Dragon Age: Origins

Updated
 
2.2 (6)
405   1   0
Dragon Age: Origins

製品情報

ジャンル
RPG
開発
価格
8,190円
発売日
2011年1月27日
対象年齢
CERO:D 17才以上対象

 

ユーザーレビュー

6 reviews

5 stars
 
(0)
4 stars
 
(0)
3 stars
 
(0)
2 stars
 
(0)
1 star
 
(0)
コンプ難易度 
 
2.2  (6)
評価 (数字が大きいほどよい評価となります)
コンプ難易度
トロフィー獲得に要する難易度
レビュー
コメント
You will be able to upload media right after you submit your review.
序盤にDLCのソルジャーピークをクリアすべし
(Updated: 2013年 1月 30日)
廉価版が発売され、廉価版ではない方が中古価格1000円で
売ってたので購入。期待せずにプレイしてたんですが
システムを理解したりストーリーを進める事で
かなり面白いであることにゲームと気付き、
最後まで楽しめてプレイできました。


トロフィとして難しいものは一切ありません。
皆さんが書かれているように分岐するトロフィがあります。
「サークル・タワー」「聖灰の骨壷」「ブレシリアンの森」「オーズマー」
この4つのクエストについては分岐トロフィがあるため、
分岐する前にセーブしておくと効率がいいでしょう。
エンディングで関わるロゲインとアリスターを選ぶ諸侯会議の前でも
事前セーブを取っておくと楽。
ただしブレシリアンの森クエストについては会話スキルが3以上求められるため
スキルを取得してからクエストを進めてください。

本編に関してはノーマルの難易度でも少し手ごたえがありますが
難易度を下げてもトロフィには一切関係が無いため、もし難しいと感じたのであれば
下げても良いかと。

「完璧主義者」でエンディング4種類を見ないといけないと書かれていますが
私はロゲイン犠牲、主人公犠牲、モリガンの儀式使用の3種類でなぜか取得。
他の方でも似たような報告があるためバグがあるかと思われます。
気長に
とにかく面白い、ストーリーが、あのダーク感が人間臭さが、最高に面白い
戦闘はFF12に近い
実は最初はアクションゲームか何かだと思ってました。
最初はやってしまったかなーwと思ってましたがやってるうちに世界観に引き込まれました。
すごくいいゲームです。
トロフィーは簡単です
みんなよく喋るゲーム
通常版をプレイ。(今ならベスト版オススメです)
豊富なコーデックスや、主人公のとる選択肢によって様々に変化するNPCとの会話を楽しむゲームです。戦闘はよく言われているようにFF12と似ています。やや不親切なインターフェイスに最初は戸惑うかもしれませんが、慣れてきてこちらの思惑通りに戦闘が進むようになると楽しいです。あと、メニュー画面が重いので、装備や作戦を度々変更することが面倒に感じてしまうかもしれません。

要所要所でセーブを残しておくと1周+αでコンプできます。
主人公のスキルはまず話術を上げておくといいです。
(『雄弁者』『恫喝』をとるためと、「獣の性質」でウェアウルフの味方となるためにもLv3の話術が必要)
職業は何でもいいと思いますが、一通りやってみてローグの弓が一番扱いやすかったかと思います。ローグなら操作キャラを一々変更せず鍵を開けられ、また、『強打者』のトロフィーも必殺の矢で簡単に解除可能です。

ロマンス関連のトロフィーが一番面倒でした。
ギフトを片っ端から適当に投入してしまい、足りなくなって世界中を探し回るハメになりました。キャラごとに好感度の上がりやすいギフトとそうでないギフトがあるので、効率よく渡していけば問題ありません。(ベスト版では無限にギフトが買えるらしいのでその心配はない?)
レリアナとのロマンスはフラグが複雑なので注意。要wiki

エンディングですが、私は
1、ロゲインが犠牲になって『究極の犠牲』を獲得
 その後、決戦時のデータをロードして
2、モリガンの儀式を受け入れてボスを倒し、『闇の契約』を獲得 同時に『完璧主義者』獲得
と、2回のプレイですみました。
wikiなどではアリスターや主人公の犠牲も必要とあるので、条件はよく分かりませんが、参考までに。

難易度ですが、運が絡む要素もなく、難易度調整も可能で詰まることもありませんが、ストーリーの分岐やロマンス関連などはwikiが必要で面倒くさいことも多いので、星2つが妥当かと思います。
攻略見る見ないで難易度変わると思う
(Updated: 2012年 4月 27日)
ゲーム自体は普通にクリア出来る内容なんだけど
とにかくトロフィー獲る為の分岐点みたいなのが
多数存在してるので 間違えるとまたやり直しみたいな
感じになるのでセーブは多数取ることをお勧め
難しいトロフィーは すべて立ち寄るやつとロマンス関係くらいで
すべてのエンディングは女の儀式でクリアして
あとはクリアデータをセーブロード繰り返すと獲得

ゲームは面白かったけどコンプは難儀しました
慣れるまでが長い
(Updated: 2012年 2月 09日)
慣れるといってもスキルは全く必要ありません。
ロードやフリーズ、オートセーブでの一時停止がやたらと多い。それにさえ慣れれば内容自体はいいので頑張って下さい。
ちなみにおれはトロフィー取得率30%超えたあたりから楽しくなりました。
それまでは作業でしたが;

トロはwikiを確認して分岐をきちんと回収すれば問題ないかと。初見だとwikiをみててもどこが分岐点なのかよく分からないかと思うので、こまめにセーブ推奨。
ロマンス関連は男キャラならモリガン、女ならアリスターだけは一周目でオトしておくと後々楽かと。

個人的には残念なゲームでした。スイマセン><;
どっぷりと世界観に浸れる,本流RPG
本格的なRPGゲームでした。世界観は中世ヨーロッパ、剣と魔法、ドラゴン、
正義と悪、人間とアンデットというド真ん中でした。内容は濃いので、なか
なか楽しめます。

プラチナ効率重視なら、会話選択での分岐が大きく影響するので、事前に
wikiでよく確しておいて、セーブを小まめにすることが大切。同梱の「レリ
アナの歌」「アムガラックのゴーレム」は未達成でもコンプ可能。
最短なら1周+αで可能。一周目は、会話のレベルアップを意識して、分岐
前のセーブをミスらず一周する。冒頭ストーリー、ロマンス、レベル20が
必要となる。ロマンスは2周目で性別を変える必要が生じる。レベル20は
「アムガラックのゴーレム」を残りのキャラで始めれば、最初から20レベ
ルでスタートなので即取得。

自分の場合は、ストーリーにのめり込んで、分岐前のセーブを忘れてしまい、
2週目でコンプ。最短なら40時間台は可能。
サブクエストが沢山あるので、じっくりと楽しみたい一品。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。