LIGHTNING RETURNS FINAL FANTASY XIII

Updated
 
2.0 (2)
540   1   1
LIGHTNING RETURNS FINAL FANTASY XIII

製品情報

ジャンル
RPG
価格
7,770円
発売日
2013年11月21日
対象年齢
CERO:C 15才以上対象
価格等
ダウンロード版 7,000円

ユーザーレビュー

2 reviews

評価 (数字が大きいほどよい評価となります)
コンプ難易度
トロフィー獲得に要する難易度
レビュー
コメント
You will be able to upload media right after you submit your review.
アルテミスピアス無双
(Updated: 2018年 11月 30日)
コンプ難易度 
 
2.0
 難しい要素は無い。…のだが、いかんせんダルいという印象が終始付きまとった感じ。
 前作が「キチュー無双」なら今作は「アルテミスピアス無双」といったところでしょうか。

 わざわざゲージを消費してのダッシュ、時間を止められるので時間制限は実質無いに等しいのに時間制限がある(要するに雑魚戦はクロノスタシスのGP稼ぎが主だったりする)、などの余計な足止め仕様にウンザリ。

 とりあえず一周目イージーで一周目獲得不可トロフィーとアイロネートトロフィー以外を全取得。2周目ハードで強力な武器を購入して武器改造、盾改造、アクセ融合のトロフィーゲットして途中リタイヤ。3周目イージーでアイロネートを討伐したけどこっちが強くなりすぎて攻撃力7000オーバーでもうアルテミスピアスのダメージがひどい事に。
 ちょうど精神と時の部屋から出てきたベジータが第二形態セルを圧倒した感じに似ている…。どうやら強くなりすぎてしまったようだ。

 そんなわけで、これは事前に情報を持ってさえいれば割と楽にいけるゲームじゃないかと。反面、情報を持ってないと異常にグダって途中で放り出したくなる仕様かと思います。(クエストの発生条件に「○時~○時まで」等の条件があったりするため、ゲーム内時間は止まっていてもリアルの時間を相当無駄にする。しかも何が正解かも分からんので辛さ倍増)
 まあトロフィーサイトや難易度レビュー見にくる人なら基本攻略サイトは見ると思うので大丈夫だと思います。

 13と13-2は楽しんでプレイ出来てたのにこれは何だか途中で疲れちゃいましたね。
 難易度自体は★2くらいじゃないですかね。

レビュー

コンプ時間
70時間
食べちゃうにゃん
(Updated: 2018年 11月 09日)
コンプ難易度 
 
2.0
これが聞けただけでこのゲームを遊んで良かった。
プラチナ8個目。

3部作で一番スムーズにトロコンできました。
購入特典だった凶斬りがバランスブレイカー級に強いです。
これのおかげで体感難易度は☆1.5くらい。

難易度の縛りもないのでトロコン目指すだけならEASYでおkです。

レビュー

コンプ時間
80h
難易度はシリーズで一番簡単です
御存じFF13の3作目。単品でやると内容が深まらないので少なくとも13-2プレイ後をお勧めします。
難易度を選択出来るうえに全トロフィーEASYで取得出来る。加えてゲームがうまくない人でも何度も繰り返せばクリア出来る。そのためプレイ時間は☆3ですが、難易度は☆2とします。

基本的にはメインクエストとサイドクエストを解放していけば取得できます。攻略サイトを見る必要もありませんので、ゲームを楽しみましょう。1周目はEASYをお勧めします、2周目で強くしたいのならHARD(トロフィー+強化)orトロコン目的だけならEASY(トロフィー)かHARD(強化)。2周目でHARDを勧めるのはアビリティのレベル強化のためです。難易度で取得できるレベルが違います(敵が落とすアイテムも変わる)のでHARDで一度行えば戦闘が楽になります。
難しいのは以下の3つ。すべて2~3周目で取得しました。

〇超究武神+破壊の聖衣
13日目だけ入れる冥宮の最下層クリア。ここまでゴリ押しで戦ってきて初めて弱点や考察を考えるダンジョンです。戦闘中も時間経過するのでラストワン毎に準備しなければ進めません。1周目は準備不足で簡単に断念。2週目で倒しましたが残り時間はギリギリでした。ここだけは攻略サイトを見て各階層の敵を調べながら潜りましょう。プレイヤーの頭を唯一試される所かもしれません。

〇熱砂の竜殺し
サイドクエスト取得後7日目以降に砂漠に現れるアイロネートの討伐。2周目HARDでプレイした私はこの竜と全能神+(トロコン関係なし)が倒せませんでした。なので3周目にEASYで討伐したらゴリ押し出来ました。1周目で倒すならばファングも含めてかなり準備しないと難しいかと。

〇神秘の霊薬
オンラインサービスが終わった今、実は1周目で取得するのは結構難しいかと思います。ソウルシード100個は意識しなければ取れず、時間を割くのも勿体ない。具体的にシカイが発生しやすい場所を巡る事になりますが、移動が可能になった街道、またはビックス達のサイドクエストのリタイアを繰り返す。しかないかと思います。1周目EASYならGPで時間を止めつつ街道を走り回れば取得可能かと思います。

現在エリクサーやエーテルは超貴重品なので集めようにも集まりません。いっそ周回した方が楽ですし、集めてる間にライト姉さんが強くなって必要なくなります。
あまりトロフィーにこだわらずとも取れますので、最後の13ED目指してプレイしましょう。
タイムマネジメントRPG
初めての方は、収集要素や裏ボス対策等、それに加えサブクエの複雑なタイムマネジメントとストーリーが同時に展開するリアルタイ
ム進行という居心地の悪さに、立体的かつ圧倒的物量感から、ともすればいきなり投げ出したくなるかも知れない。しかし収集要素と
裏ボス対策の原理をおさえれば、最終的なゲームの難易度はそれほどでもない。

一度ソウルシード取るとしばらく出現しない。しかし、ゲーム内時間少し経過後普通に拾える。ルクセリオ午前中ゾモックが最初に出
現れたシ界、0時から同じくそこからすぐ西に行った庭みたいなとこ、南部から北部に伸びる東の橋、北西の墓地も割りとすぐシ界が
出現しまたよく拾えるのでオススメ。他はウィルダネス午前中モグラ拾える溶岩地帯東部広場等も割りとコンスタントに拾えた。入手
数増えると入手し辛くなるとの表記も見られるが、100個以上拾っても、最後に拾ってから時間さえ空ければ、普通に2個ずつ拾える。

アイロネートはまずとりあえずエーテルやエリクサーを集める作業から。そうしたら、オーバークロックするとATBゲージ
が全快するのも利用してオーバークロック中にラ系魔法連発でダウンx4+同様にオーバークロック中に強斬り連打で撃破出来る。強斬
りは3程度まで強化してれば十分。武器は私が撃破した時は7日目だったためリベンジオブカオスだったが、10日まで待ってモルゲンス
テルン位は用意した方がいいかも知れない。ガードウェアは静かなるガーディアンで魔法耐性。
Q これは人間の力ですか?


A いいえ、バイオです。


 ……ども、となかいでございます。

 今回レビューさせていただきます作品は、知る人ぞ知るファイナルファンタジーシリーズの第十三ナンバリング……の中の三部作目であります『帰ってきたライトニング』でございます。
 個人的には、無印の一部作目が、レベル上げの仕組みも(単純に)奥が深く、映像がシリーズの中でも最高峰の美麗グラフィックだったこともあり、最も良い出来であったように感じますが……まあ、タイマイマラソンに毒されたせいで脳がストッパーか何かをかけているのでしょうね。

海馬「悲劇は繰り返させません。フラッシュバックも許しません」

 ……えー、さて。本作のプラチナトロフィー取得難易度に関しましては、『事前予習と上手く動ける要領の良さが必要』とのことを踏まえまして、『普通』の星三つとさせていただきたいと思います。
 予習なし。ネタばれNG、だめ、絶対。
 の、理念を掲げる方のプレイでも、勿論プラチナトロフィー獲得まで漕ぎ着けられるでしょうけれども、下手をすると「もう一周……!」なんてことに繋がりかねないので。やはり、私の方からは、トロフィー目的の方にはおすすめ出来ませんね。


・トロフィー取得に当たって、最良効率を徹底した場合のライトニングさん(以下ライト)の動き。

  初周
 チュートリアル突破。
 メインストーリーに平行して各地のサイドクエスト、キャンパスクエストを順序良くこなす。
 六日目辺りに全てのメインストーリークエスト完了。この時サイドクエスト完了数は五十前後。
 十日目開始まで農作業。
 十日目にキャンパスクエストの大街道開通ものをクリアし、十三日目開始まで農作業。
 終極の冥宮にてエレキシュガルを毒殺。
 ルミナにへし折られた武器を修理してブーニベルゼを撃破。
 
  二周目
 アイテム収集。

  三週目
 アイテム収集。
 武器の強化、盾の強化。
 七日目までに世界が滅ばないようユグドラシルに輝力をささげる。
 七日目にアイロネート撃破。


 と、まあこんな感じですかね? 
 エレキシュガルに関しましては、ラ連バイオバイオで比較的楽に撃破可能ですし、
 アイロネートも、ラ連のアルテぶっぱでごり押しできますので、大丈夫でしょう。

 ストーリーはまあ、普通でしたね。特に感動もなしでした。
 デッド・デューンにて風化したアトモスを拝見した時ぐらいですよ、涙が込み上げたの。

おじ様愛好家「涙売ってますよー! 今なら300ギルでーす!」

 慣れない戦闘スタイルとムービー中の視点操作によるグラフィックの低下、始終時間に追われるゲームシステムのせいで、多少のマイナス補正がかかったのかもしれませんが……。おっと。これ以上は言いませんよ、コンセプトの否定に繋がりかねませんのでね。

 それでは、失礼します。

   ※ ※ ※

ホープ「僕は、何があってもライトさんの味方です」
ライト「…………」
ブーニベルゼ「時間おしてますよー」
ライト「…………」
ルミナ「時間おしてますよー」
ライト「…………」
ビッグス「すんませーん……受付時間外なんですぅ」
ライト「…………」
ホープ「また明日出直しましょう」
ライト「…………」
少年「わーい! 花火だー!」
ライト「…………」
チョコボガール「合言葉をどうぞー!」
気狂いしたライト「食べちゃうにゃんだ……!」

トロファー「まじかよ」
FINAL FANTASY 13シリーズで一番好きです
(Updated: 2016年 11月 21日)
FINAL FANTASY 13シリーズの3作目です。
1週目NORMAL,2週目HARD,3週目EASYでプレイしました。
個人的に難易度によってトロフィー難度が大きく変わると思っています。
以下、トロフィーについて解説していきます。

「13を超えた世界」
サイドクエストを12日目終了までにたくさん達成すればいいのですが、どこのサイトでも数があいまいで攻略本ですら明らかにされていません。参考になるか分かりませんが自分は42の時には駄目で、49の時はOKでした。なのでおそらく42~49の間かと思われます。
50も達成すれば確実に14日目に行けるでしょう。

「アクセサリデザイナー」
同じアクセサリを再び入手すれば、アクセサリが自動的に融合されます。1週で同じアクセサリを複数入手することは出来ないのでほぼ確実に周回プレイ必須になります。2週で集めるより簡単に取れるアクセサリを3週で集めた方が効率がいいと思います。

「神秘の霊薬」
アウトワールドのキャラが36万ギルでエリクサーを売ってることがあるので、それを買えばok・・・と言いたいところですが、今はアウトワールドのサービスが終了しておりこの方法を取ることが不可能になっています。よって必然的にソウルシードを100個集めることになります。攻略サイトや攻略本を見ながらソウルシードが出没しやすい所をひたすら回りましょう。ソウルシードは取るたびに次の出現時間まで出ないので注意してください。

「 超究武神 」
エレキシュガルは非常に強力で1週目のNORMALで倒すのは難しいです。かといって2週目のhardで倒すのも厳しいです。
自分は3週目のeasyで倒しました。なのでEASYで倒すことをおすすめします。NORMALやHARDで挑戦して失敗した場合、また周回してサブクエストを大量にクリアしなければならず面倒くさいです。

「 熱砂の竜殺し 」
アイロネートはエレキシュガルよりさらに強力なボスで1週目ではEASYでも倒すことは難しいと思います。2週目以降のEASYで倒しましょう。

「殲滅の死神」
エレキシュガルを倒す過程の終極の迷宮攻略中に取れていると思います。

トロフィーを取るだけならEASYを周回すればOKです。しかし、このゲームの本当の面白さを味わうためにあえて、1週目のNORMALプレイをお勧めします。
個人的にゲーム性、ストーリー共に13シリーズ最高傑作だと思いました。
特にEDは前作とはうって変わりこれまで13シリーズをやってきて本当によかったと思える素晴らしいEDだと思います。
このゲームをやって13シリーズを大好きになることが出来ました。
FF13を無印だけやっている人も是非やって欲しいゲームです。


ユールが可愛い。二人の男が惚れるのもわかる。
(Updated: 2017年 8月 11日)
EASYモードで2周、途中にHARDモードでの武器・防具集めを挟みました。
特に難しいトロフィーも無く、最後まで安定してプラチナトロフィーまで到達できました。
コンプ時間は104時間となっていますが、これはのんびり散歩するようにプレイした時間となります。
今作では1日24時間というゲーム内時間が設定されており、常に時間に追われるプレイとなりますが、EASYならGPが豊富に手に入るので、「モンスターを倒す→得たGPでクロノスタシス発動(時間を止める)→発動中に再びモンスターを倒して次のクロノスタシス用のGP獲得」のループで、時間をずっと止める事が可能です。モンスターが絶滅するとこのループも使えなくなりますが、その頃にはクエストはほぼ完了していると思います。

以下、少し注意が必要なトロフィーについてレビューです。

・【13を超えた世界】
祈りのキャンバスは輝力が得られないため、おそらく無関係です。
私はサイドクエスト62件クリアの状態で13日目に入ったところ、14日目まで延長されました。
ちなみに14日目への延長は、後述するいくつかトロフィーにも関係しています。

・【ソウルテイカー】
私は意識しなくても自然と50個集まりました。
大陸橋開通後は何度でもシ界に入ることができますので、そこで集めれば大丈夫です。

・【アクセサリデザイナー】
1周目クリア後、HARDモードで最強武器を調達するのと同時に取得しやすいアクセサリーで融合回数を稼いでおくと良いです。

・【神秘の霊薬】
エリクサー入手が条件ですが、入手手段はアウトワールドキャラから購入するか、ソウルシードを100個集めるかです。
アウトワールドキャラから購入してトロフィー取得後、ロードし直してギル回収するのが一番楽です。
ソウルシード100個収集はおそろしく骨の折れる作業です。私はキャラからエリクサー購入後、自力でソウルシード100個を目指しましたが、80個を超えたあたりから大陸橋をいくらマラソンしても入手できなくなり、諦めました。
今作はオンライントロフィーが無い内容になっていますが、事実上これがオンライン専用トロフィーだと判断してもいいでしょう。

・【破壊の聖衣】【超究武神】
終極の冥宮の最下層(地下33階)をクリアすることで両方とも取得。
このダンジョンに挑むには、14日目を出現させる必要があります。
ダンジョンに登場する敵はすべてラストワンとなりますが、あらかじめ絶滅させていた敵は出現しません。私は事前に大型モンスターのほとんどを絶滅させていたため、楽に最下層までいけました。
最下層ボスは、ラ系魔法でノックダウンさせた後にバイオ連発で簡単に倒せました。バイオを当てるタイミングは、バリアを破壊してさらにノックダウンさせた後ですので注意。

・【熱砂の竜殺し】
1周目クリア後のHARDモードで最強武器・最強防具を購入した後、2周目のEASYモードで挑んだところ、エーテルを2個使用したものの安定して倒せました。
ダメージ1万超えの攻撃をしてきますが、それは甘んじて受け入れてアレイズで復活したほうが効率が良いです。
アウトワールドキャラのおみやげにて、エーテルターボが5800ギルという安値で買えますのでアイロネート用に沢山買っておくと安心です。
私としては、アイロネートを倒すだけが目的なら、ウェアやアクセサリー・武器・アビリティをいろいろ工夫するよりも、エーテルターボを大量購入してGPに物言わせて強引に特攻したほうがいいと感じました(勿論EASYモードでの場合です)。

・【会心の一撃!?】
10万超えのダメージを与える事が条件ですが、HARDモードで最強武器を購入していれば、EASYモードのノックダウン攻撃にて30万とか50万とかのダメージを与えることができます。
私の場合は最高で90万ダメージまでいったことがあるので、2周目を遊ぶ予定なら問題ないトロフィーといえるでしょう。

〈感想など〉
FF13三部作の結末がどうしても知りたくてプレイしました。
急ぎ足で終わった感じはするものの、ひとまずハッピーエンドに落ち着いて安心してます。
13‐2からタイムトラベル的な物語になっていき、LLFF13をプレイする頃には数百年という年月がまるで数週間であるかのような感覚になり、時間感覚が麻痺してきました。
個人的には、FF13や過去のFFシリーズと同様、固定された一つの時代・時間軸の中で繰り広げられるストーリーのほうが好みですが、それでもFF13シリーズには大満足しています。
ライトニングさんかわゆす(*´ω`*)
FF13シリーズ全作これでコンプ(`・ω´・)
難易度的には攻略とか見ながらやれば特に問題なくプラチナまでいけると思います
イージーで全てトロが取れるのでイージーでやると楽になります(*´ω`*)
ライトニングさんかわゆす(,,•﹏•,,)
大団円
色々酷評されてるけどFF13シリーズ全て楽しかったです。ライトニングさんにもう会えなくなるのはさびしい。

【神秘の霊薬】持ちの人を探すのに少し時間がかかりました。お金に余裕ができた時点で積極的に探し始めたほうがい
いです。

最後に残ったのはなぜか【アクセサリデザイナー】。3周目に3個目のアクセサリゲットでプラチナゲット。
女神がいなくなった世界とは?
(Updated: 2014年 10月 30日)
FF13を冠した最後のタイトル、強引さは目立ったが素晴らしい幕引き(エンディング)が見られた。
特に前作でボス的存在だったカイアスが、いぶし銀の如き仕事をさらっとやってのけて、
裏切られたはずのノエルが酬われたのは個人的に良い展開だと思えた。
そしてクールが代名詞だったライトニングの最後に見せた温和な表情。それがすべてを物語っている。
 
無駄に転成マラソンしたせいで100h弱となってしまいましたが、トロコンは難易度Easyでも問題なく、
他の方のレビューや攻略wikiを参考にすれば2周目には達成できると思います。
至高のキャラゲー
普通にプレイしていたら何の苦も無くコンプできました。

【神秘の霊薬】のみ、ガチで狙うのはかなり厳しいので、運頼みとなりましたが、
コンプまでにエリクサー持ちの方と4-5回くらい出会えたのでよほどヒキの悪い方でない限り
鬼門という程でもないと思います。

FF13ファンにはたまらない至高のキャラゲーでした。
R
難易度は関係ない
周回2でプラチナは取れますが、初周回で砂漠のアレと13日目突破時に
出現する隠しダンジョンは周回してからでないとイージーでも
無理ゲーになります。

トロフィーを狙うならイージー一辺倒で構いません。

隠しトロフィーの「破壊の聖衣」「超究武神」「熱砂の竜殺し」はラスボス以上の強さを
持つ難敵を相手にしなくてはならず「破壊の聖衣」「超究武神」を狙うなら
早い段階で大型モンスターを絶滅させないといけません。特にアースイーターと
チョコボイーターとラスダンの雑魚共。そうすれば14日目の隠しダンジョンの難易度は
下がりますが最下層にいる奴が相当強いので厳しい。

「熱砂の竜殺し」はヘイストによるごり押し最短クリアが望ましいです。
というのも戦闘に飽きたら逃げるという特性があり逃げる前に倒す必要があります。
かなり忙しい判断能力を強いられるのでキツイですが倒せない訳ではありません。

「会心の一撃!?」は全く意識しなくても取れますので・・・嫌でも!
チョコボイーターを倒した時に突然99999になったのでw

ちなみにスクエニのゲームとしては簡単な部類になると判断し難易度2としましたが
ノーマルだったり初心者だと4くらいにはなります。初見殺しゲームです。

浜渦さんの「閃光」という曲・・・FF13の戦闘曲のアレンジ大量って事もあり
難易度は高いけど音楽に救われているというのもあり無事に短時間でトロコンしました。
サントラも欲しいけど・・・r(^^;)
13シリーズ最終章
話題のFF13シリーズの最新作です。
ライトニングが好きな方は是非。

大半のトロフィーは普通にプレイしているだけで取れます。
ただしいくつか厄介な条件のものがあるため注意されたし。

【会心の一撃!?】
10万を超えるダメージを出せばいいのですがプラチナまでにはとれるかと。
本作はダメージが今までにないほどインフレしていて、密林の狩人ウェアなどを装備していたら簡単に出ます。
自分は、砂漠に出てくるグランガッチをノックダウンさせたあと、初回特典のソルジャー1STウェアの凶斬りで早い段階で取得してしまいました。

【神秘の霊薬】
エリクサーを入手すれば獲得。
他ユーザーがおみやげとして放出していたので、購入しました。
ただし法外な値段なので、ギルは多めに持っておいた方がいいです。
普通にプレイするとソウルシードを100個も収めなくてはならないので、その場合はこのトロフィーが一番の鬼門かも知れませんね。

【超究武神】【破壊の聖衣】
隠しダンジョンをクリアすれば同じタイミングで獲得できます。
最後に待ち受けるエレキシュガルはバイオ(毒)が効きます。

【熱砂の竜殺し】
アイロネートはラ系魔法で4回ブレイクさせた後オーバークロックを使い、ウェア「密林の狩人」のアルテミスピアス連打で取れました。
難易度はイージーです。

前々から楽しみにしていた13の最新作、自分はかなり楽しめました。
13-2とは違い、苦労が報われる納得のいく結末となっています。
トロフィー難度は☆2。
大半のトロフィーはただプレイしているだけで取れますが
アイロネート、エレキシュガルといった凶悪なボスキャラを倒さなければならないのでそれに対する対策は必須となります。
最低難易度の『EASY MODE』でもプラチナ取得が可能な上、難しいトロフィーも特にないのでプラチナ取得難度は★ 2。【アクセサリデザイナー】が厄介なので、1 周目はマップ上に落ちているアクセサリーを全て集めておくと良いです。

普通にやっていると【神秘の霊薬】のトロフィーが取得し辛いです。
私は『光都ルクセリオ:南駅 聖像通り』で歩いていたら「エリクサー」という名称を付けたアウトワールドキャラクターが居たので購入させて貰いました。
参考になるか解りませんが、『コンフィグ』→『アウトワールドキャラクター』→『全て登場』という設定にしてました。
事前にサボテンダー狩りをしてお金を溜めていないと、折角見つけても購入出来ない場合があるので、その点は要注意です。

私は序盤から『アパンダΩ』のドロップ武器である『豪刀マッスルチョッパー』を装備していたので、1 周目で『終極の冥宮』踏破を目指しました。
アウトワールドキャラクターから『エーテルターボ』をたくさん買い溜めしておくと『エレキシュガル』戦が非常に楽になります。
地味に大変な【熱砂の竜殺し】も、『エーテルターボ』が幾つかあればガード等一切せずに倒せるので非常に楽になります。
『オーバークロック』で常にラ系魔法で攻撃してノックアウトを誘発させ、大ダメージが与えられる回数に達したら、再び『オーバークロック』で『アルテミスピアス』を連打するだけ・・・無強化の『豪刀マッスルチョッパー』でも倒せました。
シリーズ完結、有終の美
(Updated: 2017年 8月 28日)
コンプ難易度は、難易度依存トロフィーなし・作業もほぼなし・時間は普通ぐらい、以上3点を考慮し☆2。
☆2の中ではそこそこの難易度ですが、☆3にするほどではないかと思ったのでこの評価となりました。
FFXⅢシリーズで一番面白かった
ほとんどのトロフィーはメインストーリーを普通に遊んでいるうちに取れます。

まず1周目はイージーで普通にクリアし、次にハードでユスナーンで買える天の叢雲を買います。
(お金がない場合は、サボテンダーを狩って稼ぐ。)
それが終わったらもう一度初めからやり、エレキシュガルとアイロネートを狩る準備をします。

アクセサリの融合を30回行うアクセサリデザイナーが地味に面倒なので、
どの周回でも探索はきっちりやっておくことをオススメします。

あとエリクサーを手に入れることで取れる神秘の霊薬ですが、
ソウルシードの持ち込みは周を跨ぐとクリアされているので
1周で集める必要があります。個人的には一番面倒臭い作業でした。

1周目色々探索している時にシ界が発生したらソウルシードを積極的に集めていけばなんとかなると思います。
足りない場合は、10日目以降から行ける大陸を結ぶ橋は常時シ界が発生しているので
そこで稼ぎましょう。

エレキシュガルとアイロネートは攻略法がわからないと少しキツイので
勝てない場合はネットの攻略法を参考にしてください。

難なくコンプできました
2周でコンプしました
ソウルシードは意識してとっておきましょう

まず一周目は攻略見ずにクエ45個くらいで終極の冥宮までいきましたがエレキシュガルがきついので2周目にしました。
一周目は初見ということもあってまんべんなく探索してステータス上げやらアイテム収集がけっこうできました
アクセサリーはたくさんとっといたほうがいいと思います。

終極の冥宮で出てくる敵がアクセサリーなどをおとすので一周目でも一応最終階層まではいって損はないはず

一周目をクリアしたらまずハードを選びましょう
7日までスキップしてサボテンダーをかりまくって金稼ぎと戦闘回数をかせぎます
これを2~3回くりかえしてハードでユスナーンで買える天の叢雲をかいます
自分は二本買いました

そしたら2周目イージーでアクセ意識しながらエレキシュガルまで進めれば普通にコンプできるはず

アイロネートとエレキはノックアウトさせればオーバークロックで天の叢雲で凶切りでごり押しで勝てます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。