レビュー詳細

アドベンチャー 2018年 1月 29日 126
物語は"ココ"から始まる
(Updated: 2019年 4月 16日)
コンプ難易度 
 
1.0
トロフィーはEDと劇中イベントの回収、CG、音楽、ムービー100%でコンプできます。既読100%など面倒なものはありません。2周目以降は未読の選択肢をすすんで選ぶことで、苦も無くトロコンできると思われます。
ルート分岐が判りやすいこと、既読スキップが高性能なことを鑑みて、トロコン難易度は★1とさせて頂きます。

トロフィー数も少ないので、個別にコメントします。
【「――この劇は、私の一生の宝物」】【「心から、愛しています」】【天使の導き】
ワカバルート、アンジェリナルート、ココルートの各EDを迎えた際に取得できます。ただしココルートのみ、他ルートクリア後に開放されます。

【ひとつの終わり】【聖歌隊】【人形劇】
クロハネ編(物語中で挟まれる過去編)と、劇中イベントの読了時に取得できます。どのルートでも必ず挿入されると思われます。

【過去から未来へ】【想いの軌跡】
ココルートでのみ開放される、クロハネ編の結末と、ED後のvita版追加シナリオ読了時に取得できます。追加シナリオはED後に自動で始まるので、気を付けなくても大丈夫です。

【Graphicコンプリート】【Musicコンプリート】【Movieコンプリート】
1周目はアンジェリナスタートに固定されているので、2周目はワカバスタート、3周目はココスタートを選んで回収が必要です。

最後に、本作の製作に関わられたすべての方に感謝を。
群像劇的構成・CG・音楽が高レベルでマッチし、終始絵本を読んでいるような雰囲気で没入させてくれました。多視点構成で面白い作品は沢山ありますが、こと雰囲気作りで上回るものはないと思います。
(本作のシナリオが弱いということではありませんよ。ココルートのレインの告白→お墓参り→Memories are hereの流れは胸が一杯になりました)
もとは約10年前のPCゲームということで、今回の移植によって知られたことは幸運でした。今後も上質な作品はどんどん移植して、触れられる機会を作っていただけると嬉しいです。

レビュー

コンプ時間
約30時間

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。