ダンテズ・インフェルノ ~神曲 地獄篇~

Updated
 
1.4 (29)
911   2   0
ダンテズ・インフェルノ ~神曲 地獄篇~

製品情報

ジャンル
アルティメット地獄アクション
価格
7,665円
発売日
2010年2月18日
対象年齢
CERO:D 17才以上対象

 

ユーザーレビュー

29 reviews

5 stars
 
(0)
4 stars
 
(0)
3 stars
 
(0)
2 stars
 
(0)
1 star
 
(0)
コンプ難易度 
 
1.4  (29)
View all reviews
評価 (数字が大きいほどよい評価となります)
コンプ難易度
トロフィー獲得に要する難易度
レビュー
コメント
You will be able to upload media right after you submit your review.
DLCはやってません
(Updated: 2017年 2月 01日)
2014年1月2日に取得

ストーリークリア+回収物+闘技場で取れます。
難易度によるトロフィーはないので最低難易度でもオッケーです。


〇ボタンの光の十字架がやたら強いです。
これでクリアまで行けます。

wikiで回収物の確認は1周目からした方がいいと思います。
回収物は一種類ではないので注意です。まとめて取りましょう。

【聖職者&罪人】
特に難しいわけではあるませんが偏りがないように注意してください。
おそらくなにも意識しなくても大丈夫ですが。

【地獄の門】
少し長かったように感じます。
十字架でなぎ倒しましょう。

【華麗なる詩】
一番難関なトロフィー
これがなかなかめんどくさいです。
2周目に解禁される難易度(Infernal)で最終の’悪意’のマルボルジェ1で魔法が無限に打てるところでひたすら父の罪を打ちましょう。
父の罪は3にしておきましょう。
またブルータスのコインがあればコンボが途切れにくくなります。
失敗した時のためにその手前でセーブをしておきましょう。

プラチナは簡単に取れますがトロコンは難しいらしいですね。自分はやってませんが。
プラチナ目的ならおすすめです。安いですし。
ルチアの試練取ってみ。取得率0.1%w
この作品はGOWの劣化版だの糞だのブーストゲーだのぬかしてやがるが
ルチアの試練をクリアしたのかね?チミ達???
ルチアの試練取ってから値打ちこいてよ。

本編は書くこと無いなぁ~wこんなもん誰でもプラチナ取れる。

二人用ルチアは☆5あるよ。相方が下手糞ならまぁ無理だな。
自分は某掲示板で相方を募り4人変えて5人目でやっと猛者が現れ取れた。
悟空とべジータでベジットにならねーと無理。

これ100%の人を私は見た事ありませぬwww
一本道のアクションゲーム。
よく言われているように、ゴッド・オブ・ウォーをイメージすれば内容を想像しやすいかと思われます。

プラチナは取りましたが、DLCはやっていないのでコンプはしていない上での評価です。
特定難易度でクリア系のトロフィーがなく、最低難易度でやればいいのでゲーム自体がとても簡単です。
プラチナを取るだけならオンライン要素もないです。
気を付けるべきは収集要素を取り逃さないようにするくらいでしょうか。
罪人はすべて赦し、敵は罰す(特に大型敵をうっかり殺さないように気を付けなるべく罰す)を意識して進めた結果、引継ぎ二周目の貪欲の終わり辺りまで+地獄の門闘技場でプラチナを取る事が出来ました。

「よくやった、ユダ」「輝きの遺物」「闇の遺物」「罪人」「道標」
情報が出揃っているので、攻略サイトや動画を見ればこれらの収集系を取り逃すことは無いと思いますが、来た道を戻れない一本道ゲーなのでセーブを複数に別けておいた方が無難かと思います。

「華麗なる詩」
忘れずに一周目"女街や色魔"手前でセーブデータを取っておきましょう。
プルータスのコインじゃ手に入れたらこのセーブポイントまでに3に育てておくといいです。
父の罪はLv1でも問題ありませんでした。


チェックポイントが多いからいいものの、即死トラップと転落死が多く、死んだら収集物を再度取り直さなければいけないのが結構面倒でした。
あとやっぱりゴッド・オブ・ウォーが頭をチラつきましたね。
海外版をやったのですが、片乳ポロリとかダンテさんのナニとか日本版は絶対に規制されてるんだろーなーなんて思いながらプレイしていました。
2出そうで出ないな
まさにGOW。
武器が鎌と光放つ十字架やら。
十字架が強いので特につまるとこはない。
他の方がおっしゃる通り、ブーストゲー。
wiki見てサクッとプラチナ取っちゃいたい。
落ちてるプラチナを拾うようなもの。簡単すぎ。
(Updated: 2014年 1月 25日)
短期間で気軽にサクッとプラチナブーストできる作品の一つとして、これが挙げられます。
いやぁ本当にあっという間にプラチナでした。
ただ、収集系がちょっと多く、「ベアトリーチェの石」は三つだけなので良いとしても、「マナコイン」「遺物」「罪人」に関しては同じ周回で同時に集めようとすると、三つの情報を同時進行で確認しないといけなくなり、取りこぼす危険性が増します。スキル制覇の関係で事実上ほとんど2周のプレイは必要なので、できればその2周内で収集物をうまく分けてコンプしていきたいところですね。
以下、一応注意しておきたいトロフィーをレビューしていきます。

【よくやった、ユダ】
このコインは1周内で30枚集めないとならないので、取りこぼした先で上書きセーブしてしまうと、もう1周するハメになります。
ここだけよーく注意しておいて下さいね。無駄な時間を費やさないためにも。

【遺物ハンター】
コインと違って一度取得したものは周回重ねても取得済みとなります。
ただ、これも入手地点を過ぎて上書きセーブしてしまうと、もう1周が確定するので要注意。
これはもう一本道ゲームの宿命ですね。

【罪人】
27人と記載されていますが、罪人は27人しかいません。
したがって事実上これも収集物コンプ扱いとみてよいでしょう。
私は幸いにも、この罪人だけは1周目で自力で全員見つけることができました。
ちなみに「罰する」よりも、「赦す」のほうが倍以上の魂が貰えます。
また、この罪人によって得られる残虐&神聖ポイントは、遺物によるポイントアップの効果がきちんと反映されます。得られるポイントは通常600ポイントですが、遺物で3割増しにすれば780ポイントも貰えることになり、この180の差は結構大きいです。

【地獄の門】
アクションゲームによくある、いわゆるチャレンジモードのようなもの。
敵が襲ってくるステージが、全部で50あります。
でもどれも非常に簡単で、ステータスフル強化の状態なら簡単に攻略できます。簡単なゆえに、50あるステージが若干作業にも思えてくるほどです。
ちなみに十字架攻撃連打で楽勝とありますが、鎌攻撃でも普通に楽勝です。十字架攻撃だけだと単調な作業で退屈になると思いますので、ときおり鎌で遊んでみるのも良いですね。

《まとめ》
ぶっちゃけ、ゴッド・オブ・ウォーシリーズのパクリ作品(それも劣化内容)だと思って良いでしょう。まぁGOWシリーズも鬼武者シリーズの影響を強く受けてはいるんですけど、ダンテズ・インフェルノに関してはやはりGOW寄りの内容だと思います。
システムもボタン配置も、敵のパターンや戦闘スタイル、演出まで、事細かにGOWにそっくりです(笑)。
初見殺しが目立つのがちょっとイラっときましたが、ゲームとしてはそこそこ楽しめる内容なので、退屈はしないかなぁと思います。
なんにせよ立派なブーストゲーで中古価格も暴落してますので、お勧めの一本といえるでしょう。
鎌の存在意義を問うゲーム
トロフィーを取得するタイミングと全収集要素が詳しく載っている大変ありがたい攻略サイトがあるのでそこを見ながらやればプラチナは確定です。
成長要素は善側に全て振っていけばストーリーもサバイバルも詰まることなくクリアできます。
難易度トロフィーもないので★は1です。GOWシリーズやってた人には簡単過ぎると思います。
こっこれが…ブーストゲーか…。
(Updated: 2013年 6月 25日)
中古で800円だったし、簡単にプラチナがゲットできるって聞いたので、購入した。
本当に簡単にプラチナゲットした。

攻略サイトを開きながら、収集物を集めて、一番簡単な難易度で、プレイして一周目終了。(ムービーなど見て10時間くらい)
その後、闘技場というサバイバルモードをサクッとやる。
残ったトロフィー回収の為に、二周目開始、経験値稼ぎをして、二つのレベルをマックスまで上げて、終盤付近の魔法使い放題のところで、難易度を最高にして、ヒット数を666以上にする。

それでプラチナゲット。

ゲームとしては、クソゲーではないが、若干不親切とも言える箇所が数カ所。話しが意味不明だったり、文字がPSレベルの荒さだったり、武器が鎌かビームしかないのでちょっとバリエーションに欠ける、でも敵を半分に引き裂く描写が爽快です。
アクションゲーでさくさくやれて、作業が飽きたって人にはちょうどいいぐらいの気分転換になると思います。
ただDLCを買って、更なる地獄の試練を超えないとトロコンは出来ないようなので、トロコン狙いは注意。プラチナ狙いならオススメです。
宗教的表現が強い
(Updated: 2012年 10月 17日)
宗教的、哲学的な表現が多いので嫌いな方にはあまりお勧めできません。
GOWのパロといってもよい程ボタン配置まで一緒です。ただ、簡単すぎるのでアクションをよくプレイされる方はトロフィー目的でも初回イージー選ばない方が良いかもしれません。

収集物さえ無ければ★1レベルです。
R
地獄()巡り
難易度指定の物がないので最初から最後まで最低難易度でのプレイを推奨します。困ったときは〇ボタン連打の十字架乱舞でどうにかなります。

収集物のユダのコインは一度に集める必要があるので、一つでもとり逃すと次週確定です。そこまでいやらしい場所にあるわけではありませんが、普通にやっている分には気づきにくい場所ばかりです。

wikiのメモにムービーが飛ばせると書いてありますが全部飛ばせるわけではないので勘違いしないように。

おすすめのプレイとして、一週目にwiki見ながら収集物を集め、罪人と敵は全て許して神聖レベル先にあげて、二週目で不浄レベルを上げる。罪人は許した方がもらえる魂は多いので、そちらを勧めます。


・十字架の力/よくやった、ユダ/輝きの遺物/闇の遺物/罪人
http://dantesinferno.web.fc2.com/
↑のサイトを見つつ、コインの数を照らし合せながらやれば遺物も一緒にとれるのでお勧めです。

・華麗なる詩
終盤、魔法で敵を倒すように指示される場所があり、その際マナが無制限になるので強化した父の罪を連発していればとれる。難易度"Infernal"なら700ヒット以上は確実に超えるのでおすすめ。

・地獄の門
50WAVEクリアするのに最低難易度でフル強化した状態で挑んでも4、50分はかかるのでまとまった時間を見つけてやりましょう。

ちなみにロードしたセーブデータは、地獄の門では神聖不浄レベルとスキルしか適用されないうえ、稼いだ魂や上げたレベル、習得した技はいっさい元のデータに反映されないので注意。最低難易度でクリアする場合、魂は大体12000ぐらいしかもらえないので、レベル上げやスキル習得に利用する際は計画的に。



最後にこのゲームの感想を述べると、正直ラストリベイリオン以上につまらなかった。スポーツ系でルールが何もわからないとかならともかく、万人向けのアクションゲームでここまで何の面白味もないゲームそうそうないと思う。ラスリベを上回るクソゲーっぷりには正直愕然とした。

なので簡単にプラチナが欲しい方以外は金ドブレベルなのでお勧めしません。
会話に「ベアトリーチェ」っていう固有名詞がよく出てくるよ!
youtubeでdante's inferno 収集で検索してみてください。その動画を見ながら一周すればプラチナ獲得はほぼ確定です。
ゲーム自体は、とにかく十字架が非常に強いので苦戦することはないかと思います。
dlcはやってないので分かりません。
独特の世界観。
収集物は一個でも取りこぼした時点で2周目でもう一度取らなくてはなりません。でも、一週目で取った収集物は取ったことになっているのでご安心を(引き継いだ場合)
地獄の門がなかなかなトロフィーに見えますが、
鎌でタイムボーナスを得続ければとても安定します。
ただしDLCは色々不都合があるので、
100%トロフィーコレクターにはお勧めできません。プラチナコレクターならおすすめです。
亡者と罪人が蔓延るこの世界観を独特と考え、受け入れるか、気持ち悪いと考えて、拒むかによってゲームの内容のとらえ方も、かなり変わってくると思います。
トロフィー100%となると★4に化ける
(Updated: 2012年 4月 06日)
本編は他のレビュアーさんの言う通り十字架連打で終わります
多少の鎌コンボも覚えると更に楽です。

プラチナを取るには2週する必要があるので
1週目の収集物は取りこぼしなく進め
2週目はサクサク終わらせた方が効率良いです。

問題のトロフィー100%となるとDLCの
『すべては試練の中』が十字架だけではクリアーはできず
鎌コンボ&特殊技を駆使しなければいけません。

鬼門になるのが2人用、難易度ゴールドのAscensionが激しく難しく
5-1からマナが少ししか出てこない上に強力な敵を6-4まで相手しないといけない状況が続きます。
はっきり言ってこのステージだけが異常に鬼畜で何故かプラチナステージより
難しい調整ミスの謎仕様な上に突然死するバグまでオマケされています。
(ホント馬鹿じゃないの)

今はホストしても誰も居ません。
Ascensionはフレと入念な作戦会議をした後、挑むべきだと思います。
要は5-1までマナをどれくらい温存できるかがカギです。
完全にマナが無くなれば救済も有りでしょう6-4で召喚師倒さずマナ貯めできます。

プラチナは★1で十分ですが100%目指すのでしたら覚悟は必要かと思います。
暗き森はお金払ってまでする内容ではないですが100%の為、仕方ありません。

ベアトリーチェ~
自分ができる、数少ないアクションゲーム。
収集物が面倒だが普通やれる!

乳首からモンスターが出てくるシーンは‥‥

トラウマをありがとう。
続編は果たして出るのか…
(Updated: 2011年 8月 14日)
本編+おまけモードクリアが必要です。

この手のアクションゲームにありがちな難易度クリアトロフィーが無く、そういう意味では複数周クリアの必要はないのですが、1周だけでは育成関係が全体の半分程度しか消化出来ません。
おまけモードでの育成も可能ですが、素直に2周した方が効率的です。
ちなみにゲーム内では遺物と呼ばれる装備アイテムと育成状況は次周以降にも引き継ぎが可能です。

2周することを前提とした場合、1週目は十字架強化と魔法「聖なる鎧」の取得を目的とした善側育成がオススメです。
というのもこのゲームは十字架連打で9割突破出来るような大味な戦闘バランス。
加えてメインであるはずの鎌で行う近接攻撃には中型モンスターがカウンターをしかけてくる始末で、鎌を使うことはリスクでしかないと言っても過言ではない謎仕様。
更に魔法「聖なる鎧」は短時間ではあるものの無敵状態になり、ライフ回復も同時に行えるという乱戦・ボス戦でのゴリ押しを可能にするチート級仕様だからです。
善側育成さえ行えばアクションが苦手な人でも戦闘で苦労することはないでしょう。
(もっとも落下死をすることが良くあるかもしれませんが、これはまた別の話ということで…)
ちなみに「反撃」の「カウンターで敵を20体始末する」ですが、これは赤子のようなモンスターが群がる地点での取得がオススメです。

収集関係はカメラの死角を上手くついた場所に隠してあったりもしますので、動画などを参照しながら行うのが確実です。
あとコメンタリー収集は話しかける相手が消え去るまで何度も話しかけることを忘れないようにしましょう。

おまけモードの地獄の門ですが、本編の育成状況を引き継ぎ、時間制限のある中で敵と戦い続けるモードとなっています。
難易度を最低に変更することを忘れなければ十字架連打で問題ありません。
難易度がノーマル以上だと、やられないまでも時間切れを起こしてしまう危険性がありますので注意です。
もし2周クリアしても育成が終わってない場合はこのモードを利用しての補完も可能です。

プラチナは簡単だと言えますが、全員が最低難易度でプレイするとは限りませんし、仮にもアクションゲームなので★は2とします。

以下は追加トロフィーについてです。
ちなみにどちらのDLCも本編の育成状況とは無関係の固定ステータス下でのプレイとなります。

DLC 暗き森パック

攻略手順を事前に把握していれば15分ほどで終わります。
もし把握していなくても1回やれば理解出来ますので、ミスらなければ2周で30分くらいでしょう。

難易度でいえば★1ですが、内容があまりに薄いので100%を目指すプレイヤー以外にはオススメしません…。

DLC 聖ルチアの試練

おまけモードの地獄の門を発展させたような内容のDLCです。
ステージのエディット&アップロード機能などやってることは先のDLCの比べて濃いのですが、このゲームで最も未完成だと言える戦闘に特化するというありえない判断により苦痛以外の何物でもありませんでした。

難関は言うまでもなく「すべては試練の中」で指定されているCOOP試練クリアになります。
COOPはオフライン不可オンライン限定ですが、まず過疎っているという問題があります。
仮に運良く相手が見つかったとしても、試練の中には調整が不十分かつ理不尽という意味で難しいもの、運が絡むものが存在し、決して簡単に終わるものばかりではありません。
またCOOP試練だけでも全てをクリアするのに数時間は要することになります。
もし本気でトロフィー取得を目指すのであれば、目的を共有したフレンドと挑むことを強く推奨します。

他のトロフィーについては基本的に作業になります。
早く消化したい場合は数秒で終わるquickやeasyの単語が入っているステージを選びましょう。
ただ注意したいのが「批評家」の「100個の試練を評価する」で、100個ではダメだという報告があります。
必ずかどうかはわかりませんが、少なくとも私も100個ではダメでした。
やり続けて200個もしない内に取得出来ましたが、理由が不明なだけに不安でした。

このDLCだけで実に14時間を費やしてしまいした。
COOP相手が確保出来る場合の難易度は★3程度だとは思いますが、時間や難易度以上に精神的に疲れるものがあったというのが正直なところです…。
「世界観」に拘りすぎた
長らく放置していたソフトの内の1本。

この作品に限らずEAのゲームは「世界観」の作り込みには感心する。

ただ、そのせいでも無いだろうが肝心のエンタメ性が疎かになる場合があってこのソフト等は、

その代表と言っても良い。

とにかく、本編に関してはボタン連打で全て終わる。

後、収集系は自力では見落とすモノもあるかも。(私がそうだった)

トラップもまあ、それほどでもない。


しかし、冒頭で述べた様に神曲や史実をベースにした地獄行物語に魅了される人は少なくないかも知れない。
難易度トロフィーがない
アクションですが難易度トロフィーがないため
アクションでは一番簡単だと思いました。
気をつけるのは収集物だけです。
2週することになりますがそれほど時間もかかりません。
GOWとかやってる人にはお勧めです。

プラチナ取得するだけなら簡単!
最高難易度でのクリアとかはないため難易度Classic(イージー)で
やればかなり時間を短縮できストレスはあまりない。
1週目は神聖ルートで罪人をすべて赦し、
2週目からは不浄ルートで罪人を罰すれば簡単にプラチナ取得できる。
収集物は取りこぼしに注意し1週目ですべて取れば楽です。
666HITコンボはwiki参考にすれば簡単。
スムーズにクリアできれば10時間前後でクリアできるはずです。
"プラチナまでなら" ★☆☆☆☆
(Updated: 2012年 1月 09日)
このソフトでのプラチナ獲得については他のレビュアー方のレビューを観れば十分参考になると思いますので、トロフィー100%を念頭に置いた場合のことレビューしたいと思います。

このゲームには"トロフィーに対応"したDLCが2種類あります。

1つは本編クリア後のストーリーで「暗き森」というコンテンツ。
このコンテンツで得られるトロフィーはブロンズ×2個
残念ながら私の場合、面白さで言えばとても金額(ps3/¥500)に見合うものではありませんでした。
あくまでも100%にこだわる方以外は手を出さないほうが無難でしょうか(?)
攻略は自力でも多少迷う程度でクリア可。(攻略サイトでも攻略情報あり)

もう1つは「聖ルチアの試練」(ps3/¥1,000)
[得られるトロフィー]
・ブロンズ×7
・シルバー×3の、計10個。

こちらのコンテンツは少々変わった内容で、自キャラ(2種)・敵キャラ・ステージ・難易度・トラップ等の設定を自分で作りアップロードしたものを他のプレイヤーに遊んでもらったり、また、他のプレイヤーやメーカーの用意したステージをプレイし、楽しむチャレンジのような内容のものとなっております。
このコンテンツのみオンラインのみでのソロ・コーププレイとなっています。
が、しかし、酷い過疎サーバー&90%以上海外ユーザー(2010.12現在)なのです。
それと相まって本編とは別格の高難易度になっています。

上記のトロフィー10個を獲得する過程で、8個まではコツを掴んでしまえば多少の根気で済む内容です。
たぶんどなたも壁となるのは「スター誕生」「すべては試練の中」の2つでしょう。

スター誕生:
自作のステージを他のプレイヤーにプレイしてもらい四つ星以上の評価を受ける。というもの。
フレンドと購入しプレイした方ならもちろん簡単に獲得できますが、ガチで評価を受けようとすると単純に運に頼ることになります。
まあ、最終手段として自分でサブアカを作りプレイ&評価することでもOKとのことですが…。

すべては試練の中:
メーカーの用意したステージ(ソロ/25種・コープ/15種)をすべてクリアするというもの。
本編を十字架無双でプレイされてきたプレイヤーであれば、1から有効なコンボなどを研究し直さざるを得ない程のハイスキルを要求されます。
ステージ構成は長短、4段階の難易度と様々あり、その中で決められた縛りプレイをこなしてゆきます。
ソロであれば根気と根性でなんとかなる(?)かもしれません。
難易度を5段階で例えれば★3強って辺りでしょうか。

問題はコープです。
意思の疎通可のフレンドとプレイできるか、できないか…がカギとなるでしょう。
私の場合は最悪で、野良+VCなし+様々の海外プレイヤーとのプレイでした。
待機画面で1~2時間待ちはザラ。
酷いタイムラグ。
落ちたのか切れてしまったのか解らないですが、突然の終了&リトライ。

ここらへんに耐えられるのであればクリアした時の達成感は並ではありません…苦笑。
だいぶ長文になってしまいましたが、このDLCに手を出す際はフレンドまたは相当の覚悟を用意すると良いでしょう。
難易度5段階で例えれば★3.5~4.5(相手次第)

かのゲームにそっくりだーっ!!
攻略サイトを見ながら効率プレイをすればとても簡単にプラチナゲット出来るゲーム。
この手のアクションゲームでは珍しく高難易度クリアがトロフィー取得条件にないです。
666ヒットだけは敵が硬い事がほぼ必須条件になるのでここだけ最高難易度にする必要あり。
途中から難易度変え放題なのも意外に新設設計。

遺品や罪人の取りこぼしさえなければ2周目中盤で終了するでしょう。

何回も地獄に落ちたクレイトスさんを見てからだとまた違った地獄観が見れて面白い。
santa monicaは犬大好きで、Visceral Gamesは赤ちゃん大好きなようです。
十字架攻撃だけで、プラチナ取れます。

気をつけるのはやはり収集系ですね。累計でないとこが痛かった。

基本この手のゲームはサクサク行きたいが、取りこぼしがないよう気にしなければいけないから苦痛。

どのゲームも1周したら、チャプターセレクトをできるようにしてほしい。
GOWの地獄編
基本的に2週必須。
善と悪は、かならずどちらかに集中して成長させないと駄目です。
収集系は多いので注意して進む必要があります。(後戻り不可)
特にコメンタリーは忘れやすいので注意。
コンボ数はwikiのやり方でやれば大丈夫です。

出来としては、某スキンヘッドのおっさんの出てくるゲームに酷似しています。
ムービースキップが一部しか出来ないのも地味に痛い。

全てのトロフィーは難易度関係ありませんし、時間も20時間以内にコンプ
可能なので、★1とします。
セーブデータ管理が肝
(Updated: 2011年 1月 15日)
アクションだが、ベリーイージーでクリアするだけで良いので非常に簡単。
基本的に二周して、それぞれで善と悪の経験値を貯めるのがセオリー。
主力の十字架を鍛えるためにも、一周目は善推奨。

ただ収集物系が鬼門。
コインや遺物、罪人、コメンタリーと集めるものが多く、その上一度取りのがすとリカバリーがきかない。
こまめに収集物をチェックし取りこぼしに注意し、万が一に備えセーブは小分けにした方が良い。
また、収集物入手後に死んでチェックポイントに戻された際に再度入手しないといけないなど、細い面でストレスが貯まる。

また、コンボ666のトロフィーの為に、二周目終盤のセーブデータを残すことを忘れない。
このトロフィーを取り忘れて三週目をするはめになり、2~3時間程時間をロスするはめに…(´・ω・`)

攻略wikiに情報が殆ど無いため、トロフィーまとめwikiに載っている攻略サイトを参考にすると非常に楽。
また、GOWシリーズをやってからやると、出来の悪さにげんなりとするw
できる事なら、GOWをやる前にコチラをコンプすることを推奨。

P
トロフィーコンプは簡単
ユダコインを一周で集める
罪人を赦す、罰するを周回で分ける

これだけです
後は十字架を撃っていれば大概OKのゲームですので
アクション物は余程苦手な人でもプラチナが取れます

ゲームの出来は全てにおいてGod of Warの劣化コピーですので
トロフィー目的の方にだけはオススメ出来ますが
God of Warの直後にやることだけは避けた方が良いです
十字架連打
GOWによく似たアクションゲーム。

1周目は罪人を全て赦しながら神聖ルートで攻略し、動画などを参照しながらユダコインを集める。
2周目は罪人を全て罰しながら不浄ルートで攻略。
そうすると、『暴虐なる者』のトロフィーを獲得後に丁度マルボルジェ2に到達したので、そこで『華麗なる詩』を獲得。
その後闘技場で『地獄の門』を獲得してプラチナトロフィーとなりました。

難易度Classic、攻撃は十字架連打のみでクリア出来るので、アクションの苦手な方でも簡単にプラチナが狙えます。
また、GOWにこれでもかと言う程似ているので、GOW経験者の方はすぐに慣れると思います。
収集ものだけがポイント
1周でもプラチナは取れますが、2周した方が早く取得できます。その際引き継ぎされないものとして、ユダコインというものがあります。全30枚ありますので、これだけは1周目、2周目どちらかに集中して入手しておきましょう。

クリア後に出る地獄の門は十字架の連打で簡単にクリアできます。

GOWみたいなゲームですが、そこまで出来は良くないです。
View all user comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。