英雄伝説 空の軌跡 the 3rd Evolution

人気
Updated
 
3.0 (3)
7083   1   0
英雄伝説 空の軌跡 the 3rd Evolution

製品情報

ジャンル
ストーリーRPG
発売日
2016年7月14日
対象年齢
CERO:B 12才以上対象
価格等
PS Vitaカード:6,264円 (税込)
ダウンロード:5,184円 (税込)

ユーザーレビュー

3 reviews

コンプ難易度 
 
3.0  (3)
評価 (数字が大きいほどよい評価となります)
コンプ難易度
トロフィー獲得に要する難易度
レビュー
コメント
レビューを投稿後、画像をアップロードすることができます。
閃Ⅲを早くプレイしたくなった
軌跡シリーズはコンプ済。

『孤高の栄冠』
強制戦闘のみでのLv130前半で挑みましたが歯が立たず、「難易度を下げてリトライ」をして取得できました。
もちろんリトライになるので直前のセーブデータから魔獣手帳埋めや扉、装備を盗んだりやり込んでクリアしてからナイトメアに行きました。

『地獄の栄冠』
ラスト4連戦で土や風でのハメはディレイが1でもあるとすぐ敵に順番が回るので修羅を付ける場合はハメ役にHPが低いのは避けたほうがいいです。
2人で回すのも有効。
また、4連戦では神速が無効なので注意。

『記憶の扉』
ラスボスで天帝珠とアーツ・セレスティアルを使用するために1周目での取得推奨。
ちなみに聖王珠をつけておくと保険になります。

『天眼の識者』
レア魔獣は特定の場所にしか出ないものもいるので脱兎をつけて探すといいです。
黒騎士などの強化版を倒す時は龍眼が有効ですが、辰星鈴でハメる場合は分け身を出させるためにハメを一時中断すること。

『クオーツコレクター』
所有していないものを合成しておいてラスダンで取得。

『トレジャーハンター』
PSP版の宝箱が載っているページがありますが、一部Vita版と中身が違うので自分で加筆修正しながらやるといいです。

『継続の粋人』
おそらく1周で50時間です。

『無双の烈士』
深淵のボス4戦を編成を考えながらやれば4人パーティーの4回で16人全員が1周でLv140に行くと思います。

『歴戦の勝者』
戦闘勝利回数400回の扉があるので2周目で簡単に取れます。

『雷光一閃』
脱兎をつけて後ろから戦闘→退却の繰り返しで取れます。

『百花迎撃』
ストーリーを進めていれば自然に取れます。

『ヤマネコカプアの特急便』
難易度を下げて設定で照準の加減をすればOK。

『爆釣伝説エステル』
マリンスターで直接シヴァスを狙いつつクァサゴが来たらシヴァスで、ラスト5回を大物狙いで外さなければクリアできると思います。

『賭博師ジャック』
最初に見える3枚が次に補充される3枚なので比較的簡単。

『軌跡でポン』
転がってるサイトには一部しか回答がないですが、それを見ておくだけでもだいぶ違います。

セピスは余りまくるのでLv5のやつをどんどん交換しておくと無駄がないです。
特にラスダン手前は2周目の最初は上位のが交換できないのに宝箱から出てきたりするので、16人分必要だと思う必要性の高いものから順に。

3rdはPSPの時につまらなくて投げ出しましたが、その後のシリーズを遊んだ今では扉でのストーリーが布石になっていてとても楽しめましたので本作品もぜひ遊んでみて下さい。
戦闘関連に追加要素多々
 PSP版ハード既プレイ。PSPのときはカシウスより冥界四連砲が恐ろしかった。リトライを何度か繰り返した思い出。今回のボスたちの殆どはデバフが効かないのでかなりゲーム自体の難易度は高めだったが、今作ではクォーツが強化されていることと敵の体力がPSP版より大幅に上昇していることからやっぱりバランスが多少異なる。まぁ、とはいえ大した差異ではないと思う。ごく普通にプレイする限りは。

 ゲーム自体は前から言われている通り空の軌跡のファンディスク相当という印象。だがアクセサリーや敵のレアドロップ装備など結構戦闘関連が楽しいゲームである。一周も短いので暇があればラスボス系装備を剥いで存分にアリアンロードと戦えばいいんじゃないかな。
 尚今作のゼムリア武器は弱いので失望しないように。裏武術大会ナイトメアの敵達のドロップ品である〇〇+2の方が強かったりする。せっかくの最強装備なんだからあらゆる武器の完全上位互換であってほしかった。


 トロフィーの話に入る前に冒頭で述べた冥界四連砲対策をば。第三話銀の道のボスのことだが、普通に戦えば「?ケビン?」のグラールスフィアで二回完全防御をかけられ蹂躙されてしまいかねないので、ちょっと述べておく。ミュラーを連れて行って最後列からラグナバインドを撃てばグラールスフィアの範囲からデススラッガーが抜けるので後はカラミティクロウでMOVとSPDを低下させダークマターで後ろに引っ張れば勝てるはず。

 さてトロフィーに関して。今回も二周必須。トロフィーだけ考えるなら三周は必要ない。ノーマル、ナイトメアの順でプレイすればよかろう。

 要注意トロフィーは「天眼の識者」、「千の護り手」の二つ。

「天眼の識者」
 魔獣手帳をコンプリートするトロフィー。
 今回は隠し魔獣が多い。具体的には
第一星層 スライ・モー、アリエスポット
第二星層 スライ・モー、アリエスポット、シャイニングポム
第三星層 スライ・モー、アリエスポット
第四星層 スライ・モー、アリエスポット、シャイニングポム
第五星層 ドッペル四種
第六星層 ドッペル四種、シャイニングポム
第七星層 ドッペル十六種
 が該当する。スライ・モー、アリエスポット、シャイニングポムは雑魚のお供に稀に出現する。ドッペルシリーズは数ターン待たないと変身しない上変身相手がランダムのため時間がかかって面倒。

「千の護り手」
 強化守護者を全員倒した後裏武術大会ナイトメア最終戦をクリアする。
 実は碧以降のシリーズをやっていないため彼女が使徒第七柱だと初めて知った。難易度ナイトメアで普通に戦ってみた所めちゃくちゃ強い。痛いし早い。何だSTR9000超えでSPD210って。体力も48万超えと非常に高い。というわけで普通に戦うならナイトメアで挑むのはやめよう。ただし普通に戦わないなら時間がかかるだけでどうとでもなるのだ。行動力6と駆動6と辰星鈴を付けたキャラならディレイ0でティアを撃ってその後即行動できるので他のキャラが超闘魂ベルトを装備しているとCPが溜まり100となりSクラを撃てる。この繰り返しで開始直後から相手に何一つ行動させず倒すことができる。はっきり言って作業でかなりつまらないが、倒すだけなら倒せる。これはあらゆる敵に対して有効である。ディレイ0なだけなら特に大した問題ではないのに即行動までつけるから完全にバランスが崩壊してしまった。まぁ、有効活用させてもらおう。


 他注意すべきトロフィーについて。

「孤高の栄冠」
 難易度ノーマル以上でレベル140以下クリアするトロフィー。
 今作では魔獣宝箱がレイストン要塞の一つしかない。実質魔獣宝箱といえるものがラストダンジョンにあるが、基本的に装備は裏武術大会ナイトメアの敵や戦乙女とティルドーンのドロップ品の方が高性能のため開ける必要性が薄め。敵のドロップアイテムはジョゼットが100%盗め、かつ盗んだ時点で入手なので、盗んで撤退で全員分の装備を揃えることができる。そのためかなり低レベルでラスボスに挑むことができる。ラスボスのうち3連戦については普通に戦って勝てるだろう。ただしアニマ=ムンディは完全防御貫通の技を打ちまくってくるのに加えて様々な属性のアーツを撃てることが前提のボスのため事前準備が必須。魔防のクォーツやクインティリボン+を装備させ少なくとも一人は生き残るようにさせておきたい。天帝珠があればそれでもよい。

「トレジャーハンター」
 全ての宝箱を開封するトロフィー。忘れやすい宝箱はプロローグ飛行船内。プロローグ飛行船と煉獄以外の場所の宝箱は後から取りに来ることができるのでFCSCにくらべて非常に楽。

「軌跡でポン」
 太陽の扉⑤をランク1でクリアするトロフィー。ランク1は難易度マニアックで全質問を残り時間5秒ほどで答えて全問正解すれば取ることができる。声あてがとんでもなく難しいことがあるのでその時は諦めよう。使徒第一柱やら空賊やらわかるわけないだろ。
 どうでもいいが何のカンペもない場合マニアックより激ムズのほうが難しい気がする。



総評としてはやはりファンディスクという感じでストーリーは薄め。戦闘も多少大味化してアースウォール使用が前提な感もあるが、ガチバトルすればそれはそれで楽しいだろう。トロフィーも時限要素が殆ど無いし、基本楽になっているため星2にするか迷ったものの、魔獣手帳コンプリートが面倒であること、辰星鈴ディレイ0ティアによる作業もそれはそれで面倒であることからこの評価。
安定のファルコムクオリティ
(Updated: 2016年 10月 26日)
レビューされていないのでとりあえずコメントレベルですが書いておきます。
初レビューなので拙い点あるかと思いますがご了承ください。
筆者は英雄伝説シリーズは全コンプ済みです。
トロフィーで面倒なのは【孤高の栄冠】【天眼の識者】【千の護り手】あたりでしょうか。
なお、いつものファルコムらしく2周必須となってます。

【孤高の栄冠】
英雄伝説シリーズ恒例のレベル制限トロフィー。140以下という縛りはラスダンでちょっと狩りしたり、終章深淵を最後まで行くと簡単に超えてしまいます。
なので、とりあえず終章になったらあまり考えずにラスダン特攻、140でレベルを抑えつつクリアしてしまいましょう。
後述の戦闘方法を使えばラスボスも余裕です。
なお、先に深淵の宝箱を全部とっておき、ラスダンで【トレジャーハンター】がちゃんと取れるかどうか確認しておくのもいいかもしれません。
今回は7章の二人旅の箇所以外はすべて終章で周れる新設設計のため取り逃しも後から取れます。

【天眼の識者】
壁になるのはグリモアが化けるドッペル〇〇、Sポム、アリエスポットなどお供限定敵、でしょうか。
また、各強化版の登録も必要なので2周必須です。
第六星霜で4種のドッペル〇〇、第七星霜で16種です。化ける対象に法則性などはなさそうなので運です、たぶん。
参考までにプロローグから、手帳の登録数は
5、12、13、19、24、16、66、43、22、12、15、23

【千の護り手】他、強化版ボス
今回の強化版敵は結構強いです。まともにやりあうならケビン、クローゼあたりは欲しいところ。
特にナイトメアで闘技場最後はきついです。連戦なのもあり死んだらまた3戦してこないといけないのも・・・。
ただ、どうしても勝てない場合はSPDを200程度まで装備、クオーツで上げたキャラが辰星鈴のような発動後即行動クオーツをつけ、ティアなどを使用すればディレイ0で連続行動できます。
超・闘魂ベルトなどCPが自動で溜まる装備をした他キャラが溜まり次第Sクラぶっ放せば相手にターンを渡さずに完封可能です。
ラスボスなども最初のピラー召喚前に倒せてしまいます・・・が、前述の【天眼の識者】のため、一度はピラー、敵召喚させないといけません。

【ブックマニア】
いつもの。基本的には章が変わるごとに書架を調べればいいのですが、6章開始後にシェラ姉に話しかけることで読める書物がある点に注意。
シェラ姉をスタメンにしてる場合はいったん外さないといけません。

【ヤマネコカプアの特急便】~【軌跡でポン】
太陽の扉のミニゲーム、特に爆釣伝説は面倒ですが、運もありますので回数こなせばなんとか。一応イージーモードにしてもトロフィーは取れます。
爆釣伝説はまずプログレロッドでクァサゴを、その後マリンスター&クァサゴでシヴァスを、最後に剛竿&シヴァスで大物狙いなら回数こなせば1500ptは取れるかと思います。

発売当時は期待していた内容と大幅に異なっていたため多少荒れたりもしましたが、空シリーズの掘り下げもありファンなら是非プレイしてもらいたい作品です。
難易度としては2周必須ですが、時限要素は他のシリーズと比べれば緩く、ナイトメアも救済措置がありますので☆2に近い☆3とします。

【ブックマニア】追記しました(2016/10/26)

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

© 2024 プラチナトロフィー