ニード・フォー・スピード ペイバック

人気
Updated
 
3.0 (1)
1563   1   0
needfor[jpg.jpg

製品情報

ジャンル
アクションレーシング
価格
8,424円
発売日
2017年11月10日
対象年齢
CERO:B 12才以上対象

ユーザーレビュー

1 reviews

コンプ難易度 
 
3.0  (1)
評価 (数字が大きいほどよい評価となります)
コンプ難易度
トロフィー獲得に要する難易度
レビュー
コメント
You will be able to upload media right after you submit your review.
技術力だけでなく、運命力まで問われる。
(Updated: 2020年 6月 10日)
コンプ難易度 
 
3.0
オンライントロフィーが有ります。

技術的な難しさがあるのは勿論ですが、それ以上に運要素が大きく絡んでくる作品です。

一緒にプレイする知り合いがいてオンライントロフィーの部分をクリア出来るという前提であっても、トロフィーブーストとして購入する事はあまりお勧め出来ません。



まず、一番最初にビックリする所ですが、マシンの強化方法がガチャ方式です。
基本的にはゲーム内の通貨を使っての強化ですが、如何せんランダムな為に思い通りにマシンを強化出来ません。
根本的に運ゲーです。

それ以外の運要素としてAI車の存在があります。
レーサー以外の一般車。これらが自由奔放に走行しておりAIの気紛れで様々なイベントを妨害されます。
更にレーサーのAI車はかなり無茶苦茶な走行をします。ゲームだという事を加味してもチートじみた挙動をするので、単純に技術だけでは勝利に導けず運頼みになるレースが一部存在しています。



リアルマネーでの課金が”ほぼ”必須です。
この「ほぼ」という部分が肝心ですが、無課金でもトロフィーのコンプリートは可能です。
可能ですが、無課金の場合は桁外れの時間を費やしてしまう事になるので、ほぼ必須になります。

具体的な金額を言うと550円です。これはマップ開放を行う課金となります。この課金をすれば、「何処に何があるのか」をほぼ全てマップ上に表示させられます。

膨大な数の収集要素がある事、各イベントを基本的には自力で散策して見つけなければいけない事、そしてマップがかなり広い上に構造もやや複雑です。この為、課金をした全開放状態ですら迷うという事態に陥ります。



先述した通り、このゲームのマシン強化の方法はガチャです。
よって、「もっと最高速度を上げたい」、「もっと跳躍力を上げたい」といった願望があっても思い通りになりません。

指定の場所で「時速●km以上を出す」、「ジャンプポイントで●m以上ジャンプする」
大量に点在するこのようなイベントスポットですが、上記の事象も相まって各地でこれらをクリアして回るのは想像以上に大変です。



また、通常のイベントレースとは違って「流しのレーサー」という要素があります。
これは固定のスポットではなくNPCのように気紛れで彷徨っているレーサー車の事です。
気紛れとは言ってもある程度の行動範囲は絞られています。それでも範囲はかなり広いので居場所を知っていても追いかけるだけで一苦労です。

この流しのレーサーの数が多い上に、出現条件がランダムです。
またです。また運要素です。
特定のレーサーとレースをしたいのに狙ったレーサーが中々出ずにロードを何度も挟む必要が出てくるという酷い仕様です。



このゲームでは「効率良くトロフィーを収集する」と考える事は御法度です。
「思い通りに行かない」、「運要素が多すぎてイライラする」
このような感情が湧き出てくる事は必至です。

国内・国外の攻略サイトをチラ見しつつ、ラジオや音楽でもかけて常に「ながら運転」をする事を強く推奨します。
決して集中的にトロフィーを集めようとしないで下さい。ストレスで潰れます。

現実での車の運転は集中して下さい。
でもこのゲームでは集中しないで下さい。冗談ではなくマジです。

レビュー

コンプ時間
70時間

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。