曲をカバーできます。
自分の達成時は下の組み合わせで97.2、99.7、99.2、97.1の98.3%でした。

・Twinkle Twinkle
Starで総合100%でS++、こちらは1曲ごとにリトライ可能なためハードルは低いです。
低レベル曲にこだわらずリズムに乗りやすい曲のほうが100%は取りやすかったりします。
Lupin→You should get over me→End of the Moonlightで達成しました。

その他細かいトロフィーはなどはトロWikiに詳しく書いてあります。


コンプを目指すには音ゲーなので個人のスキルに依るところもかなりあると思います。
1000曲プレイする間に、スキルが必要なトロフィーを取れるぐらいの実力が鍛えられます。
しかし音ゲー苦手な人はどれだけ練習しても詰んでしまう可能性もあるかもしれません。

他に作業的な面で1000曲プレイというのは音ゲーを他のことをしながらポチポチというわけにはいかずそれなりの時間集中してプレイする必要があります。

スキル★3.5、作業★4
総合★4とします。

慣れるまで多少苦労しますが、音ゲー好きな人には楽しめると思うので是非チャレンジして欲しいです。
1000回プレイが大変
(Updated: 2012年 11月 07日)
スキル的に難しいはStarでS++やPop、ClubでS+。
時間がかかるのは1000回プレイとDJ LEVEL 99に達することです。


・「Star Mixing」でS++
 S++を取るには3曲ともすべてノーミスで100%を出さないといけません。
 しかし3曲通してノンストップでやる必要はなく、
 2曲目でミスってもリトライすればまた2曲目の始めから挑戦できます。

・「Club Mixing」でS+
 このゲームでは一番難しいトロフィー、これをクリアすれば後は消化試合みたいなものです。
 S+を取るには4曲の平均が98%以上でクリアしないといけません。
 私はPopping likeセットのTrip、FirstKiss、shining my boyの組み合わせで挑戦しました。
 ボス曲はHeart Beat Part.2おそらくこれが一番簡単と思います。
 まずは一度クリアし、後は上達するまでフリースタイルで練習しました。
 練習してTrip、shining my boyは平均して99.5%くらいは出せるようになり、
 FirstKissは97~98%くらい、Heart Beatは96%程度でした。
 3曲の中ではFirstKissが下手だったのでこの曲を先頭にし、うまくいけたら次へいくようにしました。
 
・全曲のすべてのパターンをクリア
 Club Mixingは選曲の組み合わせによって2パターンのボス曲があります。
 とりあえず左3曲、右3曲でやっていけば2パターンクリアできます。
 後でどっちをクリアしたか分からないのでクリア時のスクリーンショットを撮っておくといいでしょう。
 Club Mixingの後半のセットはなかなか難しいですがクリアさえすればいいのでHP+とRECOVER+を装備しておき、
 きつくなったら前面はシュシュシュっとこすり、背面は連打しておけば大丈夫です。

・99999 Combo 達成
 これは時間がかかりますが1000回クリアまでには終わります。
 アンチブレイクの装備をつけてひたすらプレイします。
 どの曲が一番効率がいいかはわかりませんが、私はshining my boyのClub版をひたすらプレイしました。
 もしうっかりしてコンボを途切れさせてしまったときは、VitaのPSボタンをおしてゲームを終了させれば大丈夫です。

・1000回プレイとDJ LEVEL 99
 あまり難易度の低い曲ばかりだと1000回プレイの間に99レベルに届かないので適度な難易度の曲を選ぶといいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。