ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団

人気
Updated
 
1.7 (3)
1471   1   0
ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団

製品情報

ジャンル
RPG
発売日
2016年6月23日
対象年齢
CERO:C 15才以上対象

ユーザーレビュー

3 reviews

コンプ難易度 
 
1.7  (3)
評価 (数字が大きいほどよい評価となります)
コンプ難易度
トロフィー獲得に要する難易度
レビュー
コメント
You will be able to upload media right after you submit your review.
ブーストの日本一

トロフィーについては述べる事なし。裏ボス倒せば必ず100%プラチナになります。
ゲームシステムがちょっとややこしくまさに日本一だなという印象。
普通のDRPGより戦闘のテンポが遅く、アイテムソートや装備のステータスも見づらくとても遊びずらかった。
DRPGで壁壊しちゃダメだろって思ったが後半以降はあまり生かせてなかったのも残念。

裏ボス編成はテンプレのマズルカ、ファランクス、白薔薇x2、夕闇。ドナム防御陣形。
魂移しはメインキャラを1度やっただけです。なのでレベル上げもせず結魂書666は使いませんでした。
アニマクラリティは20。装備強化も一度もせずに終わりました。

アイテムコンプやマップ埋め、依頼コンプなどDRPGに良くある作業は一切する必要もなくさっくりと終わりました。
ブースト目的としてオススメです。
マージナルメイズゲー
トロフィーは入手条件が全て書いていませんがトゥルーエンドに到達する過程で全て入手可能です。
ちなみにトロフィーの文はその地域に来たある人物の様子となっているみたいですね。
書くことがほとんどないので筆者の使っていたパーティとおすすめの編成を書いておきます。

序盤での人形制作は新しく作れるようになった段階でどんどん増やしていくべきですが後から変更できない因果数は必ず偶数にしておくこと。最終盤でレベル上げをする際、結魂書666(EXP倍率666)に組み込むには偶数でないといけないためです。
白薔薇の結魂書を入手するまでは赤羊の結魂書がおすすめですが、複数攻撃できる結魂書を入手できたらそちらに切り替えるといいです。燃費は赤羊の方が良いですけどね。
レベル上げした箇所はメルム、ウンブラ、アズーウンブラのみでした。アズーウンブラまでは魂移しと難易度変更すらしてませんでしたが特に詰まったりしなかったと思います。

筆者の最終パーティ編成はドナム防御陣形で↓
魔女の旅団の結魂書(突貫術用)、ペコー(回復用)、マズルカ(アイテム係、マズルカ、眩まし用)、ファランクス(ピアフォートレスでひたすら防御)、白薔薇(霧幻灯連打、全マージナルメイズ)
アニマクラティは平均50後半(レベル99で魂移し3回ほど)、大体の経由がアステルナイト→マッドラプター→目的のクラスになってます。アステルナイトは不屈の精神と運命の星、マッドラプターは速攻術とスピード自慢を継承させるのが目的。ピアフォートレスだけは耐性特化。
基本的には全ての敵に対してドナム特化の夢幻灯してるだけで沈んでいきます。ラスボスですら追加の呪毒が入る可能性があるため火力が異常。ドナム技はDMP依存なため旅団とマズルカも実はマージナルメイズで統一した方が火力がでる模様。前に出すメンバーはレベル上げしないといけませんが後ろのサブメンバーはレベル1でも良いというお手軽さです。

近接が2000とか出してる中、マージ部隊は平然と1万越えをたたき出すというドナムゲーになっている今作品。特に難しく詰まる要素もないため☆2とさせていただきます。
かなり良いゲーム
他のDRPGと違い隠しまでクリアするとプラチナが取れる親切な内容
難易度は一切いじらずに攻略しましたが、隠しボスの強さがえげつないです
アニマクラリティ90~99のパーティーで挑んでも運が悪いと勝てないレベルで強いです
特にこだわりが無ければ難易度を下げてもいいかもしれません

もともとDRPGが好きで、評判がよかったので購入、実際面白かったです

難易度は1.5程度

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。