Shadows of the Damned

Updated
 
2.1 (8)
223   2   0
Shadows of the Damned

製品情報

ジャンル
アクションアドベンチャー
価格
7,665円
発売日
2011年9月22日
対象年齢
CERO:Z 18才以上のみ対象
公式サイト

ユーザーレビュー

8 reviews

5 stars
 
(0)
4 stars
 
(0)
3 stars
 
(0)
2 stars
 
(0)
1 star
 
(0)
コンプ難易度 
 
2.1  (8)
評価 (数字が大きいほどよい評価となります)
コンプ難易度
トロフィー獲得に要する難易度
レビュー
コメント
You will be able to upload media right after you submit your review.
クソゲーを3週する苦労
ぶっちゃけクソゲー。
ぶっちゃけなくてもクソゲー。
1週目終わって「はあ、やっと解放される!………?」。
って思ったら3週必須。このクソゲーを無駄に周回させられる精神的苦痛が☆を1つ増加。
スキルは必要なく、wikiみればOK。
伝えたいのはただ1つ。

クソゲー。
一部を除いて
(Updated: 2013年 5月 11日)
★3.4

何とかコンプすることができました。
他のレビューさんがあまり触れていないのですが、ラスボスの第三段階目が異常に強すぎです。
そこで第三段階目の倒すプロセスを紹介。

敵が緑のシールドを作るまでホットボナーorスカルカッショナーで攻撃。

緑のシールドを破壊

ここで体のヒビを光らせない(薄く赤くできたヒビまではおk (攻撃しすぎない

再度緑のシールドを相手が作るまでホットボナースカルカッショナーで攻撃

シールド破壊と共に敵にヒビを光らせる

爆弾で破壊。


つまり一回の攻撃の隙を作るのに敵の攻撃を2ローテする必要があるということです。
それ以外はwikiに従えばおk。
弱り目・たたり目・隣人にトドメ は途中で攻撃をくらってはいけません。

私のように最後の倒し方を知らずしてラスボスが理不尽に強すぎると思いラスボスの体ではなく、コントローラーにヒビを入れてしまう方が一人でも増えないことを願います。
イマイチなゲームを3周強いられるプラチナ
(Updated: 2012年 9月 12日)
とりあえずゲームとしての感想
最初の2時間くらいはそれなりに面白かった
だがやればやるほど残念な部分が色濃くなり
最終的に残念なゲームだという結論にいたる
一つ一つの粗は小さい物のそれが積み重なった感じ
「なんでこうした?」な部分が本当に多い・・・。

あと攻撃時のボタンバグはイラっとする
武器が切り替わらなかったり、構え時に勝手に射撃したりと
一番スマートに行わなければならない要素でのこれは痛い
(コントローラー複数でやったので故障とは考えにくい)



スキル的に難しいトロフィーはない。
難易度ハードクリアも何度かやり直す場面は出てくると思うが
敵の体力と攻撃力が高いだけで動きは同じなので3周もしていれば問題ないだろう

スキル全強化はバグ技や稼ぎ場所があるので特に難しいことはないが
時間がかかるのでイージー(稼ぎ易い点)、ハード(後のゲーム進行が楽になる点)でどちらかがオススメ
ちなみに白玉での交換はイージー45、ノーマル75、ハード120が必要


そしてトロファー泣かせな要素が
○引継ぎ要素なし
○難易度別トロフィーで下位トロフィーの一括取得が出来ない
○イベントスキップなし
○ゲーム自体がイマイチ

サクサクっとトロフィーを取りたいところだが
2周目以降、リトライやロード時間を含めても1周8時間ほどかかる
地味に時間がかかる上、イベントやロードでリズムが崩れるので余計に疲れる



労力という点で個人的には☆2.5くらいあげたい
トロフィー目的でこのゲームをやるなら他の☆2のゲームをオススメする
とにかく疲れる・・・
好き嫌いがはっきりと分かれるであろう作品
思ってたよりは楽しめました。でも所詮はワゴンに収まる程度の出来・・・。

ハードでクリアしてもイージー、ノーマルのトロフィーを解除できない仕様のためプラチナまで3周する必要があります。一部トロフィーを除いてほとんどがチャプターをクリアすることで手に入りますので、そこまで意識する必要はないと思います。
皆さんがおっしゃる「ベガス風の贅沢」が不安であれば、イージーのチャプター2-1でアカダマ無限取得バグを利用してさっさと解除したほうがいいだろう。
そのほうが精神衛生上よろしいと思われます。

全体的に短い構成だが、途中で横スクロールだったりシューティングもどきをやらされたりとイマイチ楽しめないステージを挟まれてウンザリしてしまいました。
それでも内容は簡単、トロフィーも取りやすいので皆様にオススメしたいと思いますとも!

以上
M
予想より楽しめた。
(Updated: 2012年 3月 05日)
プラチナには最低3周必要と聞いていたので攻略も見ずに
イージーから始め各トロフィー取得はノーマル以上で、
と考えていたがこれが大きな間違いでした。

全ての武器をレベルアップさせる購入物が難易度に応じて
金額アップされている為、4周目をイージーでプレイする羽目に・・。

ゲーム内容は簡単なシューティングやボーリング、パチンコ、ギミックなど
盛り込まれ許せる程度の下品さがあり新鮮に感じた、
各面も短く3周目位なら付き合えるゲームです。
しかし日本語吹き替えのミスキャスト、ムービースキップできない点、
ギミックの簡素過ぎる点など非常におしい作品です。

トロフィーは意識すれば取れるモノばかりで特に難しいモノはありませんが
ハードモードの最後のボスを倒すだけで2時間以上を費やしました。


参考に~
ハードモードを進める上である程度3種の武器全てレベルを上げておいた方が
良いと思います。
※ラスボス対策だけの為

各ボスステージで弾薬を使ってもボスを倒し拾うアイテムを取らずに居ると
弾薬が復活するので満タンにしてから拾いましょう。

吹き替えは酷いので字幕でプレイする事をおススメします。
駄作

 流れとしては、ノーマルで武器等のトロフィー ハードで取り残したもの イージーでベガス風 という流れでやりました。

 ベガス風は無限湧きポイントでひたすら逃げながらシロダマ集めをするのですが、もてる数は999個までなので注意。といっても999もあれば余裕で足ります。2時間くらいかかったかも。

あとハードの魔王戦のバグは攻撃が魔王をすり抜けて当たらなくなるのですが、リスタートしてまた最初から魔王と戦わなければいけなくて、このせいで3時間くらいはやっていました。

本当にもう絶対にやりたくないゲームという感想です。バグが多く1週に1回は進行不可能になりました。そして主人公と骸骨のノリが聞いていてイライラします。また主人公の声は浅野忠信がやっているのですが聞けたもんじゃないひどい状態。その苦痛のせいで非常に長く感じました。
簡単な部類
ほとんどのトロフィーーは意識していればほとんど取得できるが、
ベガス風の贅沢だけは若干面倒。
普通にクリアするだけではアカダマ80個は集まらないので、
アカダマ購入のために無限沸きポイントで敵を倒してシロダマを稼ぐ作業が必要。(難易度はイージー推奨)
敵の脚を撃って這いずり状態にしてから踏み潰しをすれば若干取得シロダマが増えるので普段から意識していればやや楽になると思う。

他のトロフィーは意識していればすぐ集まるので簡単だが、
最低3週必要なのと主人公の下手な演技のムービーがスキップ出来ない、少し作業が必要なことを考慮して☆2で。






トロフィーブーストゲー(というのは失礼すぎるでしょ?)
やり込みとマラソンの必要がない代わりに、
○○で敵を○○倒す系など、タイミング限定のトロフィーが多い。
それにしても、プラチナはちょうど3周で獲得できるように設けられ、
最初にハードでやっても、大した困難はないので、難易度を1と判定した。

できのいい一枚だったが、やはりハードでの魔王戦で遭ったバグを修正して欲しい。
そのバグのせいで、三度目、魔王を炸裂させるために、随分苦労したからな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。