モンスターハンターワールド:アイスボーン

人気
Updated
 
3.7 (9)
7737   1   0
81D7m0enPtL._SL1500_

製品情報

ジャンル
ハンティングアクション
発売日
2019年9月6日
対象年齢
CERO:C 15才以上対象
価格等
マスターエディション(パッケージ):6,990円(税抜)/7,549円(税込)
マスターエディション(ダウンロード):6,472円(税抜)/6,990円(税込)
マスターエディション デジタルデラックス:7,398円(税抜)/7,990円(税込)
マスターエディション コレクターズパッケージ:16,990円(税抜)/18,349円(税込)
拡張コンテンツのみ(ダウンロード):4,444円(税抜)/4,800円(税込)
拡張コンテンツのみ(ダウンロードカード):4,800円

ユーザーレビュー

9 reviews

5 stars
 
(0)
 
(6)
 
(3)
2 stars
 
(0)
1 star
 
(0)
コンプ難易度 
 
3.7  (9)
評価 (数字が大きいほどよい評価となります)
コンプ難易度
トロフィー獲得に要する難易度
レビュー
コメント
You will be able to upload media right after you submit your review.
新大陸の星になる覚悟が試されている
コンプ難易度 
 
4.0
※この投稿内容はワールドのプラチナ取得済みから開始しています※
6月のセールで購入 約一ヵ月プレイしてようやく終わりました。
実装されたアルバトリオンも一通り終わったので書くにはちょうどいいと思ったので書いていきます。
MHW:IBは、人気作品であり攻略本や解析情報が出ていますので調べもので困る事はありません。
問題はそれらを知っていても運や確率に振り回されることがプラチナ獲得までの道のりを遠くしています。
なので100時間や200時間では収まらない長時間の戦いになる事を始めに書かせていただきます。

全体の30%くらいのトロフィーはストーリーをクリアまでやれば自然に埋まっています。
既に多くの事は他の方が書かれているように説明不要な部分が多いですが、
取得率の低い物だけ解説したいと思います。


【蒐集家の極み】超レア 2.2% 全てのオタカラを入手した
オトモダチレベルを6以上にすると各部族とぶつぶつ交換が可能となり、オタカラ情報を得る事ができるようになります。
・古代樹の森   10個
・大蟻塚の荒地  10個
・陸珊瑚の台地  10個
・瘴気の谷    10個
・龍結晶の地   10個
・渡りの凍て地  10個
計60個あるので、自力でやってもいいですが…攻略を見ながらやるといいと思います。
効率のいい方法は特にないですが
回復薬、生命の粉塵、こんがり肉、アステラジャーキーや交換で稀に貰える部族アイテムなどで好感度を上げやすくするといいです。
1回のクエストでは3回までしか交換できないのですが、オタカラ情報が出たら即片づけ、
残りの回数が残っていればすぐに発生することもあるので効率を狙う場合はやってみてください。
好感度なのか確率なのか…まぁこれも運絡みです。
希少生物や観察記録などと並行してやればそこそこ効率も上がるでしょう。


【一流の観察記録師】超レア 2.6% 獣人族学者からの観察依頼を数多くこなした
各地でいろいろ条件付きで写真を収める内容なのですが…
天候が合わなかったり、目的の部族が居なかったり、そもそも会えなかったり…など
狙っていると噛み合わない事が多い内容ばかりでこれも”本人の引き”が成功するかどうかの分かれ目でしょうか。アクションゲームなのにこんなんばっかりです。
特になかなか揃わなかったのが
・雨降って、恋固まる?(古代樹の森・夜 パターン複数)
・一糸乱れず(渡りの凍て地・獣纏族の大モリウチ中に撮影)
こんなん作ったから見てwwwと言わんばかりの開発の努力(自己陶酔)を存分に堪能してください。


{希少生物関係}
【美しき旋律を奏でる】、【水面下に潜む神秘】
【空泳ぐ幻】、【各地に馴染み掘り暮らす】
は軒並みトロフィー取得率約6%台で、普通にプレイしてる人にはおそらく一生出会う事もないキャラクターです。
トロファーが普通のプレイヤーなのかどうかはさておき、基本的に食事スキル「ネコの生物博士」を発動させて各地をリセットマラソンすることになると思います。
一部は金冠よりも出現率が手ごわい場合があるので注意してください。
1~2時間程度粘った所ではどうにもなりません、1週間や2週間、長い期間戦う覚悟を決めてください。
何の実りも無い虚無感に耐えられるかどうかが試されています。
その他、内容の分かりにくいものあった場合は”喋り慣れないような実況者(笑)の攻略動画”のお世話になる事になるので精神をすり減らしながら攻略をしましょう。



【真のミニチュアクラウンコレクター】超レア 1.2%
【真のビッグクラウンコレクター】超レア 1.1%
狩猟記録に記録されるほぼ全てのモンスターに最小冠/最大冠をつけた

本作の一番の鬼門です。膨大な数のモンスターを狩る事になります。
ラージャン、激昂ラージャン、猛り爆ぜるブラキ、ジンオウガ亜種は含まれません。
金冠に関しては多くの情報とレビューサイト内にも書かれているので、
それ以外の情報を書きたいと思います。

まず調査クエストに関してですが確率が解析によって判明しています。※海外サイトを参照※
・最大を狙う場合:金枠4~5枠、紫4枠以上(最小6%/最大6%)
・最小を狙う場合:金枠1~3枠、紫3枠(最小6%/最大3%)
※ちなみに救済クエは最小最大12%です※
というように最小トロフィー取得率が若干高いのは確率通りだからです。
これ以外のクエは何の実りも無いので捨てて構いません。
フリーでも一応出ると報告されていますが解析によると0%らしいので、
ガセとは言いませんが「0.何%」とかという確率なんでしょうか。
とりあえず期待値が低いので時間の無駄です。

導きに関してはデータが不明ですが報酬枠などを見るとおそらく枠数がランダムで選ばれているような気がします。
調査クエが枯渇した時の手段として使う形。むしろ私の場合、調査クエはあまり使わなかったです…
装備の強化に必要な素材がほぼ導きに集中しているので、集めながらやると効率が良かったです。
特に古龍系は大霊脈玉を持っているのでオススメで、
各種20匹ほど導きで狩って救済の無いモンスターの金冠を揃えました。
もちろん測定して怪しいヤツだけ狩ってます。

20/7/10 現在では錬金で自由にモンスターを呼び出せるようになったので、
あえて調査クエで出す必要もなくなりました。
特にクエストの失敗しやすい歴戦古龍など苦手な相手は何乙しても大丈夫な導きで狙うといいでしょう。
地帯レベルが一定以上になると歴戦個体が確定で出せるようになるので、体感出やすいような気がします。
あと最初の一回目は導きで会う必要がある一部モンスターを紹介します。
捕獲することで調査クエストが発生するようになります。
・ジンオウガ(森林Lv4)
・イャンガルルガ(森林Lv5)
・傷ついたイャンガルルガ(森林Lv6)
・金レイア(荒地Lv6、溶岩Lv6)
・銀レウス(陸珊瑚Lv6、溶岩Lv6)溶岩地帯を上げれば金銀と会えますが歴戦はありません
・ティガレックス亜種(瘴気Lv6)
などが居るので頑張って地帯Lvを上げましょう…

クシャルダオラ、ナナテスカトリだけは上位で取るのがオススメです、本当にオススメです。
MRの武器で力でねじ伏せれば1匹2~3分で終わるので!
こいつらだけ救難クエストの失敗率が異様に高いのでほんとに上位ソロか、
失敗の無い導きでやった方が早いです。
導きで金を出すテクニックというか、大きさは動画や画像などを確認して目的のサイズでなければ退散玉を投げてリリースするという方法があります。これでクエストリセットやロードの時間を取られずに何十体を測定することが可能です。そして怪しければ狩る、違っても導き素材が溜まるのでとてもいい方法だと自分では思っています。


以上になります。

アクションゲームでありながら腕前を強く要求されない事が不思議で、
収拾系は多少あっても他アクションゲーではあまり見ない傾向です。
とにかくウキウキで作ったフィールドやギミックを見てくれ!といった内容が続き、
SSD必須なレベルでロード時間が長いのもゲーム内の時間経過に大きく影響してくるのが難点で、わりとプレイ時間の1割くらいはロード待機なんじゃないかと思いました。

情報量も豊富でイベント救済クエストも配信されていますが初期の頃より少しだけ楽になった…
ような印象を持たれるかもしれませんが結局は”本人の引き”の部分に強く依存していますので、
これらすべてのトロフィーが運絡みでそれぞれの個体で確率と戦うと考えると数匹で揃ってコンプ難度☆2と思う人もいれば、百匹狩っても一生揃う気がしない☆5という評価をする人も当然いらっしゃる訳で、何より確実な腕前でのトロフィーがほぼありませんので振れ幅が大きいタイトルとなってしまっていると考えます。
私の場合はナナでドハマリして、討伐数50匹を超えたあたりから測定や自マキを駆使して140匹ほど何もせずに見送ってようやく揃えました。これでもまだ軽いほうで本当に出ない人は出ないです。
ワールドではヴァルハザク290匹狩ってますからね…

割とサラっとコンプみたいな感じで書いてますが、モンスターの隙の無い挙動や傷つけ前提の肉質、プレイヤーの取れる選択肢にあまり幅が無くアイスボーンに入ってからは何から手を付けていいのか迷うはずです。
とりあえず多く使った武器はガンランスと徹甲ライト、今作主流の爆破武器など肉質に影響されにくく安定して戦える武器を選択して行きましたが、好きな武器で戦うという遊び方までは否定しませんが明らかに武器による差が大きい気がします。
詳しく知りたい方は少しここら辺を調べてみると分かりますがアイスボーンの評価がいまいちな理由が至る所で調べられ書かれていますので参考にしてみてはいかがでしょうか。
私は今年一番の失敗した買い物だったと思っています。

レビュー

コンプ時間
400時間
金冠が鬼門
コンプ難易度 
 
4.0
難易度的には簡単な方であり特別難しいことは要求されません。
しかし作業の量が多く、特に金冠トロフィーは運が絡むので非常に大変です。
オタカラ集めやツキノハゴロモを捕まえるのも結構大変でした。
収集系トロフィーはモンハンにはいらない
(Updated: 2020年 4月 29日)
コンプ難易度 
 
4.0
今回もやはり厄介だったのは相変わらず大小金冠収集とレア環境生物かなと思いました。
が、金冠は一部のモンスターを除いて救済クエがある上に、執筆時点で該当クエが終了時期未定ですべて配信されているので、集めやすくはなっているかと思います。

トロフィー対象モンスターはジンオウガまで。ラージャン以降のモンスターは対象外です。
大小金冠集めは特にティガレックス亜種は導きの地瘴気のレベルを5に上げないと調査クエにすら出てこないので注意。とはいえカスタム強化に必要な素材がもちろん出てくるので、トロコン目指してる人ならそのへんは心配ないかなって思います。

サイズは「モンスター名 金冠」で検索すると目安となる動画や情報が結構出てくるので、それを参考にしつつ怪しければ狩るという形でいいかと。
体感的にはネロミェールの調査がホントでにくいので自分は最後まで残りました。
歴戦古龍の調査クエは歴戦キリンの調査もしくはフリーの「神時の台地」でキリンをストーカーして集めました。キリンストーカーはモンスターライドして連射コントローラーの○ボタンを連打にして放置するのがおすすめです。

レア環境生物は猫飯でネコの生物博士をつけてとにかく各地帯回るしかないかと。
特にツキノハゴロモはキャンプから遠い上に壁登りがめんどくさいので、一部ショートカットできるルートを覚えるのがおすすめです。
モギーとレアモギーは導きの地で生物博士をつけたあとひたすら燃料集めの炭鉱夫やりながらでいいかと思います。

その他めんどくさかったトロフィーは大したオタカラくれないオタカラ収集のトロフィーと、一部の依頼(モンスターの拘束を写真に撮る依頼)がめちゃくちゃイライラする観察依頼かなと思いますが、まあ時間をかければ取れるトロフィーです。

プレイスキルとかは今までモンハンやってた人ならそんなに苦労はしないでしょうけど、とにかく時間がかかる。ただそれだけですが★4とします。

レビュー

コンプ時間
450時間
モンスターを追加してくれるだけでいいのよ
(Updated: 2020年 4月 27日)
コンプ難易度 
 
4.0
PS4モンハンの大型DLC
新マップと新モンスターが登場するだけで十分です。
相変わらず楽しいです。でもクラッチクローは要りませんでした。
やってることは以前のモンハンと同じで、トロフィーも似たような構成です。
追加された要素といえば、「観察依頼」と「オタカラ」関連ですが、私にはこの2つは退屈でした。
以下、トロフィー関連

「一流の観察記録師」「蒐集家の極み」
観察記録とオタカラを集める。
つまらないのではないですが、数が多すぎます。(観察依頼が20個、オタカラが60個)
特に観察依頼は失敗の度におじいちゃんに煽られます。あの会話さえなければグっと気が楽になるんですけどね。
いずれもクエストへ行くたびに寄り道するか、ひたすら探索を繰り返すことになります。
MHWでは環境生物だけがマラソン要素でしたが、今作ではそれに加えて上記2つがあります。
いずれも狩猟以外のことなので、狩りが好きな人には苦痛でしかありません。

「〇〇クラウン」
おなじみ最大金冠と最小金冠ですが
今作ではMHWのDLCモンスターのイビルジョーとナナも含まれています。コラボ系は除きます。
私は違うのですが、アイスボーンから始めた人で大変だと思うのが、マスター級に存在しないモンスターです。
マスター級では特殊個体となって出てこないバゼル、ヴァルハザク、イビルジョーは上位クエを周回するほかありません。
マスターにもその辺出てきてもいいと思うんですけどね。

MHWと同様ですが、トロフィー目的で始めるには不向きですが
ゲームそのものが楽しいのと人がいっぱいいるので
お手軽オンラインのモンハンを楽しみたい方にはオススメです。

レビュー

コンプ時間
不明
一番の遠回りが一番の近道だった
コンプ難易度 
 
3.0
一番時間がかかるのはやはり金冠だった
アクション面としてはアプデ前より部位破壊しやすくなったが・・・

イベクエで金冠救済されてますが前より金冠の確立が低い気がします・・・(確率低め?)
特に沼だったモンスター
・バフバロ
でかすぎて最大がよくわからないくせに割と出ない

・ブラキディオス
もともとのクエストがすくなすぎる上調査クエも全然でない

・ブラントドス
いまいち最大わかりづらい上凍て地自体がロード長いのがだるさを呼ぶ

・トビカガチ亜種
ブラントドスと同様だがすばっしこい上、的が小さめがさらに面倒

・ジンオウガ
歴戦だと纏っている状態のためすでにでかく見える上、イベクエでも2体倒さないと出ないいう
嫌がらせ、さらにほとんど銀冠ばかりだった

・ナナ・テスカトリ
幸い上位でも済む糞モンスター一番つまらないから苦痛だった

・傷ついたイャンガルルガ
歴戦しかないうえ結構出づらい、運よく歴戦5枠出たため一発で出た

・ネロミェール
調査クエが全然出ず出ても3枠以下という嫌がらせで最大のみ一切出なかった
適当に行った導きで遭遇して最大が出た

調査クエの集め方のおすすめは
・キリン
・ネギ(正面には立たない)
・ネロ
・ラージャン(初期痕跡が多い)
・歴戦2体以上
あたり
キリンはやりやすいですがあまり調査クエが出ないイメージ
瘴気のネギが一番出やすい気がします

あまりがっつきすぎずちまちまやっていましたが救済クエが出たため
勢いで取得、救済クエもワールドでダブってるのは嫌がらせか?

金冠集め自体はいいがゲーム自体がアプデのたびユーザーにめんどくささを
上げていて段々面白さがなくなっていくのが残念でした
ワールドでの初期飯位置や武器加工所の場所のひどさは少し軽減しても
集会所がほぼムフェト専用だったり、救援が任務しかほとんどない現状で
用意されているシステム回りが死にすぎている気がします

現状のアプデモンスターは追加されていないため星3で

レビュー

コンプ時間
600h?(全体950hワールド300hほどのため)
SSD導入は必須
(Updated: 2020年 1月 05日)
コンプ難易度 
 
4.0
アイスボーンでは、金冠・最小冠の救済クエストがないため
ワールドの時よりも時間がかかりました。

このゲームはロード時間が長く、内臓HDDだとクエスト読込みに毎回1分以上かかります。
私も耐えかねて外付SSDを購入しました。コンプを目指すなら導入を強くおすすめします。
ロード時間が半分以下に短縮されるため、コンプ時間に大きく影響が出ます。

以下、各トロフィーの簡単な解説です。

「変貌する生態」
手っ取り早く地帯Lv.7にしたい場合は、モンスターをひたすら罠にはめましょう。
罠がなくなったらモドリ玉で補充を繰り返せばOKです。
ただし、モンスターごとに上昇値が異なります。
荒地ならディアブロス系が最も上昇値が高かったと思います。

「何かを指し示す」
食事スキルの"ネコの生物学者"を発動しておきましょう。他の環境生物でも同様です。
荒地のエリア5高台で、下のブルーディーヴァと同時に狙うと効率が良いです。
隠れ身の装衣は高台に登り始める前から着ておきましょう。

「美しき旋律を奏でる」
荒地のエリア5高台の頂上などに出現します。
近付くと独特な鳴き声が聞こえてくるので分かり易いです。

「水面下に潜む神秘」
出現する時間帯が限られているので注意です。

「空泳ぐ幻」
晴れかつ夜にしか出現せず、毎回頂上まで登らないといけないので面倒でした。
滑空の装衣と操虫棍を使うと、一部ショートカットができます。
山頂で放置する方法では出現しなかったので、エリアチェンジして毎回登っていました。

「大地を掘り暮らす」
リポップ判定が日の出と日の入りしかないようです。
潜った時にネットを投げても捕獲できないのでタイミングに注意です。

「各地に馴染み掘り暮らす」
通常モギーに混じって出てきます。
外見は異なるのでよく見れば分かりますが間違えないように注意です。

「蒐集家の極み」
金冠・最小冠ほどではないですが時間がかかるトロフィーです。
オトモダチの友好度は、広域+早食い+満足感を付けて
回復薬を1回飲む→受付嬢に報告を繰り返せばすぐに上がります。

「一流の観察記録師」
こちらも特定の条件を満たさないと撮れないものがあったので面倒でした。
トロフィー的には全部を金にする必要はないです。
撮った写真が依頼条件を満たしているかどうかはその場ですぐに確認できます。

条件を満たしているのに『手が震えて見えない~』等と言われる場合は、
別の依頼内容に対して提出している可能性が高いです。
写真と依頼内容が合っているか確認しましょう。

「助け合いの精神」
今作唯一のオンライントロフィーです。
MR0のハンターは今後減っていくと思われるので、真っ先に獲得しておきましょう。

「マスター・オブ・マスター」
金冠・最小冠を埋めている間に獲得できていると思います。

「モンスター大博士」
ワールドのモンスターも研究レベル上限が上がっており、
それらもMAXにする必要があります。

「真のミニチュアクラウンコレクター」
「真のビッグクラウンコレクター」
ワールドと同様に最難関トロフィーです。
救済クエストは2020年1月時点で、パオウルムー亜種の最小のみのようです。

他の方も説明している通り、調査クエストを集めて
オンストを使いリセマラが基本になります。
気分転換に参加した救難でポロっと出ることもあったので、
たまに確認してみるとよいです。

大きさを確認する方法として、目視だけでなく
自マキ法、歩数法、落とし穴睡眠法も駆使しました。

私は自マキ法を主に利用しました。目視で確認したり、実際に倒したりしなくても
大きさの足切りができるのでおすすめです。
また、アイスボーンではフリークエストでも金冠・最小冠が出現します。
中でも特殊闘技場は邪魔が入らず、回転数も早いので自マキ法が比較的楽に出来ます。

歩数法は、ガルルガ系とネロミェールで使いました。
落とし穴睡眠法は、ジンオウガの最大金冠にのみ使っています。

トロフィー難易度ですが、金冠・最小冠の取得に運が絡み
また救済クエストがない分、非常に時間がかかるため★4とします。

今後、ワールドのような救済クエストが配信されれば★3に下がるかと思います。

レビュー

コンプ時間
310~320時間程度
アイスボーンは遊び方にコツを要求されますからね
コンプ難易度 
 
4.0
トロフィー的にはワールドと同様に金冠コンプが最難関。
レア環境生物とオタカラ集めは金冠集めに比べれば大した事は無いが、それなりに面倒くさい。
あとは、初心者ハンターの救援は後回しにせずさっさと終わらせる事。

・助け合いの精神
MR0のハンターを救援しなければ駄目だと思われる。
今後、新規ハンターが爆発的に増えるとは思いがたいので、早めに終わらせるべき。

・真のミニチュアクラウンコレクター
・真のビッグクラウンコレクター
例によって最難関。
今回は何故か簡悔か、発売から3ヶ月以上経ってもワールドの様な救済イベクエの開催予定は無い。
なので地道に集める必要がある。
フリクエ埋めや導きの地での素材集めをある程度終わらせ、MR200を越えても出ないモンスターは、
ワールド時代と同様に良さげな調査クエストをオンストを駆使してリセマラするといいだろう。

体感的には、紫枠や金枠の多い調査クエはかなり金冠が出やすくなっている。
紫5枠や金4枠以上は相当出やすいので特に大事に使いたい。
更に多頭クエなら1匹の体力が低いのでよりおすすめだ。
金冠を狙いたいモンスターだけを倒して「帰還」すると非常に効率がいい(リセットは厳禁)。

ワールドで登場したモンスターは全て金冠にする必要がある。
なのでワールドをコンプ済でも抜けていがちなイビルジョーとナナ・テスカトリも埋める必要がある。
ジョーはイベクエ「ノラの深奥」ですぐ終わるが、ナナは普通に頑張るしかない。

アイスボーンで登場したモンスターで最も面倒なのがイャンガルルガと傷ついたイャンガルルガだろう。
前者は非歴戦、後者は歴戦の個体しか存在しないためとても面倒くさい。
他のモンスター以上にこれらの調査クエは大事にしたいところだ。
なお、例によってアプデで追加されたモンスター(ラージャン、ジンオウガ亜種)の金冠は集めなくてもよい。

●総評
TAをやるわけでもなければスキル的には★2程度だが、金冠集めは相変わらず精神を磨り減らされる。
ワールドと同様、難易度は★3と★4の中間の★3.5、四捨五入して★4としておく。

相変わらず不愉快な相棒面するアレ、使用を強いられる傷つけやクラッチ、シンプルに出来の悪い導きの地...
基本的には面白いゲームなのだが、悪いところが一層増え、目立ったように思える。
ユーザーを煽るようなスタッフの発言もあり、シリーズの今後が不安でならない。

レビュー

コンプ時間
約400時間
レア環ガチャ 獣人ガチャ 金冠ガチャ
(Updated: 2019年 11月 27日)
コンプ難易度 
 
3.0
◇ゲーム内の時間帯について
一部のレア環境生物や獣人族は夜限定で出現しますが、時間経過には一定の法則があります。
詳しく解説している攻略サイトはこちら。
https://a-to-monhan.com/2019/09/21/ib-kankyouatume-hyou/

◇金冠について
【ほぼ全てのモンスターに最小冠をつけた】
【ほぼ全てのモンスターに金冠をつけた】

今作でも最後の障壁は上記トロフィーです。
2019年11月末現在、救済クエは存在していません。

記載する情報は全て体感となります。
あくまで参考程度にして貰えれば幸いです。

◇調査クエストの選別
手持ちのクエは条件が良いものを2~3種類用意して回しました。
歴戦クエ(3枠、できれば4枠以上)は◎
通常クエは報酬枠に銅(1つまで)が含まれていても、金が3つ以上あれば利用していました。
最終近くまで手付かずだった素ガルルガ最小最大は、2乙20分金4銅1から出ています。
乙回数と制限時間も影響が色濃く、1乙20分であればかなり期待できる認識でいます。
良クエではフィールド内のクエの狩猟対象外であるモンスもチェックしました。
バフバロやブラキはそれで金冠を取得。

◇目視と自マキ法
後ろ足関節や鱗の位置とハンターの対比を意識しました。
youtube金冠動画の画面をキャプチャして、比較部分を拡大するのがおすすめ。

※参考動画リスト
https://www.youtube.com/playlist?list=PLrp7IGfDD262KBN5EHlfrCcnAdab93pZV

個人的に目視での判断が困難だったのは死ハザク、アンジャナフ亜種、ティガ亜種の最大、プケプケ亜種の最小最大。
これらは救援も利用しつつ全狩りしました。

一部自マキも使用。
「金冠 自マキ 秒」で検索し、某掲示板の過去スレやyoutube動画を参照。先駆者が提供してくれた情報がとても役立ちました。
滾るバゼルのイベクエ(燻火堆然)や凍て刺すレイギエナなど、地形の起伏や他モンスの影響を受けにくい環境での自マキは大変有用です。

◇狩猟数
悉ネギが26
死ハザクが26
アンジャナフ亜種が38
プケプケ亜種が27
最大が52のティガレックス亜種でした。
※オンスト利用&リセマラのため、上記の数は目安です。

◇Tips
・捕獲クエでモンスを討伐し、クエを失敗してしまっても金冠は取得できます。最後のブラントドス最小はそれで取りました...
・オトモダチ探検隊は良クエを取ってきてくれる場合があるので、マメに派遣しましょう。

◇総評
難易度は限りなく☆4に近い3。
壁となる金冠も結局は確率なので、回転数と目利き(情報)がキモ。
敵の体力増加と前作で猛威を振るった拡散弾の弱体化が響き、討伐に10分前後を要します。
今作はガード武器が強いので、散弾ヘビィや汎用性のある貫通ヘビィがおすすめ。
傷や肉質に依存しない徹甲榴弾も◎
オトモも非常に優秀で、1乙クエでのミツムシ復活&猫飯生命保険は心強い限りです。

レビュー

コンプ時間
100h~
コンプ難易度 
 
3.0
無印同様、鬼門は【真のミニチュアクラウンコレクター】と【真のビッグクラウンコレクター】ただ、救済クエストを用意せざるをえない状況になった無印の教訓を活かしたのか、収集難度はかなり楽になった印象で、前より早くプラチナ取得出来ました。ちなみにこれ以外のトロフォーで難しいものは一つも無く、それら全て★ 2 以下のレベルです。金冠トロフィーの影響で、全体としてみるとプラチナ取得難度は★ 3.4 位。もし今後救済クエストが配信されるとしたらプラチナ取得難度は★ 2.5位まで下がると思われますので、早解きを狙ってない方はそれまで待ってみてもいいかもしれません(今作に救済クエが来るか知りませんけど・・・)


無印同様、新たにサイズを記録すべきモンスターは全 28 種です。
ここからは私が実際に行った流れを記載します。
基本、歴戦の報酬枠 4~5 であれば、制限時間・死亡回数・参加条件は不問で金冠が全て出易い印象でしたので、歴戦の 4~5 を回して収集していきました。
そしてここからが問題なんですが、今作には歴戦クエが存在しないモンスターが 4 種類います。
以下のモンスターは歴戦クエが存在しません。

・悉くを殲ぼすネルギガンテ
・イャンガルルガ
・リオレイア希少種
・リオレウス希少種

更に言うと、今作では制限時間・死亡回数・参加条件が厳しい状況での金冠の出易さの影響が薄くなっています。と言う事で、ここからは報酬枠のみで判断していきます。ちなみに、金 4 銅 1 のクエは一見すると出易そうですが、私の場合は一度も出る事無く、罠クエとして毎回捨ててました。
一番熱いのは金 3 銀 2 のクエスト・・・これはすっごい出ます。
影響が薄いとは言え、制限時間 20 or 35 、死亡回数 2 or 3 だと更に出易い感じ。ちなみに参加条件に関しては影響無かったと記憶してますので、拘らなくて良いと思います。

個人的にイャンガルルガ最小金冠が一番キツかったです。
痕跡集めしても全然金 3 銀 2 のクエが出ないし、出たとしても最大金冠サイズばっかり・・・。
更に人気が無いのか、10/3 までの時点でまともな調査クエの救援が全く無い状況・・・。
ただ、これは時間が解決してくれると思うので、待っていればその内増えていくと思います。


前述しましたが、今作は金冠方面の調整が入ったのか、若干集めやすくなっている印象でした。
無印では World Record 50 位以内に入れませんでしたが、今作は 30 番台で入れたので凄く嬉しかったです!
今作には無印に無かったクラッチクローというシステムのおかげで、慣れた人が 4 人集まればモンスターを何もさせず一方的に狩れるので爽快感があり、アクションゲームとしてまた一つ洗練された印象を受けました。
無印でプラチナ取得出来た方なら今作も普通にプラチナ取得出来るので、頑張って下さい。

レビュー

コンプ時間
190時間前後

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。