NINJA GAIDEN 3(コンプリートパック②)

人気
Updated
 
5.0 (1)
1141   1   0
NINJA GAIDEN 3(コンプリートパック②)

製品情報

ジャンル
アクション
価格
1,200円
発売日
4/19
対象年齢
CERO:D 17才以上対象

 

ユーザーレビュー

1 reviews

評価 (数字が大きいほどよい評価となります)
コンプ難易度
トロフィー獲得に要する難易度
レビュー
コメント
レビューを投稿後、画像をアップロードすることができます。
よくもこんなキ××イ試練を!
(Updated: 2019年 1月 24日)
コンプ難易度 
 
5.0
NINJAGAIDEN3 DLC第2弾。
第1弾でも言ったが、高い。高すぎる。それで、内容が充実しているか、と言えば、確かに充実していた。
満足度のボリュームではなく、敵のボリュームが。

今回のDLCでは、前作「NINJAGAIDEN2」系列のボスが登場し、目立った変更点があるのは、エリザベート、アレクセイの2人。
・エリザベート
一部突進の削りダメージがなくなり、また地上での回避が甘くなった。しかし、攻撃の苛烈さは相変わらず。弱体化してなお、強敵として君臨する存在。
・アレクセイ
地上での回避を異常強化。まともにダメージを与えられない。
刀だと捌きによるカウンターや地道な攻撃、鎌だと威力任せの方法しかまともな攻略法がない。
このゲームとは外れた話になるし、スパロボ他をやったことがないので分かりませんが、グリリバ補正って緑川さんが声の担当から外れた後でもかかるものなのでしょうか?

以下トロフィーについて。
・死神(「CLAN BATTLE」で大鎌を装備し、100人倒す)
これは爪と同様。クランバトルにいけば取れる。

・悟り(「コンプリートパック②」でプレイできる「NINJA TRIALS」の全試練をクリア)
正直に一言、スタッフは頭がおかしい。
特に超忍15はテストプレイをやったのか?と言える狂いっぷり。
第2波のヴォルフは護衛のせいで安定して次に進めず、最後は一人がアレクセイとゴリラ2匹との鬼ごっこ。勿論、リトライこそありますが、失敗すれば最初からです。
人によっては、極み4,5の方が簡単に感じる狂気のミッションであり、クリアを手伝ってくれた人は、超忍15が最後までクリアできずに残っていたようです。
ここをクリア出来れば極み5はクリア出来たも同然でしょうが、安定しないためこのミッションはそう簡単にクリアできるものではない。
ある意味では、前作や今作のプラチナ以上に、獲得したことを誇れるトロフィーです。

難易度は表記こそ☆5ですが、そんなもの軽く超えます。
10段階にしても最大にいくのでは?という鬼畜っぷり。甘めに評価しても、☆7-8相当。常人には不可能です。
また、早いうちにやらないと、前作と違い、協力者がどんどんいなくなっている模様。一回あたりでプレイヤー自身の体力をかなり消耗するので、あまり長い時間付き合ってくれないこともそのひとつ。
私も、超忍15は二度とやりたくありません。

レビュー

コンプ時間
50h程? 超忍15のみで30hはやった記憶あり。
たまらん
(Updated: 2012年 5月 27日)
すべて野良でやったが、とにかく過疎具合がひどい!
しかも上手い人間同士でどんどん抜けていくためあとになればなるほどつらかった。
例えばaとbやっていて、最終的にaとbがペアでそのステージをクリアしてしまう。ようはつま弾きにあう

超忍15だが、ホストをする場合は刀か爪が望ましいため鎌持ちが入ってくれないとだめだし、ゲスト側ならゼドニアスを速攻で倒せる鎌ではいらないとならない暗黙のルールみたいなのが存在する。
人が少なく顔馴染みのやつみたいになり、コイツはできる、コイツはできないって風にもなり本当に悪循環がおこり、できないって思われると本当に痛い。

最終的には超忍15の部屋が同時に3つとかできていた。ちなみに極みの5もそうなっているため初めが本当に肝心にな気がするため最低限やれる練習はしてから入った方がよい。しかし練習するのも意外に厄介で例えばゼドニアスの練習がしたかったとして超忍の11か14の部屋を作ったとしてもなかなか来ないときもあるし、ボスゾーンまでいけなかったり、結局上忍のステージを一人でやるハメになるがカメラが自動追尾なので100%は練習できない。
トレーニングの部屋を雑魚キャラからボスまで設定ができたら本当によかったと思う。

もちろん良心的な人もいるため一概にダメだって事はないので。

相当難しい。その2。
(Updated: 2012年 5月 15日)
DLC第2弾。

先に配信された分より更に難しくなっている。
理由はボスキャラが「NinjaGaidenΣ2」に登場した敵である故。
違いと云えばこれくらい。

プレイしていて感じたのは今更ながら「ゲームなんか幾らでも難しく出来る」と言う事。

最も悪いパターンだ。

つまり敵を雑魚であれボスであれただやたらに増やすだけ。

そこには何の工夫も無い。

最難関の「超忍15」は未だクリア者が全世界で私も含め実質18人ほど。

理由は色々あるだろうが「超忍15」に限らず中ボス以上に対しては「ノーミス」「ノーダメ」「パターン化」。

これがほぼ完璧に出来ないとクリアは困難。

それでも尚、一発からの事故死はある。

マッチングの悪さも問題。

全て野良で行けるが過疎化も始まっている。(元々、DLCをやっている人は少ないが)

とにかく本編にも書いたがリプレイ動画での研究と練習。これに尽きる。

因みにどのミッションでもサイズが有効だ。まあ、これもリプレイ動画を視れば良し。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

© 2024 プラチナトロフィー