ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団

人気
Updated
 
1.0 (1)
2304   1   0
ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団

製品情報

ジャンル
RPG
発売日
2016年6月23日
対象年齢
CERO:C 15才以上対象

ユーザーレビュー

1 reviews

評価 (数字が大きいほどよい評価となります)
コンプ難易度
トロフィー獲得に要する難易度
レビュー
コメント
レビューを投稿後、画像をアップロードすることができます。
鍛えすぎた
(Updated: 2020年 10月 27日)
コンプ難易度 
 
1.0
トロフィーについては裏ボスまで倒せば取得できるので特に面倒くさいことはないです。
クエスト(弟子のメモ)のアイテム収集がやや面倒ですが、トロフィーには無関係。
有用なものも白薔薇の結魂書ぐらいでしょう。
ということで、トロフィー取得に必要な情報はパーティ編成・育成程度なので、自分の編成・育成を紹介します。
結論から言うと鍛えすぎました。裏ボスも隠しボスも1ターンキルでした・・・。(裏ボスは弱体化させなくてもノーダメ1ターン)
難易度は最初から最後まで一度も変更なし。

最終的には鍛えすぎましたが、表ボス撃破までは特に育成はしていません。ピターン狩りも特にしませんでした。
魂移しを一度行ったぐらいでアニマも5以下。多分にもれずマージナルメイズ中心で陣形はドナム防御陣形、前衛の右側にピアフォートレスという定番の編成です。
結魂書は、前衛は魔女の○隊にアステルナイト、鉄壁や防御陣といった防御型結魂書にピアフォートレス。
後衛は赤羊、ペコー、シアスタ、エロス溢れるあたりにマージナルメイズやシアトリカルスターです。
このような構成でクリアまではいけると思います。

最終的にはドナム型より物理型のほうが強くなります。
物理型を意識しはじめたのは表ボスを攻略し、黒ノ紙ボスを攻略始めた頃です。
アズ-ウンブラについてから一気に育成を行いました。

育成は経験ガッポリGはいらないと思います。取るの結構たいへんです。
レベリングはマズルカ+不可思議ナル+結魂書666*3でアズウンブラでビターンゴールド狩りです。
結魂書666をとるにはフルーラの結魂書が楽だと思います。アズ-カンパニュラでマナを持ち込み、ザコをひたすら狩りましょう。
最終構成は、デモンリーパー*11、アステルナイトで、妖路導く*3+ミラ+愛と勇気です。ミラには男性が必要でデモンリーパーが配置できないため一人アステルナイトです。
スキルは反ドナム思想、見切りの運勢、アヴォイダンス、気功術、ぶん回しの剛腕、古塔槍術師範、不屈の精神、見切り、卑見の見切り、雄心勃勃たる構え、ウィッカーマン。スタイルは全員ムーンサイドです。
アニマは99で運勢は絶望で調整します。陣形は攻撃特化陣形です。
最終的にはアステルナイトを1人つくりますが、まずはデモンリーパーを12名作成し、ウィッカーマンのため全滅を繰り返します。
アズ-アマデウスIIからスタートすると一歩前進で全滅します。
理想は全員ゴア3箇所(片手・体・足)ですが、そうそううまくいきません。パーティにいないメンバーもゴアするため、調整ができず、頭や両腕がゴアしてしまうと全て修理をせざるを得ないです。
私は12名中8名ゴア(6名3箇所欠損)にし、無傷の一体をアステルナイトに魂移ししました。
武器は絶刀六連星、神王の証たる峰、竜殺しの古塔槍の3つだけ二つ名リセマラしました。(竜殺しの古塔槍は裏面突入前なのでやらなくてもよいとおもいます。)
二つ名は壮絶なる、獣王、王者のどれかを狙います。絶刀六連星と神王の証たる峰なら妖路で攻撃カンストします。
武器合成はまったくしませんでした。
防具は回避優先です。血塊ノ指輪あたりを装備させれば充分でしょう。LUKが上がらないように注意。
ほとんど攻撃はくらわなくなりますが、絶対ではありません。ただ、1発くらっても不屈の精神があるので生き残るためほぼ死ぬことはないと思います。

この状態だと攻撃力カンストの武器は通常攻撃で5万弱程度あたります。
1ターン目に愛の攻術と広域・攻術IIIをかけ、攻撃カンストメンバーにリーンフォースオフェンスを3つ重ねがけすると、ダメージは約10倍になります。
つまり50万ダメージ程度あたります。黒ノ旅人も1ターンでおわります。黒ノ旅人を倒せば百鬼百命剣が手に入り、これも素でカンストします。
3本のカンスト武器でオオガラスの心臓は弱体化せずに1ターンでした。行動1回もさせなかったのでノーダメージです。

ゲームは荒削りなところが目立ちましたが、シナリオは(人を選びますが)良かったと思います。
続編も出たので機会があればプレイしたいと思います。

レビュー

コンプ時間
80時間
ブーストの日本一

トロフィーについては述べる事なし。裏ボス倒せば必ず100%プラチナになります。
ゲームシステムがちょっとややこしくまさに日本一だなという印象。
普通のDRPGより戦闘のテンポが遅く、アイテムソートや装備のステータスも見づらくとても遊びずらかった。
DRPGで壁壊しちゃダメだろって思ったが後半以降はあまり生かせてなかったのも残念。

裏ボス編成はテンプレのマズルカ、ファランクス、白薔薇x2、夕闇。ドナム防御陣形。
魂移しはメインキャラを1度やっただけです。なのでレベル上げもせず結魂書666は使いませんでした。
アニマクラリティは20。装備強化も一度もせずに終わりました。

アイテムコンプやマップ埋め、依頼コンプなどDRPGに良くある作業は一切する必要もなくさっくりと終わりました。
ブースト目的としてオススメです。
マージナルメイズゲー
トロフィーは入手条件が全て書いていませんがトゥルーエンドに到達する過程で全て入手可能です。
ちなみにトロフィーの文はその地域に来たある人物の様子となっているみたいですね。
書くことがほとんどないので筆者の使っていたパーティとおすすめの編成を書いておきます。

序盤での人形制作は新しく作れるようになった段階でどんどん増やしていくべきですが後から変更できない因果数は必ず偶数にしておくこと。最終盤でレベル上げをする際、結魂書666(EXP倍率666)に組み込むには偶数でないといけないためです。
白薔薇の結魂書を入手するまでは赤羊の結魂書がおすすめですが、複数攻撃できる結魂書を入手できたらそちらに切り替えるといいです。燃費は赤羊の方が良いですけどね。
レベル上げした箇所はメルム、ウンブラ、アズーウンブラのみでした。アズーウンブラまでは魂移しと難易度変更すらしてませんでしたが特に詰まったりしなかったと思います。

筆者の最終パーティ編成はドナム防御陣形で↓
魔女の旅団の結魂書(突貫術用)、ペコー(回復用)、マズルカ(アイテム係、マズルカ、眩まし用)、ファランクス(ピアフォートレスでひたすら防御)、白薔薇(霧幻灯連打、全マージナルメイズ)
アニマクラティは平均50後半(レベル99で魂移し3回ほど)、大体の経由がアステルナイト→マッドラプター→目的のクラスになってます。アステルナイトは不屈の精神と運命の星、マッドラプターは速攻術とスピード自慢を継承させるのが目的。ピアフォートレスだけは耐性特化。
基本的には全ての敵に対してドナム特化の夢幻灯してるだけで沈んでいきます。ラスボスですら追加の呪毒が入る可能性があるため火力が異常。ドナム技はDMP依存なため旅団とマズルカも実はマージナルメイズで統一した方が火力がでる模様。前に出すメンバーはレベル上げしないといけませんが後ろのサブメンバーはレベル1でも良いというお手軽さです。

近接が2000とか出してる中、マージ部隊は平然と1万越えをたたき出すというドナムゲーになっている今作品。特に難しく詰まる要素もないため☆2とさせていただきます。
かなり良いゲーム
他のDRPGと違い隠しまでクリアするとプラチナが取れる親切な内容
難易度は一切いじらずに攻略しましたが、隠しボスの強さがえげつないです
アニマクラリティ90~99のパーティーで挑んでも運が悪いと勝てないレベルで強いです
特にこだわりが無ければ難易度を下げてもいいかもしれません

もともとDRPGが好きで、評判がよかったので購入、実際面白かったです

難易度は1.5程度

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

© 2021 プラチナトロフィー