この世の果てで恋を唄う少女YU-NO

人気
Updated
 
1.0 (1)
1694   1   0
この世の果てで恋を唄う少女YU-NO

製品情報

ジャンル
SFアドベンチャー
販売
発売日
2017年3月16日
対象年齢
CERO:D 17才以上対象
公式サイト
価格等
ディスク:7,800円 (税抜) / 8,424円 (税込)
ダウンロード:7,560円 (税込)

ユーザーレビュー

1 reviews

評価 (数字が大きいほどよい評価となります)
コンプ難易度
トロフィー獲得に要する難易度
レビュー
コメント
レビューを投稿後、画像をアップロードすることができます。
発売当時に遊んでみたかった~~~_(:3 」∠)_
コンプ難易度 
 
1.0
プラチナ120個目。
既読スキップのみで、攻略サイト( https://tryspace.net/game/yuno/ さん)をガン見しながらクリア。分岐に計上されない未読テキストまでほぼ読み切るようにしていたので、放置時間を抜いてもプレイ時間は正味50h程度かかっています。

購入前に散々名作と聞いていましたが、クリアしてみて改めてPC-98時代にこのプロットと文量のゲームが発売されていたことにビビりました_(:3 」∠)_
元がエロゲだけに若干表現がくどいですが、そこに目を瞑れば最近のADVと比べても引けを取らず、とても楽しめました。

攻略サイト通りの手順でクリアすれば、本編クリア+αでトロコン可能です。宝玉は進行度につれ結構数に余裕が出てくるので、選択肢を間違わないか心配な場面があれば保険としてこまめに使ってしまってもいいと思います。問題なく進行できたらスタート地点(社)等に戻るたびに、保険として使っていた余分な宝玉をロードして手元に戻しておけばOK。

エロ表現の他、血や死体などが出てくるシーンもあるので苦手な方は要注意です。
難易度としては攻略サイトも充実しているので一応☆1としておきますが、一般的なADVと比べると分岐が複雑なので相対的に☆1.5~2くらいだと思います。またVita版もトロフィー要件は同じですが別トロフィー扱いのため、こちらも気が向いたらコンプします(:3 」∠)_

レビュー

コンプ時間
50h
大丈夫だ(大丈夫じゃない)
本レビューはVita版を元に書いています。以下はVita版のページに記載したレビューのコピーです。

ADVジャンル不朽の名作、YU-NOの約20年ぶりリメイク版。
元はエロゲーなので主人公はじめそっちよりのテキストが多いです。
シナリオの完成度もそうですが、特にシステム面に注目して遊んでもらいたい作品です。
私はWin版プレイ済み。

【時を制し者】
マップを100%にすることで獲得。
システムが独特なので初見プレイだとちょっと戸惑うかもしれませんが、すぐに慣れるかと思います。
当時のADVよろしく総当りでの攻略が求められますので、ネタバレされない程度に攻略サイトなり限定版付属の攻略本なりで埋めていきます。
ちなみに攻略本についてはネタバレ満載なので分岐だけ追っていく感じにしたほうがいいです。
詰まりやすいピクロスと時計の文字盤については、前者はコンピュータを、後者は本作のOPをじっくり見るか、Press ○ to Start画面でちょっと放置してみましょう。

【亜由美と歩みし者】【澪と歩みし者】【神奈と歩みし者】
一旦ゲームクリア後にならないと開放されませんので、まずはルートを埋めつつ最後までプレイしましょう。

当時としてはオーパーツレベルの完成度だった本作ですが、流石に今やると時代を感じるかもしれません。
ADVが嫌いということでなければ是非プレイしてみてもらいたい作品です。
テキスト量は当時最も長いレベルのものでしたが、今はひぐらし粋等がありますので上の下くらい。
リメイクのスキップ機能等は快適なのですが、ルートが違う場合に同じ会話がスキップされない等はちょっと不満。
香織さんが非常に可愛くなっていたのでこれだけでも満足です。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

© 2021 プラチナトロフィー