レビュー詳細

RPG・SRPG 2016年 2月 19日 3699
ゲームの安定プレイではPS4向け ゲームの内容はVITA向け
コンプ難易度 
 
1.0
PS4版にてプレイ

安売りで購入後に積みゲーしていたのでプレイ
特に期待も無く、予想も超えない作品でした。
良くも悪くも昔ながらの王道RPGゲームです。
セーブポイントが特殊でオートセーブも無いので
ダンジョン前後などは必ず忘れずセーブしましょう
トロフィーに必要数が多い刹那システムと昇華は
序盤から狙って会得するのが吉です。


気になったトロフィー


・大海を制する者

終盤で発生するサブイベントです。
トロフィー取得条件は探査船に乗るだけです。
直後にボス戦が発生しますが、戦闘は不要です。
強敵ですので、素材に興味なければ戦闘は無視で
ゲームリセットや負けてゲームオーバーでも可能
他のトロフィーにも影響ないので戦闘無視が無難


・変革する波動 ジェネシスの法石を入手した

・聖なる祈り ホーリーの法石を入手した

・天壌無窮の光 ギアラスタの法石を入手した

・挺身の慈愛 リベリオンの法石を入手した

・崩壊を呼ぶ力 ドゥームの法石を入手した

・王家の誇り エクリプスの法石を入手した

・存在の証明 ドラグナロクの法石を入手した

サブイベントでキャラ固有の法石を入手する
入手できれば強力な法石となるのですが、
取得には強敵との戦闘で勝利する必要があります。

特にヨミの法石リベリオンは強敵とのタイマンです
敵の攻撃力・防御力・行動速度が超強力で三重苦
ヨミのHP半分程度削る攻撃をヨミの約1.6倍速で
容赦なく襲ってきます。普通の戦闘方法では
回復しながらジリ貧での対戦になるでしょう
この敵に超有効なのが法石魔法のカウンターです。
戦闘開始後1ターン目にカウンターの構えをする
その後は自ターンになっても何も押さず放置する
それだけで敵の攻撃を受けずノーダメで勝てます。
もはや戦闘と言えませんが、チート能力の敵相手に
放置で勝てるのはかなりありがたいです。


・世界を識る者

法石に蝕まれた魔物全15種を倒す必要がある。
戦闘した敵は雪世界の記憶にて確認可能です。
注意点としては戦闘を離脱した場合も記録され
15種埋まってもトロフィーが取れない場合は
敵のドロップリスト取得アイテムが載っていない
場合はまだ倒せてませんので確認しましょう。


・全てを破壊する者

・語り継がれる伝説

ラスボスの完全体と裏ボスを撃破する
ボスは即死級の攻撃を放ち、HPが非常に高いです。
戦闘スタイルは人それぞれあるでしょうが、
基本的に1人生きていればゾンビプレイできます。
私は主人公・セツナ・ヨミのパーティでした。
主人公は攻撃・セツナは回復・ヨミは全滅防止要員
MPの回復にはヨミのディフュズでエーテルを全体化
このスタイルで行きました。戦闘はかなり長丁場に
なりますが、強攻撃1発での全滅は防げるので
安定して戦えます。クリア時はレベル60程度
戦闘前に武器の最大強化と回復用のミドルエーテル
大量ストックは最低限準備したい所です。
ちなみにボスの魔法と物理の無効化効果は
スタートボタンでボスのステータス確認すると
現在有効なのか確認できるので攻撃のタイミングが
わからない場合はステータスを確認しましょう。


・悟りの叡智

・刹那の神業

特に狙わずにも取れるかと思いますが、狙うなら
法石のクレアボヤントが有効です。
刹那で敵にトドメを刺すと全属性のキルが可能
作成素材は終盤のボスのドロップアイテムですが、
作成後は素材アイテムの入手が効率的になります。
終盤の金策にも有効です。
たまに不発になります。理由は分からずのまま



・天地を統べる者

今作最大の鬼門トロフィーです。
鬼門と言っても最終的に作業が必要になる程度
おそらく、昇華を意識して取得して行っても
全クリまでには200回行かないと思います。
昇華取得のみを狙ったマラソンが必要です。
私がやった方法はモルの森のペンギィと対戦
昇華効果がまだ付いていないケアルやオーラ
などの回復系をひたすら刹那で発動させる
昇華率上昇の法器を装備して効率をアップ
8回程度繰り返せば昇華枠上限の10個取得
昇華の選択項目では全てOFFで戦闘終了
昇華未装着でも取得カウントは貯まります。
昇華枠の空きがある法石を用意するより効率的です。


・法石を極めし者

上記の方法を応用可能です。昇華は最大10枠
ただ、おそらく同じ昇華付与は4つまでが上限です。
4つ埋まったら昇華効果付与が違う法器に付け替える
3回繰り返すと1つの法石に10枠簡単に埋まります。



総評と感想

PS4版は安定してプレイできますが不満な点も多数
本編は難なくクリアできますが、トロフィー集めでは
ゲームの不便な部分が露呈してストレスも多いです。
まず基本セーブが大陸マップのみという不便さ
オートセーブも無いので忘れてると随分と戻されたり
個人的にメニュー項目が非常に見にくかったです。
無駄に柄があるため文字が読みにくくアイテム整頓も
しているのに戦闘中はアイテム順がバラバラだったり
私は序盤の説明をロクに聞かずにプレイしていました。
そのため刹那システムを一切理解していなく、
プレイ中にゲーム内でセツナシステム調べてもろくに
書いて無く刹那無しで殴る脳筋プレイでした。
本編終了後に攻略サイトでようやく発動法を知りました。
攻撃モーション中に□ボタン押すだけなんですね・・・。
そのせいで刹那発動系と昇華発生系のトロフィー取得には
かなりのマラソンを強いられました。

本編では戦闘による敗北のリスクを抑えたかったため
高経験値を取得できるキラリン・シンバルンバの討伐
マラソンしました。TV見ながらの作業で1~2時間程度
やればレベル急上昇で物理攻撃のみでも本編は難なく
クリア可能できました。
終盤の同行キャラのジュリオンやフィデスとはレベル差が
10以上あるという状況になりました。

終盤のサブイベントのボスは本編ボスとは別格の存在です。
やはり脳筋の物理攻撃ゴリ押しだけでは押し通せず。
強効果の法石用の素材集め作業が必須でした。
素材ドロップはクレアボヤントがあれば難なくできますが
攻略サイト使用しても敵を見つける事がかなり手間でした
飛行船使ってもマップ移動が面倒ですし場所覚えにくい

不満たらたらですが、トロフィーコンプは簡単です。
本編のクリアまでに10時間とレベリングで数時間程度
その後のサブイベなどの本編外の回収に10時間程度
合計でプレイ時間は25時間程度でしょうか。

ゲームの難しさも特に無くコマンドRPGなので誰でも
トロフィーコンプは可能でしょう。
ですので、トロフィーコンプ取得難易度は☆1です。

レビュー

コンプ時間
25

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

© 2021 プラチナトロフィー