レビュー詳細

RPG・SRPG 2014年 7月 18日 1990
二人のシャリー
コンプ難易度 
 
2.0
シリーズはPS3版のアーランド3作、黄昏2作プレイ済みです。

フリーズは一度もありませんでした。
戦闘中にロッテの箒のグラフィックが消えるバグはありましたが、ゲーム進行に影響はないです。

前作と同様、主人公は二人です。
また、使用したアイテムが拠点に戻ると補充される仕様も引き継いでいます。

一方で、日数の制約がなくなり、いつでも変更できる難易度選択が実装され
前作よりも自由かつ簡単にストーリーを進められます。
エンディングの分岐も少なくなったので、フラグ管理が楽になりました。

各主人公で専用エンディングがあるため、コンプには2周必須です。
トゥルーEDの条件を考慮に入れると、1周目シャリステラ→2周目シャルロッテでプレイすると効率がいいです。
ちなみに、難易度はトロフィーに影響ありません。

シリーズ恒例のスイング強化は、街の人と50回会話すると発生するライフタスクをクリアすれば取得できます。
会話内容が同じだとカウントされないので、章が変わったタイミングで忘れずに会話しておきましょう。

トロフィーにはあまり関係ありませんが、ワールドマップのイベントや銀竜などの強敵は
調合と通常戦闘なら10回、スイング撃破なら5回行うと発生 or 復活します。

以下、トロフィーの簡単な解説です。

「二人のシャリー」
トゥルーED。2周目以降でないと見られません。
条件に"相方の錬金術士の友好度100"とありますが、ストーリーを進めていけば勝手に100になります。

「戦いは任せろ」
1周目で獲得しました。
無料DLCを導入し、難易度ノーホープで追加マップのボスを倒すと効率がいいです。
平均Lv.60程度から2回倒したところで、Lv.99になりました。
ただ、最高難易度だと戦闘が長引くので、回避特化の防具と強力な攻撃アイテムは必須です。
これらは全て、参考サイトにある攻略Wikiを見れば作成できます。必要な潜力は、銀竜で集めるのがおすすめです。

「これで一人前! 」
1周目で獲得しました。
ブラザーコールを何度も作ればOKです。

日数がなくなったので、素材集めや調合、戦闘がいくらでもできるようになりましたが
シリーズ経験者にとっては少し物足りなく感じると思います。

日数廃止と難易度選択の実装により、前作よりもゲーム自体の難易度は簡単になっていますが
戦闘Lv.99のために必要なアイテム作成と潜力集めに時間がかかったので、難易度は★2とします。

レビュー

コンプ時間
60~65時間程度

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。