ニード・フォー・スピード

人気
Updated
 
1.0 (1)
4021   1   0
ニード・フォー・スピード

製品情報

ジャンル
アクションレーシング
発売日
2015年11月12日
対象年齢
CERO:B 12才以上対象
価格等
8,424円(税込 / ダウンロード版も含む)
デラックス版:9,504円(税込)

ユーザーレビュー

1 reviews

評価 (数字が大きいほどよい評価となります)
コンプ難易度
トロフィー獲得に要する難易度
レビュー
コメント
レビューを投稿後、画像をアップロードすることができます。
箱庭ストリートレースゲー
短時間でプラチナを獲得できる
ストリートレースゲーム
箱庭要素もあり、GTAのレース要素を追求したようなゲーム。
面白かった。

当方はレースゲーム苦手。

攻略的には、
1番早いランボルギーニを買ってフル改造することがクリアの前提条件だと思う。

その過程で、お金足りないし、この車じゃ勝てないなと思ったら、
初期で無料でもらった車を若干改造して攻略と金稼ぎ。

レース関係よりドリフト関係なら速度遅くても勝利できる。

最終面付近では、フル改造したランボルギーニでも勝てないので注意が必要。
スキル的に最終面では、常に200キロ維持、直線が続くなら300キロ推奨。中盤で絶対追いついてくる仕様です。
また運要素も絡んでくる。

突如乗用車が急に現れてクラッシュしてビリになったりなどがあり、
後半のレースはそれだけで勝てなくなる。

追加トロは最後の追加がオンライン要素と最終レースよりも高難易度に重ねてストーリーやり直し、さらには規定タイムクリアや、
指定車でドリフトレース(1回6分半)で高スコアを出すなど、スキルと根気がないと厳しいので、トロコンするには4ぐらいの難易度だと思います。

短時間でプラチナ獲得できますが、スキルと運が絡むので2にします。





乗ってみたいこんなクルマ
まず、レースゲームは得意ではないのでクリアする気はなかったのですが意外と取れました。

基本的にストーリーを進めていけばほとんどのトロフィーが取れます。そして、終わることにはレベルも50は超えていきます。そのころにはドリフトも使いこなせるようになっていると思います。

いくつかのレースでは何回も勝てないものもありましたが、頑張れば勝てるレベルです。横から突っ込んでくるレース外の車には少しむかつきましたが、、、

あと欲を言えばbgmの曲数を増やしてほしかったです。
簡単
(Updated: 2017年 5月 14日)
レースゲームなのでスキルを必要とすると思ってしまいますが、このゲームで最低限覚えることを知っていれば、あとは適当にお金稼いでランボルギーニを買ってパーツ買いまくれば速度の力で殆ど押し切れるので平気。

REP(レベル)を除く「究極のカリスマ」まではストーリーのトロフィーです。
それより下は無意識に取れるものもあれば取れないものもあります。全て簡単なので、あまり意識せずに取れなかったらその時に考えれば良いです。「尖った調整」以外は多分取れると思います。
「尖った調整」はWikiを見れば余裕。

デイリーチャレンジは1日3個までなので、最低でも5日はかかる。そこまで難しくないし、チャレンジ内容がわからなくても検索すると知恵袋で質問してる人がいるので平気です。

収集要素はないし、ゲームの難易度はそこまででもないし、ストーリーはあってないようなものですが、モンスター飲みまくってるグレた無法レーサーがなんとなく好きだったので良かった。
糞簡単。
(Updated: 2019年 9月 07日)
コンプ難易度 
 
1.0
シリーズで一番トロコン簡単ですな!
なんか結構いいシステムなんだけど・・・・なんか活かせてない残念な作品な気もする。
警察ぬるすぎ。笑
プラチナまでは楽です
発売一週間でプラチナ取れました。
収集要素や作業要素がなく、大半のトロフィーはストーリーを進めていけば獲得できます。一番時間がかかるのが「デイリーチャレンジを15個」というもので、デイリーチャレンジは一日3つしかないため最低5日かかります(オンラインなのでカレンダー操作はできません)。
それとフレンドトロフィーもないため他のプレイヤーを探す手間もかかりません。自分はMW2012もRivalsも最後に残ったのがフレンドトロフィーなので…。
今後のアップデートでトロフィーが追加される(今月中にアップデートでトロフィーが3本追加されるのは発表済み)ので100%を維持するのが困難になる可能性はありますが、プラチナまでは楽と言って差し支えないと思います。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

© 2021 プラチナトロフィー