パペッティア

Updated
 
2.0 (2)
507   2   0
パペッティア

製品情報

ジャンル
アクション
価格
5,980円
発売日
2013年9月5日
対象年齢
CERO:A 全年齢対象
価格等
ダウンロード版 4,900円

ユーザーレビュー

2 reviews

評価 (数字が大きいほどよい評価となります)
コンプ難易度
トロフィー獲得に要する難易度
レビュー
コメント
You will be able to upload media right after you submit your review.
ミュージカル調でピカリナが可愛いアクションゲーム
コンプ難易度 
 
2.0
PS+で無料だったのでプレイしました。
攻略wikiは情報の抜けがあったので、2番目のサイトを参考にしています。

収集系の一部は1周目だけでは集められないので、ストーリーを一度クリアしてからトロフィー収集に入るとよいでしょう。
一度クリアしたステージは、ステージセレクトから何度でもプレイできます。
また、収集系は攻略サイトを逐一チェックしながら進める必要があります。

メモにもある通り100ムンピーや三兄弟イベントを含む収集系は
基本的に、一度でも取得していればOKです。

2P操作系のトロフィーは一番最後に回して、一気に獲得してしまった方が楽だと思います。

以下はトロフィーの簡単な解説です。

「ボーナスの鉄人」
ボーナスステージさえ見つけてしまえば、メニューのボーナスチャレンジから何度でも挑戦できます。

「一騎当千」
1周で500体ちょっとなので、2周必要です。

「最優秀助演賞」
第1章1幕終盤でデクを1体だけ残してステージセレクトへ戻る→ステージの途中から、を繰り返して取得しました。

「助演ムンピーコレクター賞」
6章2幕で取得しました。以下の方法はコントローラーが2個ある人向けです。
6章2幕のボーナスステージでヘッドギミックを発動すれば、1Pが落下する心配はありません。
後は1Pのジャンプに合わせて、2Pでムンピーを回収しましょう。

「老舗逃がし屋」
落下してしまったデクは救出扱いにならないので注意してください。
フックで引き寄せてからカリバスで倒すと安全です。
また、正規ルートを進まないと出現しないデクもいます。
例えば、4章1幕で馬をタッチし蹴飛ばされて屋上へ行ってしまうとショートカット扱いになるらしくデクが1体出現しません。

「大脱獄」
キリトリ線をカットしながら進む場所が特に見逃しやいので、動画での確認は必須です。

「宇宙ゴールド免許取得」
ペンギンヘッドで出現する乗り物で□ボタンを連打していれば簡単です。
ただし、モンキー将軍が投げる爆弾は□ボタンで攻撃せずにジャンプで避けた方が安全です。

「千両役者」
クウタロウヘッドなら全てのギミックを発動できますが、違う章には引き継げないのであまり期待はできません。
たまにヘッドポッドから出現することがあります。
5章3幕はヘッドギミックが特に多いので、ヘッドポッドからクウタロウヘッドが出るまで粘った方が楽かもしれません。

プレイヤースキルは不要ですが、収集系トロフィーが少し面倒なので
難易度は★2とします。

レビュー

コンプ時間
25~30時間程度
「クータロウ!さっさと歩けや!」
横スクロールアクション。フリプでのプレイ。
舞台俳優という設定で冒険していくアクションゲー。トロフィーは60個越えと多めでかなりめんどくさい。
ヘッドをすべて集めるものや、むんぴー集め、背景にいるキャラのストーリー追いなど。
攻略みながら地道に獲得していこう。

ゲームとしては面白いが、トロフィーを集めるとなると一気にクソと化する。
もうやりたくない(特にピカリナとかいう関西弁ティンカーベルには始終イライラ)
新鮮!
まずゲーム内容ですが、なかなか新鮮なアクションゲームで楽しめました。ですが、トロフィーを集めるとなると作業が多く意識してプレイしないと1つのステージを何度もやる羽目になります。
基本ムンピーや子供たちの解放はやった瞬間ステージに戻るでもセーブされるので大丈夫です。ただし、一郎らのバットボーイエンドについて、最後のムーンベアキングの檻のところではトロフィーが少し進まないと解除されません。
最後にノーダメ系は面倒で少しばかり心が折れそうになりましたが頑張ってください。
PS・自分は4章の最後の一体のデクが見つからなかったのですが、下のディーチさんのおかげで見つかりました。盲点でした。。。
難易度は低いが手間がかかる
(Updated: 2019年 2月 04日)
コンプ難易度 
 
2.0
PS Plusで無料だったので(ry

プレイし始めた頃はなんだこのゲームは!と感動したものですが、慣れてくると作業的です
収集系は全部が全部集める必要があるので、気長にやりましょう
トロフィー関連でも細かい進行状況がわかりやすく親切な作りになっています。ヘッドに関してはヒントまで表示される良心に満ち満ちた仕様
適当に攻撃してると敵が穴に落ちてロストするので、フックで引っ張るなどして気絶させると一撃で倒せるので安全
ヘッドは未入手状態でもクウタロウヘッドの代用で発動フラグは埋まるので積極的に使いましょう

収集系以外では「リーディングジョッキー賞」が少しばかりネガティブになるトロフィーでしょうか
馬での障害物競争の他、徒歩で列車の上を歩いてる状態でもダメージ受けるとオジャンです
チェックポイントの問題上、変なところでミスるとレールカット無双からやり直すはめになるので心が削られた。あたしは負けない……

それと2P関連、特に「助演ムンピーコレクター賞」は意識してやらないと取れないトロフィーなのでソロぼっちならコントローラー2つ用意しましょう
ボーナスチャレンジでもカウントされるのでそっちをやったほうが確実に楽だと思われます
自分は4-2の脱獄チャレンジを連投 全部で試したわけではないのでもっと効率の良いステージがあるかもしれません

レビュー

コンプ時間
未測定 50時間位か?
おもしろい
2Pコン使用しましたが、いちいち持ち替えるのがめんどくさく一周目でやると楽しめなかったので2周目とかでやるといいです。
不可思議と幻想に充ち満ちた魔法劇場へようこそ!
(Updated: 2014年 9月 06日)
1周目は攻略を見ずにヘッドなどを集めつつのんびりとプレイ
2周目で一気に取得した口です
イベント等はキーアイテムのそろった2周目でないと起こらないイベントが多いので2周目から探索することをお勧めします

基本的にwikiみれば越せます
ゲームとしてはかなり良く出来ているのでお勧めです
頭なでたろかっ!
(Updated: 2015年 2月 14日)
2P系トロフィーについて勘違いしやすいので一応注意
コントローラー1つでも1Pと2Pを切り替えて遊ぶことができるので1コントローラーでもトロコン可能です
一々切り替えないといけないので面倒ではありますので2コンある人は使った方が楽ちんです

ゲーム自体の難易度は高く無くストーリーをクリアしたら基本的には作業になります
ストーリーを進めないと回収出来ない収集要素もあり、クリア後に手に入るクウタロウヘッドが非常に便利でもあるのでクリア後に収集要素は回収すると良いと思います

トロフィーについてはノーダメージを数回やり直したくらいで練習をしないと難しいほどの物はありませんでした
アクションが苦手な方でも気軽に楽しめると思います

パペッティア劇場の始まり、始まり〜
2Pが必要なトロフィーがいくつかあり、2コントローラー必須ですのでそこは注意。
メモ欄が優秀であまり記載することがないですが、「助演ムンピーコレクター賞」のためはやめに、2Pでムンピーを集めておかないとかなり時間がかかります。また、ボーナスステージは2Pで集めた方が楽なことが多いです。

「案内という名の逃亡」「リーディングジョッキ賞」
「絶叫ドラゴンジェットコースター」「宇宙ゴールド免許」
これらノーダメージトロフィーは、ダメージをうけたらコースの最初からやり直さないと駄目です。
コースの途中でチェックポイントに入った後に、ダメージを受けたらステージを最初からやり直さないといけなくなります。

劇場チックなゲームであり、台詞回しも現代社会を皮肉った内容や舞台裏の小話等、笑えることは多いですが、平凡なアクションゲームであり、QTEやムービーが多く嫌いな人には、合わないゲームです。
ゴールデンムンピー、ヘッド、3兄弟が面倒ですが、★3までには感じなかったので、★2です。
余裕のよっちゃん
欧州ぷらすでフリープレイだったからやったです
これ内容が小学生向けですぅですが一部のボスは時間かかるだけの苦痛ですぅ
まぁ翠星石からみればどうってことないです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。