ENDER LILIES: Quietus of the Knights

Updated
 
1.5 (2)
722   1   1
ENDER

製品情報

ジャンル
2DアクションRPG
価格
2,480円
発売日
2021/7/21

ユーザーレビュー

2 reviews

コンプ難易度 
 
1.5  (2)
評価 (数字が大きいほどよい評価となります)
コンプ難易度
トロフィー獲得に要する難易度
レビュー
コメント
レビューを投稿後、画像をアップロードすることができます。
タイトル(ENDER LILIES)の意味
コンプ難易度 
 
1.0
Steamでのアーリーが始まってからずっと、PS4/PS5版を心待ちにしていた高難易度2DアクションRPG(メトロイドヴァニア)。
期待していた以上の作品で、待っていた甲斐がありました!(´;ω;`)
スキルが多種多様ある為、個々人で最適解を見つける楽しみもあります。

トロフィーの時限要素はないですが、スキル強化だけは注意しないといけないです。(スキル強化に使う残滓の数が限られている為。一応ドロップがあるので足りない分の補完はできますが、現実的ではないかと…)
--------------------
◆浄化~真実
  ⇒ストーリーを進めれば取得。
◆浄化の灯火~救世主
  ⇒全26種類ある穢れの魂を浄化する。
◆穢れの禁忌~深淵、秘匿された力
  ⇒穢れの魂を5体最大強化すればいいので、ちゃんと探索していれば自然と達成できます。
◆秘密
  ⇒黒衣の騎士を最大強化するには、専用の『古き魂の残滓』が必要です。
   それぞれカタコンペ(屍山)、処刑場跡地、地下研究室四層にあります。
◆残されたもの~コレクター
  ⇒レリックを全て入手する為には、Cエンディングを見る必要があります。
   Cエンディング後にデータロードして、最後のレストポイントに行くと、最後のレリックが落ちています。
◆お守りの修復、集束、引き継ぐもの
  ⇒それぞれ、『お守りのかけら、原石』『白巫女』『魔導の鎖』を全て入手(発見)する必要があります。
◆フリーティアの想い~秘密の開示
  ⇒全てのTipsを入手する必要があります。(全70種)
◆這い寄る穢れ~果ての巫女
  ⇒特に稼ぎなしで88ぐらいでしたね。
   なので、ラスボスと戦う前に少し稼いで100まで上げました。
  ※『血染めのリボン』と『穢れを帯びた刃物』を装備した状態で、『地下研究室三層のレストポイント⇒右のエリア(肉塊さんと魚メイン)⇒下のエリア(肉塊さんと魚メイン)⇒メニューからレストポイントへ戻る⇒以降繰り返し』で稼ぎましたが、そこまで時間はかかりませんでした。
◆旅の始まり~思い出の地、到達
  ⇒特に意識しなくても大丈夫だと思います。(順当に行けば、最後のレストポイント?ラスボス戦?で取得)
◆慈愛、旅の終わり、暁の祈り
  ⇒それぞれ、Aエンディング、Bエンディング、Cエンディングを見れば取得。(果ての泉で浄化する、宝具を未装備でラスボスを倒す、宝具を装備した状態でラスボスを倒す)
◆突き抜ける巫女、落下する巫女
  ⇒特に意識しなくても大丈夫だと思います。
◆新生
  ⇒7つある『石板の書の欠片』を全て集め、『輝く護りの宝具』を入手する必要がありますが、Cエンディングを見る条件にもなっているので、その過程で取得できます。
--------------------

トロコン難易度としては、☆1~2ぐらいですかね。
個人的にアクションゲー大好きなので、☆1にしています。

Cエンディング良かったです!(´;ω;`)うぅ…
周回引継ぎはないですが、単純に楽しいので、暫くしたらまたやりたいと思います(*^^*)
アクション性ヨシ!スピード感ヨシ!難易度ヨシ!音楽ヨシ!主人公(リリィ)可愛いヨシ!久々のメトロイドヴァニア楽しいヨシ!リリィ可愛い!!

レビュー

コンプ時間
22:55:45
穢れし魂は1人の白巫女の下に
(Updated: 2021年 8月 06日)
コンプ難易度 
 
2.0
switchやsteamから遅れてPS4でも発売した、2Dのメトロイドヴァニア。

ブラッドボーンのようにスピード感があり、穢れの魂(武器)の種類も豊富。
組み合わせ次第で様々な戦術が展開できます。

さらにこの手のゲームには珍しくデスペナルティが一切存在せず、
難易度は(ソウルライク比較で)やや低めです。

各地に点在する、穢れの魂、お守り、レリック、魔導の鎖、TIPSと収集要素は多いですが、
時限要素は一切なく、取り逃しているアイテムがある場合は全体マップで分かると、かなりの新設設計。

初訪時に行けない場所、取れないものが非常に多いため、
まずは思うがままにストーリーを進めてしまってOK。

ラスト1個前のボス、異端者ファーデンを仲間にしてようやくすべてのエリアを踏破できるようになります。
ただ、お守りや魔導の鎖はHPやレリックの装備枠が上がるため、可能な範囲で集めておきたいところ。

また、エンディングが3つに分かれていますが、時限要素はありません。

エンディングA → マップ東端にある果ての地にたどり着く。
エンディングB → 穢れの王を倒す
エンディングC →ゲーム開始地点にある扉をファーデンに開けてもらい、石板を7つ集めて出来る「輝く護りの宝具」のレリックを装備し、穢れの王を倒す。

宝具を作成した後でも装備せずに穢れの王を倒せば、エンディングBとなるため、
こちらも時限要素にはなりません。

発売日にダウンロード後、夢中でプレイしてしまうくらいには面白かったです。
メトロイドヴァニア入門としても自信を持ってお勧めできる良作です。

レビュー

コンプ時間
15時間

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

© 2021 プラチナトロフィー