バイオニックコマンドー

Updated
 
3.0 (1)
199   1   0
バイオニックコマンドー

製品情報

ジャンル
新世代スウィングアクション
開発
価格
7,340円
発売日
2009年6月25日
対象年齢
CERO:D 17才以上対象

 

ユーザーレビュー

1 reviews

評価 (数字が大きいほどよい評価となります)
コンプ難易度
トロフィー獲得に要する難易度
レビュー
コメント
You will be able to upload media right after you submit your review.
最強の敵はスナイパーとバイオメック
一周目からコマンドーが選べるため理論上一周でコンプ可能ですが、無謀な挑戦ですので素直に二週しましょう。
とりあえず一周目はノーマルでコレクターとバイオニック級のチャレンジを取得し、二週目でコマンドークリアが良いかと思われます。
バイオニック級のチャレンジは、意識しつつやらないと面倒なことになるので注意です。またコレクターもちゃんと取得しとかないともう一周しなければいけなくなります。

コマンドークリアのコツとして
・手榴弾の弾数があがるチャレンジと体力があがるチャレンジを最低限やる
・銃をうつよりスローしたほうが楽
といったところです。

アクション面はかなりよかったんですが、オートセーブのみ、チェックポイントの間隔が長い、やっても収集物もチャレンジも達成できない無意味なレベルジャンプ、やる気のない豆鉄砲のような音の銃声とかなりストレスがたまったゲームです。
アクションは良いんですけどね
スナイパーを永久に葬り去れ
(Updated: 2012年 12月 26日)
難易度「コマンドー」で収集物とチャレンジを100%にしつつクリアすれば1周でもコンプは可能だが、このゲームのアクションがかなり独特で、非常に死にやすい「コマンドー」と並行してそれらをこなすのは無謀です。
1周目はノーマルで回収物とチャレンジを100%達成しつつクリアし、2周目は「コマンドー」で普通にクリアするのが無難かと。
1周目は主に操作に慣れるのを目的としたチュートリアルと考えた方が良い。 「コマンドー」からが本番。
回収物は動画を参考にしながら回収していきましょう。
普通に分からない場所にあるのとオートセーブが入り引き返せない仕様なので、自力で回収するのは不可能に近い。

難易度「コマンドー」ではとにかくよく死ぬ。
ビリビリ棒で殴られると1発で死ぬほどのレベルなので敵兵には極力近づかないこと。
この難易度で特に重要となってくるのは、アドレナリン、グレネード、BULLDOG この3つだ。
かなり重要になってくるので、グレネードの所持数を増やせるチャレンジは最低限クリアし、
これらの武器はなるべく温存して進めていった方が良い。
基本的にアドレナリンは各種バイオメックとポリクラフト相手に使っていこう。

あとは、難易度問わずにスナイパーと各種バイオメックが出てくるステージの難易度は他よりもかなり高い。
特にスナイパーのウザさは異常。
こっちの動きに合わせて照準も同じように動かしてくる(同時に同じ動きをする通常ではありえない反応)ので、
このスナイパー達はよっぽどの優秀な人材なんだろう…。
おまけに、どれだけ離れていようが狙って撃ってくるというしつこさ。
スタート地点にいるスナイパーがゴール地点を狙ってくるなんて事もあるくらいなので、
こいつらは極力葬って進んだ方が精神的にも良いかと思われる。
ある程度無視できるステージは、スナイパーが初登場するステージくらいだったと思う。
アドレナリン状態(ストレスMAX)になりたくなければ、極端な話全部を片付けていってもいいくらいだと思う。

次にバイオメック。 ゴリラみたいなやつと波動拳を撃ってくるやつが厄介。
特に初見殺しの波動拳のやつ。 弱点に気付かなかったらかなり苦労する。
波動拳を撃つモーションに入ったらそこを銃で撃ってやると
背中を向けてしばらくマグロ状態になるのであとはお好きなようにw
と言ってもこいつが初めて出てくるステージなんかはやはりキツい。
倉庫(?)を出て右へ進んでいると真後ろに背中を向けた状態で降りてくるので、
そのままそいつにアドレナリンを放出してやると1体目は無傷で倒せます。
残りの2体ですが、奥の大きな建物の向かって左側屋上で確かBULLDOGが支給されるので
こいつで何とかするしかありません。(うる覚えなのでもし間違っていたらすいません。)

これ以外で難しいステージは、図書館みたいなところで本気で殺しにかかってくるステージ。
(自分はここを「図書館戦争」と呼んでいますが別にそこはどうでもいいです。)
重要なのは、戦闘が始まる時までにアドレナリンをMAXにし温存しておくこと。
戦闘が始まれば、まず入口を見て左側に敵が降ってくるので急いでそこの2階部分に向かいます。
敵が降りてくるだいたい中央に移動したらアドレナリンを放出します。
これでこの第1陣は一掃できるはずなので後の戦いが多少楽になるかと思います。
敵の数が多いのですが、グレネードや支給されるBULLDOG(とサブマシンガン)を駆使すれば何とかなります。


コンプ難易度は、「コマンドー」の難しさ、スナイパーのウザさ、
一方通行且つオートセーブというシステム上の難を考慮して★3としておきます。
トロフィー設定が絶妙でゲームとしても面白かったので、個人的には凄くハマった作品です。
値段も安いしオススメです。
俺の左手はバイオニックアーム
(Updated: 2019年 1月 24日)
コンプ難易度 
 
3.0
500円で投げ売りされていたのを見て購入。
個人的には非常に楽しめたが、楽しめるかどうかは人による。

というのも、
・ジャンルこそアクションと銘打たれているが、戦闘場面はややTPS寄りのため、TPSが苦手な人には非常に厳しい。

・収集要素、ミッションの要素に一部条件の厳しいものがあり、トロフィーコンプのためには1周内で全てこなす必要があるが、死ぬと全てとり直し。セーブも少ないオートセーブのみで、タイミングを間違えると取り返しのつかないことに。

・死にゲーなゲームバランス。特にスナイパーと、バイオメック系の敵の鬱陶しさ。そして前述のオートセーブの仕様のせいで死ぬともう一度チェックポイントの最初から。難易度コマンドーでは、これが多重苦となって襲ってくる。

といった要素があるからだ。トロフィーを意識せず、また、アクションとTPSの両方を経験したことのある人は、楽しめるのではないだろうか?

トロフィーについて、収集物とミッションは、攻略サイトを見つつやれば問題ない。おすすめのポイントも書かれているので参考に。
ただ、数が膨大で非常に面倒くさく、セーブの仕様もあるのでバックアップ推奨。
難易度コマンドーは、驚くほど簡単に死ねる難易度。雑魚は極力無視したほうがいい。
ここでは、手榴弾とBULLDOGがかなり役に立つので、有効活用すること。
あと、銃弾の数が足りなくなることが多かったので、弾数の管理もしっかりと行うこと。

ストーリー自体が短めのため、難易度コマンドーは割とあっさり終了した。
個人的には難易度☆3だったが、全体的な難易度は、決して良くないシステム周りでの収集物全回収とミッション全完了、そしてコマンドー攻略に精神面で耐えきれるかどうかにかかっている。
そのため、難易度☆4のつもりでプレイすべし。

あのワイヤーを使ったスウィングアクションは非常に面白かっただけに、もう少しアクション寄りにしていれば、他の人にも勧められたのに、とは思った。このゲームは、アクションゲーマーではなく、TPSゲーマー向けのタイトルです。
バイオニックアームで敵を投げるさまとか、まさに、「人がゴミのようだ」である。敵に対する有効な対処法のため、敵が軽々と吹っ飛んでいく様は、見てて爽快だった。
狙ってるとしか思えない宣伝PVにバカゲー臭を感じ、上記タイトルにしたが、ゲーム自体の雰囲気は非常に重い。というか、バカゲー要素はどこにもない。
最後に、あのエンディングはどうなのだろうか?海外受けを狙っているゲームで、最もやってはいけないパターンの気がするが・・・
以上、面白いが、癖の強い、惜しい作品でした。

レビュー

コンプ時間
15h
売れないとベンが嘆いていたが、もっもだと思った
(Updated: 2011年 4月 18日)
面白いとの評判を聞き、安かったので買ってみたが…
正直自分には合わなかった。

頻繁に死ぬゲームデザインなのに、セーブポイントは数は少なく
せっかく獲ったチャレンジや収集物も死んでしまえばおじゃん
またオートセーブなのに、ステージ選択で獲り逃した収集物を獲りに戻ることも出来ない。

下手糞と言われてしまえば否定はできないが、ゲーム中終始ストレスに苛まれていた。

トロフィー的には、チャレンジと収集物、コマンドークリアが詰まり易いが、
意識してチャレンジをこなして、収集物の獲り逃しに気をつければ問題ない。
オートセーブ対策の為、USBメモリなどへのセーブデータのバックアップさえ忘れなければ問題ない。

コマンドーは、操作に慣れた二周目ならば時間はかかってもクリア自体はそれほど苦労しないと思う。
体力アップと手榴弾、BULLDOGの報酬を優先して手にいれればより楽になると思う。

正直、自分に合わないからストレスが溜まって仕方なかったので☆4としたが、
合う人ならば楽しみながら取れるかもしれないので、☆3くらいに感じるかも。

セーブポイントを増やしたり、ステージ選択で収集物が獲れたり、もうちょっとだけ親切なゲームデザインにしてくれれば、ストレスも溜まらなかったと思うのだが…
G
ゴー!ゴー!バイオニック!
1050円で売ってたので購入。いい買い物しました。
回収物自力で全て発見した人はすげえです。
回収物は攻略動画がありますのでそちらを参考にすればオートセーブに泣かずにすみます。

やはり難関は最高難易度(コマンドー)でしょう。
この難易度のスナイパーのうざさは異常。
基本敵はガン無視で強制戦闘もチキン戦法でいけばなんとかなります。
何回死んだか覚えてないけどゲーム自体面白かったのであまり気になりませんでした。
絶妙なトロフィー難易度。お勧めです。
最高難易度が若干難しいが、何度もチャレンジすれば誰でもクリアできると思う。
1週目は回収物とチャレンジを進めながらクリア。
2週目はコマンドーで、ダメージアップ、防御力アップなどの有益なチャレンジをクリアしつつ逃げに徹し、カイティングができるようになったらあとは楽です。

一番面倒なのはオートセーブ。
ステージをクリアしてしまうとオートセーブされてしまい、後に戻れなくなるので回収物がコンプできなくなります。
クリアしてしまった場合はXMBから強制終了させるなど細心の注意が必要です。こまめにセーブをバックアップするのがいいと思います。
面白いが回収物がなかなか難しい。
(Updated: 2010年 7月 07日)
意外とてこずった。

ずっと、積んでいたのだが何となく気が向きやり始めたら、これが結構面白い!
うむ、これは、PT穫りと意気込んだものの、ゲームの仕様がオートセーブの一方通行のため
回収物やチャレンジ、難易度のトロフィーを同時取得はほぼ不可能。

しかし、それでも尚、夢中にさせてくれる爽快感があり周回3周もなんのそので終わってしまった。

操作に慣れてくる迄にやや時間がかかるきらいがあるが、中々の歯ごたえも有り、推薦の一本。
トロフィーバランス、ゲーム内容完璧♪
(Updated: 2011年 3月 10日)
やる予定は無かったんですが
懸賞で当たったのでプレイ。
ゲームの内容はかなり面白いです♪
もっと評価されてもいいゲームだと思います!!

2周でプラチナ取れました。
1周は、フリープレイ。
2周は、コマンドーで回収物全部回収プレイ。

コマンドーは、難しいー!!!
と思う絶妙な調整でとても悩ませられましたw
回収物が最難関
2周でコンプ。
システムの都合上回収物が非常に集めにくい。
場所がわかりづらいのはまだしも、死んだら取り直し
ステージチェンジの場所が分かりづらく、入ったらはじめからやり直し
等初回プレイですべての回収物を集めるのは非常に困難だった。
そのおかげか、次周は最難度で全チャレンジ制覇の両立を目指したが
初周よりも比較的楽にクリアできた(スナイパーは異常に強かったが)。
糞ゲーだと思ってやったが、やってみると実は楽しい。
もっと評価されるべき作品だと感じた。
スキル:★3
 時間:★1
最高難度はかなりの死にゲー
(Updated: 2010年 1月 25日)
コマンドーモードを我慢できるかどうか。
難しいのはそれだけ。

時間 約25時間
スキル ★4
バイコマ  ★3.3
トロフィーバランスは結構良い♪

ただし難易度コマンドから一気に死にゲー化するので胃の弱い人はやめたほうがいい。
だが、それはあくまで雑魚だけで、ボス関連は他の難易度とさほど変わらず簡単な方。
回収は参考サイトがオススメ
(Updated: 2010年 1月 01日)
高難易度が難しかったです
レビュー投稿者トップ500 24 reviews
PS3トロフィーまとめWikiからの移行データ
PS3トロフィーまとめWikiからの移行データです。
P
レビュー投稿者トップ50 102 reviews

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。