レビュー詳細

RPG・SRPG 2016年 2月 12日 9405
PS3初期の傑作SRPG
コンプ難易度 
 
2.0
PS3で発売された名作SRPG『戦場のヴァルキュリア』のリマスター版。
旧版はトロフィー機能が実装される前の作品だったので、今作で初めてトロフィーが付いたことになります。
その代わりではないですが、この作品にはゲーム内実績の「勲章」というシステムがあり、今作ではそれがそのままトロフィーとなっているので、旧版をやったことある人は分かりやすいのではないかと思います。
トロフィーの取得タイミングも勲章を受け取った時であり、ゲームをある程度進めないとこのシステムは解放されないので、条件を満たしたのにトロフィーが取れない=バグではないので注意。


・殊烈青銅槍盾勲章~殊烈黄金槍盾勲章
敵撃破数1000体を超えると貰える勲章。これはプレイスタイルによって稼ぎがいるかどうかが異なってくると思います。
1周目からオーダーをガチガチにかけて短時間クリアで突っ走るような人は2周しても数が足りなくなると思いますが、可能な限り敵を倒しながらじっくりやる人なら2周目終了時点で1000体超えているはず。
もし作業することになっても、敵が多めな遊撃戦を難易度イージーあたりで適当に回してればそのうち達成できるかと。

・折れた角勲章
ポテンシャルは目覚めさせたいキャラで何体か敵を倒した後、開発メニューの城前大通りに行けばOK。
特定のキャラを死亡or瀕死にさせないと加入してこないキャラが2名いるので、それらのキャラ狙いでいけば自然と達成できると思います。
↓の勲章とは両立できないため、なるべく1周目で取ってしまいたいところ。
勲章はセーブしないとデータに残りませんが、キャラを死亡させたくない人はトロフィー取得後に前のデータをロードすればOK。

・絆の翼メダル
人物総覧のページを全て埋めると獲得。2段目はポテンシャル全解放、3段目は2段目が埋まった状態でゲームをクリアすることで埋まります。
ちなみに↑のトロフィーを取るために死亡させたキャラも2周目では復活しますし、特定キャラの瀕死or死亡が加入フラグとなっているキャラも1周目で出していれば2周目は無条件加入となります。
他に2周目にならないと加入してこないキャラもいるので、いろいろ作業をするなら2周目にやった方がいいと思います。

・優秀指揮官勲章
オーダーは各章で墓地にいる老人に教えてもらえますが、教えてもらえるかどうかがランダムなため、確実に習得したい場合は章の終わりでセーブを残しておくこと。

・優秀武装兵団勲章
武器の入手方法は開発、鹵獲、褒章の3つ。開発は金があればできますし、鹵獲もストーリーや断章のミッションでエースを倒すだけなので難しくはないです。
褒章武器はストーリーの10章以降のストーリーミッションをクリアした後で貰えますが、ランダムなので欲しいものがある場合は謁見の間に入る前にセーブを忘れずに。
ちなみに章ごとで何が貰えるかは大まかに決まっていて、スコアに応じて1回で2~3種類ほど貰えますが、それぞれ枠が4種類ずつあるのでコンプするには2周する必要があります。

・優秀機甲兵団勲章
戦車装備は主に開発で入手になりますが、エース戦車を倒すと手に入る鹵獲パーツが3種類あるので取り忘れに注意。
エーデルワイスの最後の車体強化3種類はどれか1つしか装備できず、別のものを装備するごとに追加費用がかかってしまいますが、トロフィー取得のためには3つとも1度は作っておく必要があります。 

・ガリア戦線記完成記念メダル
「断章~誰がための宿命~」のみ2周目を進めないと開放されないため、トロフィーが取れるのは2周目の13章以降。
ちなみにこの断章の内容は後半のストーリーのネタバレを含んでいるので、2周目以降でしか見れない仕様にしたのは納得というか(笑)

・ロイヤル・ランドグリーズ勲章
ストーリー、断章、遊撃戦闘(イージー、ノーマル、ハードの各難易度)全てをSランククリアすることでトロフィー取得。1周目では遊撃戦闘以外1度しかチャレンジできないため、まずはランク気にせず1周自由にプレイしてみましょう。
これで大体要領は把握できるはず。
2周目からはイベント部分を飛ばしてミッションだけプレイできるようになりますし、何度も挑戦できるようになるので焦らずやっていきましょう。
攻略法としては1周目からSランクを狙う場合はセーブ&ロード必須でかなり詰将棋的な感じになってしまうものの、2周目以降ならアリシアなどの強力なユニットにオーダーをガンガンかけて敵陣に突っ込ませられるようになるのである程度楽になります。
それでも8章前半や16章のように勝利条件が特殊なもの、11章、15章、終章のようにアリシア一人で無双できるような難易度ではないミッションもあるのが面白いところ。
まあどのみち2周必須なので、こだわりがなければ2周目にじっくりやった方がいいのではないかと。
PS3版のDLC扱いだったハードEXという高難易度モードもありますが、これはプレイする必要がないのが救い。
もしこれもトロフィー条件に入ってたとしたら相当な難易度になったと思います。



数あるSRPGの中でも特にシステムが独特すぎて慣れないと非常に難しい作品。故にハマる人も多いのですが、まずはこの戦闘システムの面白さに気付けるかがポイント。
私はシリーズファンなので最新作の4まで全作やり込んでいますが、原点であるこの作品こそやっぱりシンプルかつ奥深さがあって面白いなと思います。

トロコン難度についてはPS3時代にプレイ済みだったこともあって個人的にそこまで苦労しなかったので★2にしましたが、そもそもゲーム自体の難易度が決して低いとは言えないので、人によっては★3でもおかしくはない気がします。
PS3時代の詳しい攻略サイトがいくつか残っていますし、ゲーム内容が変わってない以上それらも普通に使えるので、見ながらプレイすればある程度はスムーズに進められるかなと思います。

レビュー

コンプ時間
59時間

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

© 2022 プラチナトロフィー