Tales of ARISE

人気
Updated
 
2.0 (2)
2228   1   1
81aX8iRCNfS._AC_SL1500_

製品情報

ジャンル
心の黎明を告げるRPG
発売日
2021/9/9
対象年齢
CERO:C 15才以上対象
価格等
ディスク:7980円+税
ダウンロード:8,778円

ユーザーレビュー

2 reviews

コンプ難易度 
 
2.0  (2)
評価 (数字が大きいほどよい評価となります)
コンプ難易度
トロフィー獲得に要する難易度
レビュー
コメント
レビューを投稿後、画像をアップロードすることができます。
プロモーションと演出の妙
(Updated: 2022年 7月 04日)
コンプ難易度 
 
2.0
◆オススメの攻略リンク

A.トロフィー概要:こつこつトロフィーコンプ
http://kotsukotsutrophycomp.blog.jp/archives/2021-09-25-1079499305.html

B.総合:テイルズオブアライズ攻略 表裏一体
https://omoteura.com/tales-of-arise/

C.クリア後Lv稼ぎ(ネタバレ注意)
https://youtu.be/jH4FYl86SY4

D.修練場×最上級×集団戦攻略

キサラ編
https://youtu.be/UnxTEYBCyWk

リンウェル編
https://youtu.be/IMDrLlpgfho

◇攻略サイトに沿えば、特に詰まることなくトロコンできるかと思います。
多くのトロフィーはストーリークリアの過程で自然に取得できるでしょう。

『本編クリア→異界+修練場最上級+釣り制覇→サブクエ「追憶機械」をクリア』
の流れがスムーズかと思います。

◆要注目トロフィーと注意点◆

【アームズマニア:武器を100種類作成する】
【ジュエリークラフトマン:アクセサリを30個作成する】

お金の節約のために、作成する武器はその時点で最強のものだけに絞りましょう。
100種作成の作業は最終盤で問題ありません。
Bの攻略サイトにおすすめの武器と作成すべきタイミングが記載されています。

アクセサリ作成もスキルの移植と厳選(ランク5)が可能になる終盤までは後回し。装備するのは拾い物でOK。

アクセサリ作成方法と鉱石マラソンルート
https://youtu.be/ZHsaelY6TYc

オススメのキャラごとのアクセサリの紹介
https://youtu.be/A7hp9Ln_fp8

【強さの頂:レベルが100に到達する】

Aのサイトにも解説がありますが、裏ダンジョンのラスボス(Lv95)を繰り返し撃破するのがお手軽。
ハッピーボトルを使用して連戦ボーナスを5まで上げてから挑めば効率が上がります。
簡単な攻略方法は上記Cの動画を参照。

【精鋭部隊:修練場で集団戦の最上級をクリアする】

Lvを95以上を目安に挑めば容易に撃破可能。
簡単な攻略方法は上記Dの動画を参照。

【ゴッドアングラー:すべての種類の魚を釣って、釣り親父に釣り手帳を見せる】

釣りは性能の良い竿が手に入るクリア後(修練場の個人戦・最上級クリア報酬。推奨Lv60)にまとめて進めるとスムーズです。
釣った魚は金策としても有用なので、稼ぎとして用いる場合はこの限りではありません。

【過去を超えし者:サブクエスト「追憶機械」をクリアした。】

連戦&複数人を同時に相手にする最難関クエスト。
Lvを100まで上げ、床ペロを繰り返す味方に貯めこんだ貴重な回復アイテムを湯水のごとく消費すればクリアはできるはず。
リンウェル操作を推奨。二段ジャンプ後の空中技「氷牢」で被弾のリスクを減らしつつダメージを稼ぎましょう。

◆Tips

・各種回復アイテムは高額で終盤まで気軽に購入できません。アイテムはボス戦まで温存しましょう。
※無理に金策をしなくても、サブクエクリアの報酬で道中に必要なお金は十分確保できます。トロコンにはサブクエ全制覇が必須となるので、消化作業は無駄にはなりません。

・有用な固有技の多くが自傷(HP消費)系である主人公は、サブメンバーに回して戦闘不能のリスクを回避してピンポイント活用するのがおすすめ。リンウェルを操作し「エアスラスト」「雷陣」「氷牢」のみでザコ・ボス戦共に圧倒できます。

・ダンジョン攻略中は常に食事によるバフ効果を維持しましょう。食材には余裕があり、補充も容易です。

・獲得経験値には強いレベル補正があります。自身のレベル以下の敵と戦う利点はないので、無駄な戦闘は避けましょう。

・修練場は難しく感じたら後回しでOK。レベルが上がってから挑めば容易にクリアできるはず。
※個人戦・上級のアーティファクト「鬼面獣の頭蓋(与えるダメージと受けるダメージが100%増加する。)」は早めに入手すれば攻略の時短につながります。

◆総評

収集系の必要数には幾分かの余裕があり、時限や難易度依存系トロフィーも存在しないためトロコンは容易。
クリア時間は難易度ノーマル&スキップ無しで放置時間も含めたもの。
執筆時点のプラチナ取得率13.1%
トロコン難易度はボリュームを加味して☆2。

有料DLCは購入すれば攻略が楽にはなると思いますが、それ前提でバランス調整がなされている程ではありません(ハードは異なりますが「真・女神転生V」に近い印象)。
無料アップデートで 難易度「イージエスト」「アンノウン」も追加。
一部で不評だったキャンプ中のDLCアピールもアプデで非表示となり、ストレスを感じずにプレイできました。


◆感想

シナリオ、グラフィック、BGM、膨大なテキスト量等、多くのリソースを注いで作られたことが随所で感じられます。
秀逸なUIとナビ、細かなファストトラベルポイント、どこでも可能なセーブ機能と、サクサク遊べる導線づくりも好印象。
快適なプレイ環境と丁寧な仕上がりでラグジュアリーなゲーム体験が享受できます。
ブランドを継承し育て、次の世代に引き継ごうとする制作側の熱意が伝わる作品となっています。

起用されている『Hello, Again 〜昔からある場所〜』は言わずと知れた90年代の名曲ですが、ギターサウンドの強いイメージの原曲を"音の情報量"を減らしたバラードとしてカバーすることでモダナイズし、上手く機能しています。
テイルズシリーズはアーティストとのコラボ曲が有名ですが、世界で第2位の音楽市場規模を持つ日本ならではのマーケティング手法として伸びしろがあり、その成功例として他のゲームにも波及することを期待しています。
※余談ですがJUJUもこの曲を同じアプローチでカバーしており、高い歌唱力で魅せる曲となっているのでぜひご一聴を。

◆おまけ(クリア後の閲覧を推奨)

発売後だからこそ語れる「テイルズ オブ アライズ」の開発秘話を富澤祐介氏、玉置絢氏に聞く
https://www.gamer.ne.jp/news/202203120002/

レビュー

コンプ時間
70h
フルルは癒し
コンプ難易度 
 
2.0
トロフィーwikiのリンク先攻略サイトを参照。
絆は、ゲーム起動中での1時間ごとに絆イベントが発生する。
時限ではないがこまめにやっておかないと後々大変。

フクロウ ゲームエイトに画像付きで掲載されている。
釣り   キサラ個人戦最上級クリアで得られる竿があると楽。魚ごとに決ま   ったルアーを使うこと。場所は釣り親父に言われた場所を洗うとよい。

レシピ  トロコンの過程で30種類集まる。
武器100種作成 ほとんどの武器を作成する必要がある。金策はレナ兵士を周回して換金素材を集める方法がある。私は、サブクエストやいらないものを売ってやりくりして届いた。一度武器を入手すれば売っても良いが、武器が必要となるものもあるので要確認。

アクセサリ 30個作成なので簡単につくれるものを30回作りロードする。
称号 400は多いと思ったが、これもトロコンの過程で取得可能である。
   使わないキャラはポイントが低いスキルから取得するとよい。

100ヒット 硬い敵をとにかくコンボ繋げる。遠距離で術を使ってもらうとヒット数が簡単に稼げる。
10000ダメージ 意識しなくともとれる。

カウンターレイド100回 修練場の個人戦で稼ぐのも良い。普通にプレイしていてとれるレベルである。

レベル100 エンディング後→ギガントモンスターを全部倒す→異界訪問者を順序にクリアしていく。ハッピーボトルのボーナス推奨。最後はクロノス繰り返し倒していく。アーティファクトの銀の鎧と金の鎧を取得後。早期購入特典持っている人なら、フルーツサンドを使用推奨。

追憶機械 オレンジグミとパイングミを買えるだけ買い、ごり押し可能。
集団戦最上級 キサラ自操作でひたすらガードイグニッション。シオンリンウェルテュオハリムで星隷術で攻撃回復蘇生をしてもらう。なおこの戦い方はあらゆる敵に通用する。アルフェンは控えでブーストアタックが優秀である。

アーティファクト サブクエストフクロウ集めの過程で終わる。
牧場 こまめにやっておいたほうが良い。
スキット 320あるうちの300である。野営で見逃したスキットは回想可能であり、他トロコンの過程で自然に取得していた。

個人的にテイルズの中でもトロコン難易度はトップクラスに易しいと思った。
1周でよい。難易度は最低難度固定でもよい。水増し作業も強いられない。
効率よくできるオールスキップなら☆1と感じる人もいるかもしれない。
しかし、ここは私の所感で評価させていただく。かかった時間作業量が少ない。時限要素がない。これらを鑑みて☆1.8程度と即ち☆2表記とする。

5年ぶりのマザーシップタイトルであるが待った甲斐があった。
これからの作品に期待をしていいのだろうか。

レビュー

コンプ時間
67時間

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

© 2022 プラチナトロフィー